究極のリサイクルは「ストローも食べる」にあった

飲食店での割り箸の使用率って、ここ数年でだいぶ減ってきたという印象。体感値レベルですけど。

ではストローは?
とは、いささか唐突ですけれど、それだってリサイクルできればその方が、まあ地球にはやさしいに越したことはないのでしょう。だけど、まさか「食べられるストロー」が登場するとは…。

しかも、6種のフレーバーで楽しめる!?

453241006666547256583099735080965170175934464000

何も知らずにカップに刺さっていたら、間違いなく普通のプラスチック製ストローと見間違えてしまうでしょ。これが、原料に“海藻”を使った実際に食べられるストロー「LOLISTRAW」。

6517285715968000

にしてもです。

水分で溶けてしまわないの?

こう思うわけですよ。開発メーカーによると、なんでも24時間は形状が変わらず、ストローとしての機能を果たしてくれるんだとか。賞味期限も2年間と、意外に長持ち。

ドリンクを飲み終えたあとは、ストローをむしゃむしゃ。最後はカップをゴミに捨てるだけ。うーん、想像できない。

5279431044104192

ちなみに、フレーバーはこんな感じ。ローズ、マンゴー、ゆず、パロサント(香木)、バニラ、そして紫色のストローははミステリー(?)。そうそう、食物繊維もたっぷりだそうですよ。

アイスティーにはローズ、甘いココアにはバニラなど、飲み物との相性を考えてフレーバーを選べば、いつもとひと味違うドリンクが楽しめる…かもしれませんね。

5290539440144384

は、「食べられるストローを導入することによって、環境問題の改善にも力を入れたい」とは、「LOLISTRAW」を開発したLOLIWARE社。アメリカで日々使用される約5億本と言われるプラスチックストローをLOLISTRAWと交換することを目標に掲げています。

長時間水につければ分解できるだけでなく、そもそも食用として人が食べることでもゴミを減らす一助になれる。地球温暖化を防ぐ、なんて大それたものではないけれど、こういったものからもアクションが起こせるのかも。

6416924409856000

現在「Indiegogo」で10本セット10ドルにて資金調達中。特許も出願中だそうですよ。

7月9日にスターバックスが、プラスチック製ストローの使用を2020年までに全て廃止すると宣言しました。
カリフォルニア州で、9月20日にストローの提供を禁じる法案が可決されました。
2018年7月1日を境に、シアトルのレストランでは、プラスチック製ストローなどの提供が禁じられるそう。これに先駆け、「Strawless in Seatt...
この写真、点描画にも似ているんですが、なんかひと昔前のテレビを切り取ったような感じで、味わい深いんです。
ロンドンのメーカー「FYB」のハンドバッグは、あちこちを忙しく飛び回る女性のセキュリティ問題を、しっかりとサポートするためにつくられた製品です。
ブラックやホワイト、ヘザーグレーなどカラバリ豊富で迷っちゃいそうだけど、ランジェリーという視点で選ぶならベビーピンク一択。
およそ7億5,000万人もの人は安全な水が手に入らず、さらに年間約50万人もの子どもが汚い水が原因で命を落としている、と日本ユニセフ協会は指摘します。そん...
2018年になってから、今まで以上に注目されるようになったゴミ問題。インドのスタートアップ「KARMA Tips」は、2016年からユニークな方法で環境改...
「プラスチックが海の生物にとってどれだけ有害か。そして、ストローがプラスチックを使った製品の中でもどれだけ無駄なものか」テキサスA&M大学で海洋生物学を学...
上の画像を見てほしい。クルマのカギと一緒に、キーホルダーにライターのようなものがついている。
少し前の話ですが、スイス西部のジュネーブの湖畔に舟を浮かべる少女のランドアートが出現しました。それは、難民に関するメッセージを伝えるためでした。
まるでカラフルな怪物のような、貝殻のような、臓器のような、じつに愉快なカタチ。食べ過ぎ防止には、こいつをお皿にポンと置くだけ?!
大量に廃棄されている衣料品をリサイクルする目的もあり、デニムでつくったサングラスが開発されました。環境問題に関心のあるデザイナー2名が、クラウドファンディ...
茨城県つくば市にある人気店、ベッカライブロートツァイトのパンは、食べるたびに首をかしげるほど美味しい。しかもそれは、サンドイッチ、クロワッサン、あんぱん、...
アメリカ人男性3人によるスタートアップ企業Bureo社が、ユニークな手法で環境問題にアプローチしています。もっとも、ここでいう環境問題とは「海洋汚染」。美...
世界中のビールファンを熱狂させるデンマークのクラフトビアバーが渋谷に復活Mikkeller Tokyo〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂2丁目19-1...
オランダのエネルギー企業ARNは、使用済みオムツをリサイクルできる工場の建設を始めました。
「最初に食べた人は勇気がある食材といえば、ナマコ、カキ、タコ。しかしフグは最初に食べた人よりも、2番目に食べた人のほうが勇気がある」とはよく言ったものです...
フィレンツェで、9月4日から新たな条例が施行されました。街中にある4つの通りで、食べながら車道や歩道、家や店の前で立ち止まることを禁止しているものです。一...
付け合わせのイメージがありますが、濃厚クリーミーなマッシュポテトはそれだけでずっと食べていたくなるほど美味しいです。「メインで食べたくなるマッシュポテト」...
現代社会が抱える深刻な環境問題を、あえてユーモラスに伝え、お祭り気分の参加型エコチャレンジとすることで、国境を越えて人々が自発的に取り組んでいる活動を紹介...
大量に消費され続けているプラスチック製のスプーンやフォーク。日本でもコンビニでお弁当買ったときなどに必ずと言っていいほどついてきますが、インドでは年間12...
ロサンゼルス・ドジャースの本拠地ドジャー・スタジアムで食べるべきグルメです。
特に何かめでたいことがあったわけじゃないんですが、この赤飯は食べたくなります。