広げて、洗える。シリコン製の「ジッパー式ストロー」

脱プラスチックストローには、紙、竹、麦、とうもろこしなどと生分解性の素材を用いたものか、そもそもリユースを前提としたステンレス製が主流。そこに新たな選択肢が加わった。

開閉して丸洗いできるシリコン製の「ジッパーストロー」だ。ベビー用品やキッチン用品を手がける国内メーカー「株式会社ケイジェイシー」が開発し、9月末に発売となったばかり。

じつのところ、シリコン製のリユーザブルストローは決して珍しいものではない。画期的なのはストロー自体をジッパー構造にした点にある。

広げて洗える シリコン製「ジッパー式ストロー」
©株式会社ケイジェイシー

“裂けるストロー”とはアイデアの妙。ジッパー付き袋と同じ要領でストローの切れ目に指を入れてすっと開けば、ストロー自体がくるんと一枚になる。これなら専用ブラシでなくてもスポンジで内部まで洗浄でき、繰り返し使えるというわけだ。

シリコンといえば、高い耐熱・耐冷の特性がある。温も冷も飲み物問わず使えるほか、ねじ曲げても問題なく、幼児が使うにも安心。

同じエコストローでも、ステンレス製のものは長さが決まっているため、グラスやマグによってはサイズに合わない場合もある。その点、こちらは好きな長さにカットして使えるというのも嬉しい。

マイ箸とともに持ち歩くストロー。清潔を保つならばコレだ!

シリコン製「ジッパー式ストロー」
©株式会社ケイジェイシー

ビタミンカラーの4色展開

Top image: © 株式会社ケイジェイシー
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

7月9日にスターバックスが、プラスチック製ストローの使用を2020年までに全て廃止すると宣言しました。
「SUTENAI(ステナイ)シリコンストロー」は、BPAフリー、ノンプラスティックのシリコーン製ストロー。
プラスチックストローの代わりに注目するNEXTストローは「WARA STRAW」。東京都で本土唯一の村となる檜原村の畑で育てられた「麦わら」で、一本ずつ職...
カリフォルニア州で、9月20日にストローの提供を禁じる法案が可決されました。
本格スパイスブランド「GABAN」とアウトドア料理のパイオニア・田中ケン氏の共同開発で生まれた、アウトドア特化型のミックススパイス。
ストローの常識を覆す「楽しいストロー」が誕生。「パラチニット」という砂糖を素材に使用し、飲み物を吸うと溶けて甘みをプラス。最後はカリカリとかじれる新たなス...
カナダの「Rice Straw Technologies」という企業が製造するのは、米からできたストローだ。

人気の記事

渋谷PARCOに先週7日(日)から「スウォッチ」の新作「ミッキーマウス x キース・へリング コレクション」をフィーチャーポップアップストアが登場。今月2...
1月20日まで、クラウドファンディングサイト「Kickstarter」にて資金調達をしている「Tatamu stool」は、東京をベースとする建築家たちが...
2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
3月16日、軽井沢にほど近い御代田町に新たなラグジュアリーホテル「THE HIRAMATSU 軽井沢 御代田」が開業。すでに予約を受付中。
“今がツラい”みなさまを自由にするための12星座占い。元銀座ホステス・開運アドバイザー 藤島佑雪先生が、今週のアナタが「ツラい」と感じること、悩むことにお...
「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...