コーヒーかす、米のもみ殻、海藻からできた「機内食トレイ」

空の上でもサステイナブルな社会実現に向けた動きが活発化している。

ここに紹介するのは機内食専用のトレイで、エアラインのキャビンインテリアを手がける、ロンドンのデザインスタジオ「Priestmangoode」によるもの。従来の機内食のイメージを覆すデザインもさることながら、プラスチック廃棄物削減のため、天然素材を原料とする生分解性の素材を用いたところに意味がある。

同社いわく、一度の長距離フライトで一人当たり平均して約500gのプラスチック廃棄物が出るという。そこに着目したのがこのトレイとコンポーネントだ。どれも堆肥化可能な天然素材。材質はコーヒーかす、米のもみ殻、海藻類。カトラリーはココナッツの実から削り出したもの。

企画段階のためコスト感は不明だが、プラスチック製の味気ない食器や乱雑に包まれたアルミホイルを目にするよりも、なんだかワクワクしてくるのは気のせいではないはずだ。

©2019 PriestmanGoode
Top image: © 2019 PriestmanGoode
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
機内食にエンタメ要素が増えること自体はうれしい。だけど、なんか前提がズレているようにも思うのです。
フィジー航空ではビジネスクラスの乗客向けに、機内食を地上で提供するサービスを始めた。このサービスの背景には意外な事実が......。時代と共に変化するニー...
ルフトハンザドイツ航空の特別機内食。たまにはこんなスペシャルなミールはいかがでしょう?
ANAの特別機内食。たまにはこんなスペシャルなミールはいかがでしょう?
ベルリン発、都市型農場野菜のプラットフォーム「Infarm(インファーム)」が、今月から東京都内の3店舗でアジアで初となる「インファーム」の店舗展開をスタート。
エミレーツ航空の特別機内食。たまにはこんなスペシャルなミールはいかがでしょう?
マレーシアに本部を置くLCC「エアアジア」は、人気の機内食を誰でも手頃な価格で食べられるレストラン「Santan Restaurant and T&CO ...
ニュージーランド航空の特別機内食。たまにはこんなスペシャルなミールはいかがでしょう?
サステイナブルな生活様式を提案するプロジェクトチーム「sunaho」が、台湾のホームウェアブランド「TZULAï」と共同開発した、コーヒーかすと竹粉が主原...
1食3ドルほどとお財布にも優しく、シンプルだけどバランスのいい食事は、思うように外出できないお年寄りから人気が高いとか。
デンマークのテレビプロバイダー「Waoo」がYouTubeで放映した"長編映画"がある。といっても、海や湖の美しい景色と子犬たちの動画がひたすら10時間2...
4月28日、エティハド航空が機内のモニターの設置を廃止すると発表しました。
ユナイテッド航空が、ビジネスクラスで提供する機内食を作り続けたシェフによる、40種類の料理のレシピ本を販売開始。
スイスエアの特別機内食。たまにはこんなスペシャルなミールはいかがでしょう?
キャビンアテンダントが機内食や飲み物を運んでくる際に使用する、あの「機内用トロリー」が、意外に使い勝手がいいらしい。タフな外見をオシャレにカスタマイズでき...
食べるだけで一日必要な栄養素をバランスよく摂取できる、と話題の完全食(完全栄養食)。そんな完全食のなかでも日本で誕生した5ブランドを徹底比較。ライフスタイ...
日本最大級の品揃えを誇る昆虫食専門店「バグズファーム」から、蚕の幼虫のアレを活用したお茶が登場。蚕が食べた桑の葉が香るというのだから、原料は……。
「パスポートランキング2021」最新版発表。アジア太平洋地域の強さと英米のランキング低迷が如実に。気になる日本の順位は?
未来のタンパク源「昆虫食」を、アフリカ伝統食をヒントに再構築した「いもむしゴロゴロカレー」の紹介です。
朝の忙しい人たちに向けて開発された、完全食カップケーキ「朝ドルチェ」
日本語の「もったいない」の精神は、今や世界中で意識されるものになりつつあります。農林水産相によれば、世界で毎年13億トンもの食料が廃棄され、これは生産量の...
毎度、趣向を凝らしたオリジナルの機内安全ビデオで楽しませてくれるニュージーランド航空。さすがに今年、新作を望むのは厳しいか……と思いきや、しっかりリリース...
ヨーロッパ発のサステイナブルブランド「ECOALF(エコアルフ)」より、コーヒーかすを使用したマルチジャケットが登場。廃棄予定のものを再利用し、天然資源の...
世界中の航空会社が趣向を凝らした機内安全ビデオを製作しているが、なかでも「大韓航空」が11月3日にYouTubeで公開したビデオは、早くも450万回再生を...