マンホールを「着る」という楽しみ方。

見逃すことも多いけれど、マンホールはその土地の特徴がよく現れている場所。例えば沖縄ならエイサー、渋谷にはハチ公が描かれているように。それは海外も同様で、去年話題になった「raub druckerin」は、まさにこの土地柄のデザインで注目を浴びたプロジェクトです。

マンホールの柄を転写したTシャツやバックが想像以上にグラフィカルで、「自分の住んでる街はどうだったかな〜」なんて、気になってくるんです(笑)。

こんなに綺麗に転写できているものだから、何か仕掛けがあるのかと思ったら、ずいぶん単純な方法。本当に、インクを塗ったうえに転写させたいものを置いたら、さすってペリッとはがすだけです。

参加者のほとんどが
きっと下を向いている。

5月18日には、自分が気に入ったマンホールTシャツを作りながら、ベルリンからポルトガルまで目指すツアーイベントを開催するそう。結構距離があって10日がかりというから、よっぽどマンホールに惚れ込んだ人たちが集まるのでしょうか(笑)。参加するのは難しいと思うけれど、なかなか現地に行かないとわからない各国のセンスを、彼らのFacebookで見ることができそうです。

Licensed material used with permission by Raubdruckerin
他の記事を見る
何気ない街の風景を切り取ったデザインが、なんだか愛おしい。
ポルトガルのポルトにあるブティックホテル「Torel Avantgarde」。テーマは「芸術」。旅行業界のアカデミー賞とも称される「World Luxur...
ポルトガルのコワーキングスペース「Village Underground」は、クラブやスケートパーク、アートギャラリーに姿を変えます。
1989年に崩壊したベルリンの壁。あれから30年……。記念としてその一部が、3月にオークション出品されることとなりました。
ポルトガルでも、電動スクーターのシェアリングサービス「Lime」が人気を集めつつあります。彼らの発表によると、ダウンロード数も増えていて、トラベルカテゴリ...
美術館などのアート施設が近くにない人にも、アートを届ける素敵なプロジェクト。
「ベルリン・オリンピアシュタディオン」は、この街を本拠地とするサッカークラブ、ヘルタ・ベルリンのホームスタジアム。
デモも本気なら、もちろんパーティーも本気。音楽の街であるベルリンのメーデーが地味なはずがない。
ラッピングされた巨大なプレゼントが出現したのはドイツ・ベルリン。誰に向けはものかと思いきや、氷点下になるこの街の寒さに震えるホームレスのためのものでした。
STELLA LYDAKIはベルリンで撮影した写真を公開しています。中には、かの有名なブランデンブルク門もアレクサンダー広場も、ベルリン大聖堂も出てきませ...
面白いと話題になったベルリンのトイレ。多数のスクリーンが設置され、3D映像や音が流れたり。用を足しにきた人が落ち着ける空間を追求したとのこと。
ベルリンが、2017年、ナイトクラブの防音対策に約1億2000万円(100万ユーロ)の予算を割り当てることを発表。2018年11月30日より、ナイトクラブ...
アーティストLigia Fascioniさんは、ベルリンの壁が虐殺や差別、暴力などのネガティブな感情を思い起こさせるため「大嫌いだ」と言い切ります。だけど...
富裕層が地区に流れることによる地価の上昇を一般にジェントリフィケーションと呼びます。この現象にベルリンにあるクロイツベルク地区では反対運動が行われています...
ユニークで個性豊かな人を見ると、自分もあんなふうになってみたいなと思うことがあると思います。個性的な人といっても、いったいどんな特徴を持っている人が個性的...
ポルトガルの首都リスボンからバスで約1時間の港町セトゥーバルにある、世界1位のゲストハウス「RM Guest House - The Experience...
WEBサイトは存在しない、情報は不定期でポストされるFacebookページのみ、70年代の少しスモークがかった白いメルセデス・ベンツのバンは突如ベルリンの...
あえて、「虫食い穴」を楽しみたい。
プリメイラ・リーガ(ポルトガル1部リーグ)に属するスポルティング・ブラガのホームスタジアム「エスタディオ・アクサ」。
1日ではまわりきれないほど大規模な、街全体を活用した展示の概要が発表された。