高級化する機内食にモノ申す「サンドイッチじゃダメですか?」

ここ数年、空の旅での食事が変わりつつある。人気料理店のシェフが監修したり、事前予約で機内食のアップグレードが受けられるサービスが登場したり。従来にくらべ旅客者たちの趣向やニーズを反映してのものなんだろうけれど……。

そもそも、もっと簡単なものでよくないですか?

機内食に特別なエクスペリエンスは必要?

© iStock.com/Aureliy

たしかに、こうして機内食にエンタメ要素が増えること自体はうれしい。だけど、なんか前提がズレているようにも思うのは、僕だけだろうか。決して、機内食不要論を唱えたいわけではない。むしろその逆で、好きゆえにの意見だと思ってほしい。

例えば日本からハワイまでの移動は、おおよそ7〜8時間。東南アジアのリゾート地ならば、もっと短い。

フライト時間にもよるけれど、仮に夜出発、あるいは深夜便だった場合、搭乗前にもうゴハンを済ませているんじゃないだろうか。僕はそう。空港施設のレストランは充実してるし、なんなら空弁だってあるわけで。

「Beef or Fish?」の二択はさすがに古いけれど、そもそもあれだって何ゆえメイン料理だけ二択だったのか。お肉なのか魚なのか、いやいやもうちょい選択肢があってもよくない?とも思ったり。

決してマズイわけじゃない。たんに機内食に特別なエクスペリエンスを期待していないっていうほうが正しいのかもしれない。

こちらは有料だけど、エアアジアの「Santanミール」みたいに、開いただけでエスニックフレーバーが機内に充満するくらいの個性があれば、それはそれでエンタメしてるんだけどね。

僕が機内食に求めるもの

© iStock.com/4kodiak

温かい料理は温かく、冷たい料理は冷たく。サービスだって悪くない。けど、どうしたって調理してから時間の経った食事が提供されるわけだし、気圧の影響で味覚が鈍るなんて話も聞いたことがある。実際、周りを見渡しても、ちょっと口をつけた程度で返してしまう人たちの多いこと。

だったら、もうフツーにサンドイッチくらいでいいんじゃないか。それ以外は必要ならば自分で持ち込む、で。

いつだったかEU内での移動にスイス インターナショナル エアーを使った。フライトは3時間くらい。提供されたのが、ハムとチーズがはさまったクロワッサンにフルーツ、それとチョコレート。近距離路線だったし、スナックミールよろしくなんでもないメニューなんだけど、満足度は高く、シンプルにおいしくいただけた。横に座ってた人は、ラップされたサンドイッチをお持ち帰り。そんな選択肢もある。

もちろん、旅のスタイルもその目的も人それぞれ。機内食は豪華なほうがいいって人もいるでしょうが、僕はダンゼン軽食派だな。ペアリングのワインは……なんて中途半端にグルメするより、ちゃっちゃと済ませて映画鑑賞、もしくは目的地でのおいしい出会いを求めて睡眠へ。

とりとめのない話だけど、みなさんはどう思います?

Top photo: © iStock.com/Diy13

関連する記事

ルフトハンザドイツ航空の特別機内食。たまにはこんなスペシャルなミールはいかがでしょう?
フィジー航空ではビジネスクラスの乗客向けに、機内食を地上で提供するサービスを始めた。このサービスの背景には意外な事実が......。時代と共に変化するニー...
ANAの特別機内食。たまにはこんなスペシャルなミールはいかがでしょう?
マレーシアに本部を置くLCC「エアアジア」は、人気の機内食を誰でも手頃な価格で食べられるレストラン「Santan Restaurant and T&CO ...
アメリカからはじまり、世界各地で流行の兆しがあるHard Seltzer(ハードセルツァー)。今回はハードセルツァーとは何か、日本上陸しているハードセルツ...
エミレーツ航空の特別機内食。たまにはこんなスペシャルなミールはいかがでしょう?
1食3ドルほどとお財布にも優しく、シンプルだけどバランスのいい食事は、思うように外出できないお年寄りから人気が高いとか。
朝の忙しい人たちに向けて開発された、完全食カップケーキ「朝ドルチェ」
ニューノーマルな空の旅に向けて、「カタール航空」が所有するエアバスA350の機内エンターテインメントシステムのタッチレス化を進めている
ユナイテッド航空が、ビジネスクラスで提供する機内食を作り続けたシェフによる、40種類の料理のレシピ本を販売開始。
ドクターブロナー(DR.BRONNER)の定番商品「マジックソープ」。そのラベルに込められた「想い」とは?
こんなときだからこそ、いえ、こんなときだって、日々の活力を生むのはおいしいごはんです。レストランシェフ、料理家、日頃から「食」に携わるみなさまから、“レシ...
再生可能な自然素材を用いて作られた「機内食用トレイ」。サステイナブルの波が空の旅を変えようとしている。
2018年、LAでブレイクした「ジャパニーズ・エッグサラダ・サンドイッチ」がニューヨークへと飛び火。全米中でタマゴサンドがブームに。
日本語の「もったいない」の精神は、今や世界中で意識されるものになりつつあります。農林水産相によれば、世界で毎年13億トンもの食料が廃棄され、これは生産量の...
スイスエアの特別機内食。たまにはこんなスペシャルなミールはいかがでしょう?
4月28日、エティハド航空が機内のモニターの設置を廃止すると発表しました。
「JAL」は、3月1日〜5月31日の約3ヵ月間、ロサンゼルスおよびサンフランシスコ発東京行きのファーストクラスのアラカルトメニューに植物由来のパテを使った...
サンドイッチのバリエーションの広さ、同じように卵料理も奥が深い。
「airKitchen Plus」は、ヴィーガンやベジタリアンの外国人旅行者が、日本で登録されているホストのお家で日本食の作り方を学び食事ができるというも...
NY発祥のグリルドチーズサンドイッチブランド「Meltyman」が8月中の土、日、祝日の期間限定で「京橋エドグラン」の1F広場内にオープン!話題のポップア...
飛行機という限られた空間を快適にしてくれる便利グッズは旅のお供にいかがでしょう?ロールヘッドを手首や耳の裏などにひと塗りするだけでリラックスタイムになる「...
今冬限定で、チーズフォンデュを機内食のメニューに追加している「スイス インターナショナル エアラインズ」。オーダーできるのは、ジュネーヴからの限られた路線のみ。
毎度、趣向を凝らしたオリジナルの機内安全ビデオで楽しませてくれるニュージーランド航空。さすがに今年、新作を望むのは厳しいか……と思いきや、しっかりリリース...
「ビームス ジャパン」と「食玩ジャパン」が食玩の魅力をあらためて伝える異色のコラボ「食玩ジャパン」を今月からスタートしている。
世界中の航空会社が趣向を凝らした機内安全ビデオを製作しているが、なかでも「大韓航空」が11月3日にYouTubeで公開したビデオは、早くも450万回再生を...
未来のタンパク源「昆虫食」を、アフリカ伝統食をヒントに再構築した「いもむしゴロゴロカレー」の紹介です。
あなたのキッチンがムンバイの屋台に早変わり!パクチーが苦手な日本人はたくさんいると思うけれど、好きな人は大喜び間違いなしな「サンドイッチ」。
6月某日、ケベック・シティーからトロントへ向かう飛行機に乗ったTiffani Louise O’Brienさん。フライト中に眠りについた彼女。目覚めたとき...
見た目もかわいくて食べても美味しくて。野菜を使ったヘルシーサンドから毎日の主食になるグルメサンドまで。わくわくしながらおでかけしたい都内の絶品のサンドイッ...