銀のチカラで殺菌する「枕カバー」で、美顔を守ろう!

枕カバーって、どれくらいの頻度で交換していますか?

お風呂に入ってサッパリきれいになった顔が触れている枕には、死んだ皮膚や細菌、バクテリアが……、なんて考えるとゾッとしちゃいますよね。

ここで紹介する「Silvon」は、永久的に菌の増殖を防いでくれる、銀を織り込んだ抗菌枕カバーなのです。

「トイレと同じ」汚さ!?

D13d15b2101287bcd9bd9457c0515fd8cc283d9a

一般論で、枕カバーはバクテリアの温床らしいです。雑菌の数はなんとトイレとそう変わらない、という研究結果もあるほど。寝ている間に成長した細菌は、お肌だけでなく、健康にも害を与えることも。皮膚科医によれば、2日から3日に一度は洗濯し、きれいな枕カバーと交換することがオススメだそうですが、日々忙しい中でこまめな洗濯って、結構手間ですよね。

銀の殺菌効果を利用

6a93a4cf0a4ab79f01af656d198203975338d7dc

では、Silvonがなぜ菌の増殖を防いでくれるのか?その秘密が「銀」のパワーです。銀イオンの持つ、細菌を破壊する働きを利用しているから。

古代ギリシャでは飲み水を浄化するために銀硬貨を使用したり、ペストが広く流行した時も銀のナイフやフォークを使っていた貴族たちは感染を免れた、という言い伝えもあるほど。昔から生活の知恵として用いられてきた物質です。

ペンシルバニア州立大学、コーネル大学などの研究によると、銀を織り込んだ布は99%バクテリアを減少させることができたそう。さらに、200回洗ってもその効果は変わらなかったんですって。

E43f72b08034934748a6818750fb6afccae70225

Silvonは、コットンに天然の銀をコーティングした糸を布に織り込んでいます。こう聞くとごわごわしていそうですよね。けど、実際は人間の髪の毛と同じくらいの細さ。

8ce94513f55e5bf574708b62df706ca2397c40dc

布池にはスレッドカウント300のカリフォルニア産スーピマコットンを使用。これは、ホテルで採用されている高級シーツと同じなめらかさ。肌触りも良さそう。しかも布地に直接織り込まれているので、効果は永久的。

525a416415b741a2b4192648f2b21c082c39b2f2

サイズはスタンダードが50センチ×76センチ(約3,900円)、キングが50センチ×101センチ(約4,400円)。色はホワイトとグレーの2色展開。どちらもうっすら編み込まれた銀の糸が見えています。現在Kickstarterで資金調達中のこの商品、お肌を綺麗に保ちたい人、バクテリアと添い寝なんていや!という人はこちらからアクセスしてみて。

Licensed material used with permission by Silvon
なにが違うか、わかりますか?
持ち運びが簡単で、充電もほとんど減らない殺菌できるアイテムがある。出先やオフィス、気になる時に気になるところで使用できるというから便利だ。衛生面で心配な旅...
洋服に付着、繁殖したバクテリアを99.98%も殺菌してくれる洗濯ガジェット。必要になる時間は20分程度とのこと。
寝返りが多くて、朝起きたときにはいつも枕がどこかへ行っている。日によって寝る体勢が違うから、どの向き寝ても頭にフィットする枕がほしい。そんな人にオススメの...
編集部の女性にも人気が高かった「SKANDINAVISK(スカンジナビスク)」のハンドクリームの紹介です。
持ち運び専用の剃刀「Sphynx」は、手の平ほどのコンパクトサイズで、ショルダーバッグにも入ります。ムダ毛処理をしたはずなのに、デート前や旅行中に剃り残し...
午後からの仕事の効率を上げるために、昼の休憩で仮眠を取りたいという人も少なくないはず。とはいっても、職場でリラックスして寝るのってなかなか難しいですよね。...
マグボトル「QUARTZ Bottle」には、水を浄化してくれる機能と、自動的に殺菌をしてくれる特徴があります。これがあれば、バクテリアとウイルスの多い水...
オートバックスセブンが展開する〈JKM〉のシートカバーは店頭で見かけた瞬間、ソッコーでレジへ持っていきました。
銀が溶け出すようなアートは、イタリアを拠点とするAlessandro Pagliaさんによるもの。何本ものペンを使いこなして、現実とはかけ離れた作品を作り...
カナダのケベック・シティにある「Hotel de Glace」は、毎年テーマが変わるアイスホテル。前回の冬、2018年のテーマはサーカスでした。2019年...
ロシア人アーティストAlex Shtanukさんは、巨大な“銀の海”を出現させるためにIndiegogoでクラウドファンディング中です。
地中に埋め込まれた巨大な宝石!?と言われても信じちゃいそうなほど輝きが眩しいのがこの「銀水洞」。場所は沖縄本島と奄美大島の間、沖永良部島(おきのえらぶじま...
音楽史に燦然と輝くスタンダードナンバー、その知られざるカバーバージョンをディグりまくるこの連載。今回ピックアップしたのは、言わずと知れた“レゲエの神様”=...
クラウドファンディングサイトKickstarterで、現在、資金調達中のサングラス「Ochis」。これ、ちょっと変わっていて、コーヒーの香りがするそうです。
家族のいびきで眠れない!と発狂気味になっているあなたにとって、スマートデバイス「Nora」は救世主になるかも。もちろん何も装着しなくてOK。何か特別な操作...
「SleepBliss」は、ノンレム睡眠を深くしてくれるデルタ波を発するように加工した水晶。枕の下に置いておくだけで、効果を発揮してくれるそうです。
開発を手がけた「Organic Basics」は、数週間洗わなかったとしても臭わないと強気な主張もしている。
「Head Case」は、自分や仲間の顔面をドアップでプリントできるスーツケースカバー。絶対に荷物を取り違えないし、空港でも注目の的になること間違いなし。...
プロデュースしたのは、年間約4万人を心地よい眠りへと誘っているヘッドスパ専門店「悟空のきもち」。頭皮を刺激することで快楽ホルモンの分泌を促し、絶頂へ高まっ...
リーゼント、グラサン、ライダースジャケット、白いドカン(太いズボン)。横浜銀蝿の不良スタイルは、独特で新鮮だった。
本を読みながら寝落ちするという幸せな体験がコンセプトになったのは、ご存知「BOOK AND BED TOKYO」。で、その「読書」を「音楽鑑賞」に置き換え...
ちょっと小さめの抱き枕「Somnox」は、“呼吸をする”という機能を持っています。詳しく言うと、使う人の心拍数に合わせて、息をしている音を聞かせてくれると...