別荘暮らしを「BESSのログハウス」で体験!

小高い山の上にログハウスを建てて、湖を見下ろしながらのんびり、そんな別荘暮らしに憧れているなら、フェザント山中湖に注目です。アウトドア好きにもファンが多いBESSの様々なログハウスが集まっており、タイムシェア別荘として利用できます。

それは、使いたい期間だけ1週間単位で別荘を購入し、ひとつの物件を複数のオーナーとシェアすることで、購入費用や管理の手間を減らせる仕組みです。所有している物件や期間の違うほかのオーナーと、別荘の利用権を交換することができるため、ほかの物件を利用することもできるようになります。

タイムシェア別荘に興味がある人に向けて、その楽しみ方を紹介するお試し宿泊プログラムもあるので、別荘暮らしを具体的に想像したい人は、検討してみる価値アリです。

丸太を使ったログハウスの王様
「ハンドヒューン」

© 2019 TABI LABO

 

太い丸太を使ったハンドヒューンは、ログハウスの王様と言われている温かみのある建物。テラスのテーブルからは、富士山だけでなく、その手前の山中湖までが見渡せます。フェザント山中湖にある別荘で最も多いのはこのハンドヒューンタイプですが、そのほかにも、様々なログハウスを利用できます。

 

柱のない球体型の空間
「ドームハウス」

© 2019 TABI LABO

 

じつは、一番人気がこのドームハウス。ドンッと螺旋階段のある、円形のメインルームはBESSの真骨頂。天窓から入る陽の光が全体に行き渡っていて、昼間はやわらかい空間です。夜になれば冬薪ストーブで暖をとりながら、のんびりと……そんな光景が目に浮かぶようです。どの別荘にも富士山を望められる景観があり、敷地を出て坂を下れば山中湖の眼の前です。

ちょっとだけ暮らしてみる

 

フェザント山中湖は、オーナーが使用しない期間のみ、ビジターとしてレンタルすることができます。今週末すぐにお試し予約……というわけにはいかないかもしれませんが、タイムシェア別荘での暮らしに興味がある人には、単なる貸し別荘以上の価値があります。

レンタル料金は時期によって異なり、1泊1名、税込20,250〜24,300円。料金には含まれていませんが、自炊せず管理棟であるセンターハウスのレストランで食事をするのも人気。リピーターも多いそうですよ。

 

Top image: © 2019 TABI LABO
ホテルや旅館じゃない。民泊でもない。「泊まれる住居」を厳選!
Mt.Fuji photographerの成瀬亮さん。彼はどこにでもいる普通のサラリーマンだったが、4年前に山中湖で「富士山」を目の当たりにして人生が変わ...
山梨の河口湖にある「星のや富士」は、2015年に日本初のグランピングリゾートとしてオープンし、かなり話題になったのを覚えています。そこで今回は、気になって...
山梨の河口湖にある「星のや富士」は、2015年に日本初のグランピングリゾートとしてオープンし、かなり話題になったのを覚えています。そこで今回は、気になって...
山梨県のお蕎麦屋さんで食べるべき一品、それが「鳥もつ煮」。砂肝やハツ、レバーにキンカンと、鳥肉の様々な部位を甘辛く照り煮にしていて、お酒との相性も◎。もと...
沖縄とかハワイでやるものだとばかり思っていた「パラセーリング」が、静岡県浜松市の浜名湖でも体験できるらしいんです。パラシュートに体を固定してボートで引っ張...
ここは、アリゾナ州フローレンス。もともと別荘なんてありませんでしたが、休日に寄れる場所が欲しいと思っていたブラッドさんとジェイミーさん夫妻は、ないならつく...
今回訪ねたのは、山梨県笛吹市芦川町にある1日1組限定の貸し切り古民家宿「LOOF」。兜作りの屋根が特徴の「澤之家」と、瓦屋根の昭和建築「坂之家」の2棟から...
白州町のミネラルウォーターを寒天で固めた水菓子が「水信玄餅」。製造元は、山梨県北杜市白州町に本店を構える金精軒。限界を遥かに超えた水分を含ませており、常温...
葉山御用邸に近い高級別荘地。三ヶ下海岸という名の小さな海岸沿いに誕生したのが、今回紹介する「THE HOUSE」です。一歩足を踏み入れると、そこはまるで海...
「Nowhere resort」は、Nowhere(世界中のどこにもないけれど)、Now-here(今、ここにある)をコンセプトにした、日常から一番近いリ...
静岡県にある、知る人ぞ知る“秘境駅”が大きな話題になっています。なるほど、確かに写真を見ればそれも納得。この幻想的な光景、なんだか『世界の車窓から』に出て...
湖北五山(こほくござん)。これは、静岡県浜松市の浜名湖から少し山側に入った「奥浜名湖エリア」にある5つの寺院の総称のことで、それぞれが国指定重要文化財を有...
アメリカ五大湖のうちのひとつであるエリー湖に、人間と同じような権利が与えられることになりました。
「死ぬまでに行きたい絶景」として名をはせている、ボリビアのウユニ塩湖。実際に行くのはなかなかに難易度が高いので、今週末は、日本のウユニ塩湖に行ってみません...
3つの「絶景」スポットが、香川県西部に集まっています。香川には直島や小豆島をはじめとする瀬戸内の島々もあるし、高松、丸亀、琴平なども当然有名です。本当に観...
都心部から1時間半ほど車を走らせたところにある山梨県笛吹市芦川町。ここは、人口400人のうち50%以上が65歳以上という「限界集落」です。遊ぶ場所がない。...
写真を見ると、ブルーやピンク、オレンジの色が幻想的です。
南アルプスのふもとにある、大間ダムによってせき止められてできた人工の湖。ここでは、自然の景色とはひと味ちがった絶景が「夢の吊り橋」から楽しめます。
小さな空間を贅沢な別荘にするために、オーナーである建築家が考えた工夫とは?今回は、巻き上げ式ベッドや折りたためるテーブルなどの巧みなアイデアで、スペースを...
静岡の浜松市が「マリンスポーツの聖地」と言われるのは、海、湖、川の3つがひとつの街に揃っている、日本でも(世界でも?)有数の恵まれた場所だから。そんな浜松...