マンホールの下に広がる絶景。「銀水洞」の洞窟ツアーが想像を越えてた・・・

地中に埋め込まれた巨大な宝石!?と言われても信じちゃいそうなほど輝きが眩しいのがこの「銀水洞」。場所は沖縄本島と奄美大島の間、沖永良部島(おきのえらぶじま)にあります。さっそく写真を見てみましょう。

Ac04e3323fc0a9ba79039b4126f741f50d46e64e

洞窟探検をするアクティビティ「ケイビング」をする人々にとってこの場所は聖地。そのなかでも最高峰に位置づけられているこの洞窟には、国内外問わず多くの人が訪れます。

上級者コースのため観光には覚悟が必要です。「沖永良部島ケイビング協会」では2名のガイドが付き添って案内をしてくれますが、探検には装備が必要だとか。

全長3kmもの深い洞窟を探検するため、銀水洞へのケイビングには5~6時間を要します。ヘルメット・ヘッドランプ・つなぎ・グローブは料金とセットでレンタルできますが、それ以外にもウエットスーツなどが必要です。「水くぐり」などをしながら進むため、体はびしょぬれに。

しかし、そんな過酷な道を進んででも見る白い鍾乳洞や透明でキレイな水のコントラストはまさにため息ものなのだとか。

その他の洞窟も魅力的!

3df8082be9816563c8391267d5d6a2ca94d8a842

沖永良部島にはその他にも大小含め200~300もの洞窟があります。ただし、鍾乳石は数センチのびるにも何十年という月日がかかる反面、とても脆くもあるもの。そのため、細心の注意を払って先に進む必要があり、銀水洞の探検は10歳以上の健康な人で島のケイビングツアーに行ったことがある人に限定されています。

初心者でも楽しめる場所については、沖永良部島ケイビング協会のホームページでチェック。電話(0997-93-1700)でその詳細を確認してみましょう♪

Licensed material used with permission by 沖永良部島ケイビング協会, dresscode1226
鹿児島県の離島が美しい4K動画。「超絶景動画」と評判を呼んだ作品。リズミカルな音楽とともに、コバルトブルーの海や、原生林が広がる山など、離島ならではの風景...
ニュージーランド北島にあるワイトモ洞窟(石灰岩の鍾乳洞)。地下250メートルの新世界に広がるのは、青くきらめくミルキーウェイ。地下洞窟に幻想的な星空が広が...
サントリーニ島といえば、白と青のコントラストであまりにも有名なギリシャの人気観光地。エーゲ海に囲まれた美しい島を「一度は訪れてみたい!」と思っている人も、...
銀が溶け出すようなアートは、イタリアを拠点とするAlessandro Pagliaさんによるもの。何本ものペンを使いこなして、現実とはかけ離れた作品を作り...
8月下旬にコロナビール主催のスペシャルイベントにご招待いただきました。
去年ローンチされた「Keebo」は中国の幼稚園で先生のアシスタントとして活躍中!歌ったり、踊ったり、計算したりいろいろとマルチタレントで、子どもたちの人気...
「何にもない」。地方出身者なら、地元のことを一度はこんな風に思ったことがあるんじゃないでしょうか。かくいう私もその一人。だから、福岡県宗像市の大島にある「...
枕カバーって、どれくらいの頻度で交換していますか?お風呂に入ってサッパリきれいになった顔が触れている枕には、死んだ皮膚や細菌、バクテリアが……、なんて考え...
温泉を紹介する動画と言えば、ちょうどいい感じの美人が、ちょうどいい感じの色気で、ちょうどいい感じに腕とかにお湯をかけておけばいいと思っていたけど、そうでも...
果報バンタ、フクギ並木、古宇利大橋、大石林山、あがいてぃだばし、ター滝、ワルミ大橋など、沖縄本島の車で行ける絶景スポットを集めました。ゴールデンウィークや...
冷や汁は地域によって読み方も様々で、宮崎のものは主に「ひやしる」と発音するそうです。宮崎の山師の間では「汁かけめしゃ食うとけがするげなど(ご飯に汁をかけて...
Googleマップで検索すると、ハートの形をしている沖縄県南城市。ここには、海や自然を満喫できるところだけでなく、沖縄の神話にまつわるスポットもたくさんあ...
地球が誕生し、多くの生命が産声をあげ進化する鍵となった「水」。そもそもが神秘性の塊であるけれど、そこに現代の最先端テクノロジーがかけ合わさることで、地球に...
ここに紹介するのは、観光地としての知名度はほどんどない鹿児島県トカラ列島のひとつ、「小宝島」。インスタで検索すると隣の宝島が9,000件以上なのに対して、...
ロシア人アーティストAlex Shtanukさんは、巨大な“銀の海”を出現させるためにIndiegogoでクラウドファンディング中です。
違法でフランスに滞在していたMamadou Gassamaさん。非難されるべきだった存在の彼は今年、ある出来事がキッカケでなんと国籍を取得するに至りました。
見逃すことも多いけれど、マンホールはその土地の特徴がよく現れている場所。例えば沖縄ならエイサー、渋谷にはハチ公が描かれているように。それは海外も同様で、去...
壁一面、貝だらけ。イギリス南東部マーゲイトの静かな住宅街にあるこの洞窟は、シェル・グロット(貝のほら穴)と呼ばれています。公式ホームページによると洞窟は1...
ここでは良質な畜産物、海産物、農産物が採れる鹿児島県の調味料をご紹介。鹿児島県の黒豚をはじめ、人気の食材が使われた逸品ばかりです。お気に入りのもの、ぜひ使...
鹿児島県のPR動画といえば、以前にTABI LABOでも取り上げたように、その圧倒的なクオリティの高さで有名だ。昨年公開された「KAGOSHIMA Ene...