砂糖でできた「食べられるストロー」はローカロリーで体にも優しい

ストローの常識を覆す次世代ストローブランド「DLINK STRAW」が誕生し、第一弾の商品「キャンディーストロー」がクラウドファンディングサイト「CAMPFIRE」で発売された。

この商品は、ストローを咥えて、吸い上げて、味を感じ、飲み込むまでを丁寧にデザインした新たなストロー。

「パラチニット」という砂糖を素材に使用しており、口当たりは滑らかで使いやすく、ドリンクを飲みながら少し溶け、ほのかな甘みをプラス。

そして、最後はカリカリとかじれてしまうという、かつてない新鮮さ。

DLINK STRAW 食べられるストロー パラチニット
©DLINK STRAW
DLINK STRAW 食べられるストロー パラチニット
©DLINK STRAW

ちなみに、パラチニットは“スローカロリーシュガー”としても注目されており、血糖値の上昇を抑えながらの摂取が可能。ストロー使用後に食べる1本分の摂取量は15〜20gと調整されており、カラダにも優しいので安心だ。

また、この素材でしか表現できない“ガラスを超えた透明度”による美しい仕上がりも魅力のひとつ。ドリンクが吸い上げられるのを目で鮮明に見て楽しむこともできるという。

ただの“飲み物を吸う”ものから“飲むことを楽しくする”ものへと価値を変えるストロー界の革命児。気になる方はプロジェクトページをチェック。

DLINK STRAW 食べられるストロー パラチニット
©DLINK STRAW
DLINK STRAW 食べられるストロー パラチニット
©DLINK STRA
Top image: © DLINK STRAW
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

プラスチックストローの代わりに注目するNEXTストローは「WARA STRAW」。東京都で本土唯一の村となる檜原村の畑で育てられた「麦わら」で、一本ずつ職...
飲み終わったら、カップはゴミ箱へ。でもストローは……食べる!
カリフォルニア州で、9月20日にストローの提供を禁じる法案が可決されました。
カナダの「Rice Straw Technologies」という企業が製造するのは、米からできたストローだ。
PBM(プラントベースドミート)の未来型レストラン「The Vegetarian Butcher」の、世界初コンセプトストアにおいて、都市型農園「アーバン...
東南アジアを拠点に地元の村でとれた素材でストローを作る「EQUO」によるストローシリーズは、さまざまな方法で処分が可能な有機ストロー。4種類がラインナップ...
7月9日にスターバックスが、プラスチック製ストローの使用を2020年までに全て廃止すると宣言しました。

人気の記事

「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
遺伝子検査によって肌傾向を分析できる次世代スキンケアサービスが登場。簡単な検査キットで肌タイプを知り、さまざまな種類の化粧水を試して、自分に合ったスキンケ...
映画のなかで猟奇殺人犯のバッファロー・ビルが拠点にしていた家が、現在、宿泊施設に改装されているらしい。4つのベッドルーム、1つのバスルームが備えられており...
「ピップエレキバン」でお馴染みの「ピップ株式会社」が手がけた、たった15分で肩こりを和らげてくれるという磁気治療器「ピップ ジースピナー」が「Makuak...
「Makuake」にて販売中のシリコーンほうき「Tyroler」は、掃き掃除から水掃除まで一本でこなしてくれるバツグンの掃除効率を実現。