究極のリサイクルは「ストローも食べる」にあった

飲食店での割り箸の使用率って、ここ数年でだいぶ減ってきたという印象。体感値レベルですけど。

ではストローは?
とは、いささか唐突ですけれど、それだってリサイクルできればその方が、まあ地球にはやさしいに越したことはないのでしょう。だけど、まさか「食べられるストロー」が登場するとは…。

しかも、6種のフレーバーで楽しめる!?

「食べれるストロー」「食べれるストロー」「食べれるストロー」

何も知らずにカップに刺さっていたら、間違いなく普通のプラスチック製ストローと見間違えてしまうでしょ。これが、原料に“海藻”を使った実際に食べられるストロー「LOLISTRAW」。

「食べれるストロー」

にしてもです。

水分で溶けてしまわないの?

こう思うわけですよ。開発メーカーによると、なんでも24時間は形状が変わらず、ストローとしての機能を果たしてくれるんだとか。賞味期限も2年間と、意外に長持ち。

ドリンクを飲み終えたあとは、ストローをむしゃむしゃ。最後はカップをゴミに捨てるだけ。うーん、想像できない。

「食べれるストロー」

ちなみに、フレーバーはこんな感じ。ローズ、マンゴー、ゆず、パロサント(香木)、バニラ、そして紫色のストローははミステリー(?)。そうそう、食物繊維もたっぷりだそうですよ。

アイスティーにはローズ、甘いココアにはバニラなど、飲み物との相性を考えてフレーバーを選べば、いつもとひと味違うドリンクが楽しめる…かもしれませんね。

「食べれるストロー」

は、「食べられるストローを導入することによって、環境問題の改善にも力を入れたい」とは、「LOLISTRAW」を開発したLOLIWARE社。アメリカで日々使用される約5億本と言われるプラスチックストローをLOLISTRAWと交換することを目標に掲げています。

長時間水につければ分解できるだけでなく、そもそも食用として人が食べることでもゴミを減らす一助になれる。地球温暖化を防ぐ、なんて大それたものではないけれど、こういったものからもアクションが起こせるのかも。

「食べれるストロー」

現在「Indiegogo」で10本セット10ドルにて資金調達中。特許も出願中だそうですよ。

関連する記事

カナダの「Rice Straw Technologies」という企業が製造するのは、米からできたストローだ。
ストローの常識を覆す「楽しいストロー」が誕生。「パラチニット」という砂糖を素材に使用し、飲み物を吸うと溶けて甘みをプラス。最後はカリカリとかじれる新たなス...
プラスチックストローの代わりに注目するNEXTストローは「WARA STRAW」。東京都で本土唯一の村となる檜原村の畑で育てられた「麦わら」で、一本ずつ職...
7月9日にスターバックスが、プラスチック製ストローの使用を2020年までに全て廃止すると宣言しました。
純米酒からピュアなアルコール分だけを抽出する、「低温浄留」という独自の特許製法によってつくられた「浄酎」に無農薬レモン「ミカドレモン」の皮で香り付けした新...
カリフォルニア州で、9月20日にストローの提供を禁じる法案が可決されました。
東南アジアを拠点に地元の村でとれた素材でストローを作る「EQUO」によるストローシリーズは、さまざまな方法で処分が可能な有機ストロー。4種類がラインナップ...

人気の記事

国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...
3月16日、軽井沢にほど近い御代田町に新たなラグジュアリーホテル「THE HIRAMATSU 軽井沢 御代田」が開業。すでに予約を受付中。
毎度、趣向を凝らしたオリジナルの機内安全ビデオで楽しませてくれるニュージーランド航空。さすがに今年、新作を望むのは厳しいか……と思いきや、しっかりリリース...
「三井不動産」が展開する全国12都道府県38施設のホテルサブスクリプションサービス「サブ住む(すむ)」の提供がスタートした。
2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
12月10日、アメリカのアイスクリームブランド「ベン&ジェリーズ」が、人種差別撲滅運動を牽引する人物のひとり、コリン・キャパニックとのコラボレーションを発...