脱プラ!開いて洗えて、また閉じられる「シリコンストロー」

日本初の技術(※1)で、脱プラスティックに向けたまったく新しいストローが開発された。

製品名は「SUTENAI(ステナイ)シリコンストロー」。これは、BPAフリー、ノンプラスティックのシリコーン製のストローで、開くことで中までキレイに洗えるから捨てずに何度でも利用できる。

従来のシリコンストローは、清潔に保つためには洗浄用の専用ブラシなどで内側を洗う必要があった。しかし、この「SUTENAIシリコンストロー」は、そういった煩わしさは一切ない。変型するから持ち運びも容易だ。

「環境問題に関心がないわけではない」「でも具体的にどうしたらいいかわからない」

「SUTENAI」は、そんな人たちが日常生活のなかでできることを創造するブランド。SDGsなどの持続可能な未来に向けた取り組みに、誰でも気軽に参加できるようになるという、いかにも現代らしいコンセプトといえるだろう。

3本セットで900円(税別)。2020年1月1日より全国小売店やECサイトで販売開始。

「SUTENAIシリコンストロー」は、開発元・実用新案権者であるLG CORPORATION Limitedから日本国内での販売許諾を得ている正規品です。

(※1)実用新案登録番号 3223809、防塵加工

© 株式会社アルデナイデ
© 株式会社アルデナイデ
Top image: © 株式会社アルデナイデ
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
環境への負担を減らし、衛生面を向上させた、リユーザブルな「ジッパーストロー」。
サンフランシスコ市は、市内にある全ての飲食店で「プラスチック製ストロー」の提供を禁じる。プラごみの海洋流出をはじめとした環境問題対策として、すでに7月1日...
プラスチックストローの代わりに注目するNEXTストローは「WARA STRAW」。東京都で本土唯一の村となる檜原村の畑で育てられた「麦わら」で、一本ずつ職...
ファーストリテイリングは、環境問題対策の一環として「脱プラ」を宣言。2020年内に店頭での使い捨てプラスチック包装を、グループ全体で85%削減する方針だ。
銀座のバーツール専門店「BAR TIMES STORE」から、ジンやウォッカ、ウイスキーなどのスピリッツを注ぐだけで手軽に「漬け込み酒」ができる専用キット...
日本トランスオーシャン航空は、10月1日から「那覇・福岡間」の一部便でプラスチック製ストローの代替品として「木のストロー」の提供を始めた。
カリフォルニア州で、9月20日にストローの提供を禁じる法案が可決されました。
カナダの「Rice Straw Technologies」という企業が製造するのは、米からできたストローだ。
7月9日にスターバックスが、プラスチック製ストローの使用を2020年までに全て廃止すると宣言しました。
紙やプラスチックの代替素材として注目の「ライメックス(LIMEX)」を軸材に使った世界初のボールペン「uni LIMEX」。
「Pocky」は、2019年の世界売上金額により「チョコレーティングされたビスケットブランド世界売上No.1」のギネス認定を受けた。
紙製のストローや容器を採用するなど、脱プラスチックに向けた動きを展開しているイギリスのマクドナルド。それに対して、「ハッピーセット」のおもちゃも廃止すべき...
マクドナルドは、イギリス国内にある全店舗で「廃プラスチック」に対する新しい取り組みを発表。9月から、マックフルーリーのふたの提供停止とサラダの容器を「紙製...
TABI LABO編集部が厳選した「洗えるマスク」を紹介。5月13日時点ではすべて在庫あり。洗えるマスクを探しているあなたは必見です。
飲み終わったら、カップはゴミ箱へ。でもストローは……食べる!
東南アジアを拠点に地元の村でとれた素材でストローを作る「EQUO」によるストローシリーズは、さまざまな方法で処分が可能な有機ストロー。4種類がラインナップ...
11月10日から山梨にある「星野リゾート リゾナーレ八ヶ岳」に、スキー場のゴンドラを再利用したプライベートオフィス「テレワークゴンドラ」が登場する。
10月5日、「マクドナルド」とシンガーソングライター、J Balvin(J.バルヴィン)」のコラボレーションで、目にもおいしいアパレルグッズが発売された。...
クリーニングやコインランドリーにいかずとも、おうちのシャワーだけで布団に蓄積する、汚れやダニや花粉をさっと洗い流せる「ふとん」が誕生。
「KEYUCA」の折畳傘シリーズに、新たなラインナップが追加。”開く時”も”閉じる”時も自動の「自動開閉式」でありながら、通常の折畳傘と変わらないほど軽量...
2019年1月1日より、アメリカ・ワシントンD.C.で使い捨てプラスチックストローの提供を禁止する条例が施行されました。
再生可能な自然素材を用いて作られた「機内食用トレイ」。サステイナブルの波が空の旅を変えようとしている。
以前にも「World Topics」の記事でご紹介したオレオのインスタアカウント。彼らがまた挑戦的な投稿をしました。
イギリスとアイルランドのマクドナルド全1361店で使用されている紙製ストロー、リサイクルされずに廃棄処理されていた。