最後のチャンスか!?中銀カプセルタワービルに住む

故・黒川紀章によるモダニズム建築の傑作、中銀カプセルタワービル。1972年にカプセル型集合住宅としてデビューしたこのビルは、40年以上経った今も住まいとして機能しています。

2019年現在、マンスリーで借りることのできるカプセル(部屋)は3種類。老朽化などの理由により取り壊される可能性があり、これが最後のチャンスになるかもしれません。

1972年当時の面影を残した
「オリジナルカプセル」

©小川真吾
©小川真吾
©小川真吾

「オリジナルカプセル」の広さはおよそ10平米ほど。高度経済成長期、24時間働く東京のライフスタイルを想定して設計された住居です。

キッチンも洗濯機置場もなし。あるのは、ベッドと着替えができる程度の足場、そしてバスルームのみ。デスクが必要なら壁から机を引き出せばOK。ビジネスパーソンに向けて徹底的に合理性を追求した、ひとつの答えです。

ウォールに埋め込まれているオープンリールのテープデッキや、オーディオ、デジタル時計、照明などから歴史を感じられるのも魅力。

当時は各地に同じタワーをつくり、カプセルをクレーンで取り外して運ぶモバイルハウスとして使うことも視野に入れられていました。実現しなかったとはいえ、タイニーハウスをはじめとするファンクショナルな極小住宅が注目されている今の感覚には、とてもフィットしています。

ウィークデーにデスクワークと睡眠時間を確保するための空間と考えれば、立地も含めて食指が動く人は、70年代よりも今のほうが多いのではないでしょうか。

カスタマイズで広くなった
「丸窓ソファカプセル」

©小川真吾
©小川真吾

中銀カプセルタワービルでは、カプセルの持ち主がリノベーションを行うことも珍しくありません。「丸窓ソファカプセル」と名付けられたこのカプセルもそう。

デスクやエアコンが壁の内側に収納されており、ベッドを置かずに布団をしまえる収納スペースをレイアウト。ミニオフィス向きで、SOHO的な使いかたに合いそうです。

備え付けの照明やスピーカーは、Bluetooth®に対応していて、照明の色をスマホで変えることもできます。

そして、なによりこのカプセルのアイコンである丸窓ソファ。腰掛けて浜離宮を眺められるので、物理的なスペースが広くなったことに加えて、感覚的にも広々しています。

やわらかい雰囲気のコラボカプセル
「無印カプセル」

©小川真吾

中銀カプセルタワービルの住人の間で、無印良品のインテリアが「カプセルにマッチする」と人気が高かったことから実現したコラボレーションカプセル。無機質さが魅力とも言えるオリジナルカプセルとは対極的ですが、シンプルで機能的なブランドイメージは、両者に共通しています。

頑丈な収納用のボックスは、そのままチェアーとして使用可能。スツールもテーブル代わりにできるものが選ばれています。

とくに女性人気の高いカプセルだそうです。

余談ですが、かつては場所柄もあり、夕方になると日本髪を結った銀座のママさんたちがエントランスから出勤する姿も見られたとか。近未来的な建物と古風な和装の女性のコントラストは、思い浮かべるだけでも東京的ですよね。

キッチンや洗濯機を使わない
レトロフューチャーな銀座生活を

©小川真吾

1972年に考えられていたのは、会社からカプセルに戻って仕事をし、シャワーを浴びて睡眠を取ったらまた会社に移動、週末だけ郊外の自宅に帰る、そんなライフスタイルでした。

カプセルごとに、ブラウン管テレビや回転ダイヤル式の電話が埋め込まれていたほか、建物にはカプセルレディと呼ばれるコンシェルジュも常駐していました。タイプライターの打ち込み作業や、コピーを取ったり、翻訳をしたり、様々なビジネスサポートを依頼できたそうです。

元々あった設備のほとんどが使えないのは残念ですが、1Fにあるコンビニは大きな冷蔵庫代わりだし、洗濯は宅配の洗濯代行サービスを使うのも手。バスルームのシャワーさえ使えないけれど、共用部のシャワーブースも利用可能。

実生活に必要な機能や当時あったオプションは、他のサービスで代用できるところも多くあります。居心地もいいからか、見学ツアーで訪れた人もなかなか帰りたがらないのだとか。そのまま住人になっちゃうってパターンも、多いみたいです。

保存するか取り壊すか結論まで数ヵ月?
見学ツアーだけでも行く価値アリ

このマンスリーレンタルは「中銀カプセルタワービル保存・再生プロジェクト」が保存活動の一環としてスタートした経緯があります。

見学ツアーも、クラウドファンディングで本を出版する際に、リワードとして設定されていたもの。評判がよく継続することになり、今では土日の日本語ツアーのほか、平日の英語ツアーにも沢山の人が集まるようになりました。

参加者には高層ビルが立ち並んでいない時代から建物を知っていた人も多く、子どもと孫を連れて三世代で見学しにくる人もいます。カプセルを見学しながら、過去の未来像や、当時の雰囲気を見聞きするだけでも刺激的だからでしょう。

プロジェクトの代表である前田達之さんによると、じつはこの建物、11年前に取り壊しが決定していました。しかし、リーマン・ショックでゼネコンが倒産して計画は頓挫。不況や保存活動の影響もあり、なんとか生き延びている、運のいい建物なのだそうです。

民泊が可能だった3年前は、1泊1万5000円で1ヵ月を通してほぼ満室という盛況ぶり。毎日頻繁に人の出入りが発生したため禁止になりましたが、それだけ人を魅了する建物であることは事実でした。

保存プロジェクトについては、今も黒川紀章建築都市設計事務所や東京都中央区と話し合いをしている真っ最中ですが、建物を保存するか、取り壊すのか、あと数ヵ月で結論が出るとも。つまり、中銀カプセルタワーに住めるチャンスは、これが最後になるかもしれません。

もちろん、プロジェクトがうまく運べば、2022年の竣工50年にはカプセルを全交換する可能性もなきにしもあらず。本来、25年に一度カプセルを取り替えて半永久的に使用するというのが、黒川紀章氏が考えたメタボリズムの思想です。それが50年の節目に実現したらと考えるとワクワクする話。

そうなれば、新しいカプセルの姿だけでなく、交換する瞬間を見るために国内外から多くの見物客が訪れるはずです。が、取り壊しが決まれば時間はそうかからない、とも。

マンスリーカプセルの賃料は月12万円。管理人さんにちゃんと挨拶をしてマナーよく利用すれば、複数人で出入りすることも可能だそうです。多様な住人が集まっており、これをきっかけにご近所さんとお近づきになれば、和室に改装したカスタムカプセルなどを見る機会にも恵まれるかもしれません。

申込みの詳細は「中銀カプセルタワービル保存・再生プロジェクト」に問い合わせを!

Top image: © 小川真吾
他の記事を見る
ロシア人アーティストAlex Shtanukさんは、巨大な“銀の海”を出現させるためにIndiegogoでクラウドファンディング中です。
銀が溶け出すようなアートは、イタリアを拠点とするAlessandro Pagliaさんによるもの。何本ものペンを使いこなして、現実とはかけ離れた作品を作り...
地中に埋め込まれた巨大な宝石!?と言われても信じちゃいそうなほど輝きが眩しいのがこの「銀水洞」。場所は沖縄本島と奄美大島の間、沖永良部島(おきのえらぶじま...
枕カバーって、どれくらいの頻度で交換していますか?お風呂に入ってサッパリきれいになった顔が触れている枕には、死んだ皮膚や細菌、バクテリアが……、なんて考え...
ひとりで気ままに楽しむ「ソロキャン」をグレードアップしてくれるアウトドア用のコンパクトなテーブルをご紹介。「キャプテンスタッグ」「ペレグリン・ファニチャー...
「Wizarding World Holiday at Changi's」は、シンガポール・チャンギ国際空港のターミナル内で開催されています。
どんなに見慣れた風景も、見る人が変われば別世界にーーそんな"視点の違い"を如実に表しているのが、この11の動画ではないでしょうか。このGIFアニメをつくっ...
リーゼント、グラサン、ライダースジャケット、白いドカン(太いズボン)。横浜銀蝿の不良スタイルは、独特で新鮮だった。
東京都品川区には、企業が運営する希少な商品や、ちょっと変わったものが並ぶミュージアムがあります。「建築倉庫ミュージアム」「自転車文化センター」「ソニー歴史...
ミシュランガイドに載るほど外国人人気が高いという島根の世界遺産・石見銀山。今年で世界遺産登録10周年を迎え、日本の産業を支えた重要な世界遺産でありながら、...
アウトドアギアとしてはもちろん、高光度&長寿命という特徴から防災グッズとしても注目を浴びるLEDグッズ。「ベアボーン・リビング」「Mori Mori」「S...
信じられない事実が判明したようです・・・。なんと、人間のウンチには、金や銀がたくさん含まれているのだとか!含まれている金属の種類は、パラジウム、バナジウム...
餃子とクラフトビールを楽しめる中目黒からカルチャーを発信する餃子店Ohka the Bestdays〒1530043 東京都目黒区東山2-4-8http:...
日本全国のホステルで使える泊まり放題のパス「ホステルパス」の予約受付が10月からはじまりました。日曜日〜木曜日の間のみ使用できる年間パスは18万円(月15...
現時点ではあくまでも構想段階だが、将来的にはとんでもない「高層マンション」が登場する可能性がある。そう聞くと、多くの人は「高さ」にフォーカスしたものだと思...
「銭湯特区」と呼ばれる、東京都南部に位置する大田区。ここは、東京23区内で最も銭湯が多い街です。40を超える銭湯の中から選んだ、東京・大田区の「天然温泉」...
2019年は、伝説のロックフェス「ウッドストック」が1969年に開催されてから50周年。それを祝うフェス「Bethel Woods Music and C...
台湾での買い物や街歩きって楽しいけれど、ガイドブックでよく見る観光地にはもう飽きたな。お土産も似通うし。そんな人に行ってみてほしい、台中の「綠光計畫」。
使用後のバスタオルは雑菌だらけ。3日も放置すれば、便座よりも雑巾よりも汚くなる。なんて事実は周知のことだけど、そう毎日交換できるものでもない。それで、抗菌...
東京の下町風情が残る観光地として人気の「台東区・墨田区」。このエリアの「休憩スポット」としておすすめなのが、銭湯。台東区と墨田区を合わせると、50を超える...
原作・文 つちやみ イラスト マッチロ 毎週水曜日に更新中
Billionaire's Row(億万長者通り)に、2020年完成を見据えて建設中の「Central Park Tower」。10月中旬、不動産開発企業...
高架下で本場NYの肉料理が堪能できる中目黒のアメリカンバーベキュー専門店GOOD BARBEQUE〒153-0051 東京都目黒区上目黒1丁目22-12h...
次の台湾旅は、ちょっと南下して「台中市」に泊まってみては?バリ島よろしくリーズナブルでありながら、リゾート感満載の台湾のモーテルは、家族連れや友達同士でも...