広げて、洗える。シリコン製の「ジッパー式ストロー」

脱プラスチックストローには、紙、竹、麦、とうもろこしなどと生分解性の素材を用いたものか、そもそもリユースを前提としたステンレス製が主流。そこに新たな選択肢が加わった。

開閉して丸洗いできるシリコン製の「ジッパーストロー」だ。ベビー用品やキッチン用品を手がける国内メーカー「株式会社ケイジェイシー」が開発し、9月末に発売となったばかり。

じつのところ、シリコン製のリユーザブルストローは決して珍しいものではない。画期的なのはストロー自体をジッパー構造にした点にある。

©株式会社ケイジェイシー

“裂けるストロー”とはアイデアの妙。ジッパー付き袋と同じ要領でストローの切れ目に指を入れてすっと開けば、ストロー自体がくるんと一枚になる。これなら専用ブラシでなくてもスポンジで内部まで洗浄でき、繰り返し使えるというわけだ。

シリコンといえば、高い耐熱・耐冷の特性がある。温も冷も飲み物問わず使えるほか、ねじ曲げても問題なく、幼児が使うにも安心。

同じエコストローでも、ステンレス製のものは長さが決まっているため、グラスやマグによってはサイズに合わない場合もある。その点、こちらは好きな長さにカットして使えるというのも嬉しい。

マイ箸とともに持ち歩くストロー。清潔を保つならばコレだ!

©株式会社ケイジェイシー

ビタミンカラーの4色展開

Top image: © 株式会社ケイジェイシー
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
7月9日にスターバックスが、プラスチック製ストローの使用を2020年までに全て廃止すると宣言しました。
「SUTENAI(ステナイ)シリコンストロー」は、BPAフリー、ノンプラスティックのシリコーン製ストロー。
プラスチックストローの代わりに注目するNEXTストローは「WARA STRAW」。東京都で本土唯一の村となる檜原村の畑で育てられた「麦わら」で、一本ずつ職...
カリフォルニア州で、9月20日にストローの提供を禁じる法案が可決されました。
今年もこの日がやって来る。ニャンニャンニャンの語呂合わせから、日本では2月22日を「猫の日」と呼んでいる。いつ誰が制定した?世界猫の日との違いは?などの意...
カナダの「Rice Straw Technologies」という企業が製造するのは、米からできたストローだ。
サンフランシスコ市は、市内にある全ての飲食店で「プラスチック製ストロー」の提供を禁じる。プラごみの海洋流出をはじめとした環境問題対策として、すでに7月1日...
飲み終わったら、カップはゴミ箱へ。でもストローは……食べる!
イギリスとアイルランドのマクドナルド全1361店で使用されている紙製ストロー、リサイクルされずに廃棄処理されていた。
2018年7月1日を境に、シアトルのレストランでは、プラスチック製ストローなどの提供が禁じられるそう。これに先駆け、「Strawless in Seatt...
みにゃさまに愛されるような商品名を、などたくさんのこだわりを詰め込んだ「にゃりんとう カリカリ気分のかりんとう」は、「インコラーメン」でおなじみの愛知「小...
大統領選の選挙活動の一環として、リサイクル可能なプラスチック製ストローを販売開始したトランプ陣営。数日でなんと14万本以上も購入されたという。22日、キャ...
2019年1月1日より、アメリカ・ワシントンD.C.で使い捨てプラスチックストローの提供を禁止する条例が施行されました。
日本トランスオーシャン航空は、10月1日から「那覇・福岡間」の一部便でプラスチック製ストローの代替品として「木のストロー」の提供を始めた。
マクドナルドは、イギリス国内にある全店舗で「廃プラスチック」に対する新しい取り組みを発表。9月から、マックフルーリーのふたの提供停止とサラダの容器を「紙製...
この写真、点描画にも似ているんですが、なんかひと昔前のテレビを切り取ったような感じで、味わい深いんです。
「SAZABY」のユニセックスライン「PLUS LINE」。同ラインから2019年秋に発売され、入荷のたびに完売が続く「ROUND DAYPACK」にSm...
マインドフルネス支援アプリ「Relook(リルック)」が今月から、より手軽に継続してもらうことを目的に、1日10秒でできるマインドフルネスを紹介した7日間...
世界最大のラム酒ブランド「BACARDI」が、使い捨てプラスチックストローを回収して限定レコードにアップサイクル。
およそ7億5,000万人もの人は安全な水が手に入らず、さらに年間約50万人もの子どもが汚い水が原因で命を落としている、と日本ユニセフ協会は指摘します。そん...
「プラスチックが海の生物にとってどれだけ有害か。そして、ストローがプラスチックを使った製品の中でもどれだけ無駄なものか」テキサスA&M大学で海洋生物学を学...
紙製のストローや容器を採用するなど、脱プラスチックに向けた動きを展開しているイギリスのマクドナルド。それに対して、「ハッピーセット」のおもちゃも廃止すべき...
上の画像を見てほしい。クルマのカギと一緒に、キーホルダーにライターのようなものがついている。
カナダの「KFC」が竹繊維を利用した容器を導入。2025年までにプラスチック製の包装材を全店舗から撤廃するとのことだ。