戦後から続く個性豊かなアート密集地「日本橋・京橋」を楽しむイベントが開催

東京都中央区の日本橋・京橋エリアは、銀座と比べてアートの街として認知度が低いが、じつは戦後から古美術・工芸・日本画・近代絵画・彫刻・版画など約150の専門店が集積する、東京でも指折りの歴史あるアートカルチャーの密集地だ。

4月23日〜4月25日の3日間開催される「東京アートアンティーク2020〜日本橋・京橋美術まつり〜」は、その地域性を活かし、普段は訪れる機会の少ない老舗の古美術店や画廊にも足を運んでもらい、アートの魅力に触れてもらうことを目的として開かれ、およそ97軒の美術店・画廊が参加する。

年々増え続けている来場者に楽しんでもらうため、トークイベントや初心者でも気軽に入札体験ができる来場者参加型のイベント「チャリティ入札会」が実施されるほか、参加店のうち50軒余が企画展を開催。

美術館のようにガラス越しに鑑賞するのではなく、実際に手に取り、触れて、店主や作家と語り合い、アートと人の繋がりを感じることができる貴重な機会となる。

「東京アートアンティーク」は「日本橋・京橋美術骨董まつり」として1998年に始まり、2010年に名称を「東京アートアンティーク」と改めてから、今回で11年目。2020年も引き続き、美術の街として情報の発信と美術品の素晴らしさを伝える内容になるとのこと。この機会に古美術の世界をのぞいてみては?

©2020 東京アートアンティーク実行委員会
©2020 東京アートアンティーク実行委員会

東京アートアンティーク2020 ~日本橋・京橋美術まつり~

【公式サイト】http://www.tokyoartantiques.com/

Top image: © 2020 東京アートアンティーク実行委員会
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

アートを体感するオルタナティブホテル「BnA_WALL」が、再開発で賑わう日本橋エリアに先週12月4日(金)プレオープンした。
美術館などのアート施設が近くにない人にも、アートを届ける素敵なプロジェクト。
芸術作品に没入できる日本初のミュージアム「immersive Museum」が登場。映像と音響効果で空間全体を彩り、鑑賞者を作品世界に誘う、新体験のアート施設。
奈良県・東大和の広大な大自然を舞台に芸術祭「MIND TRAIL 南大和 心のなかの美術館」が開催。吉野町、天川村、曽爾村の3つの地域をそれぞれ3時間〜5...
沖縄「星のや竹富島」は2月13日より「海水淡水化熱源給湯ヒートポンプユニット」で汲み上げた海水の淡水化による飲料水の自給を開始。現在、竹富島で1日に使用で...
東京・渋谷のアートスペース「トーキョーワンダーサイト」が2年の時を経て復活。2月8日より「東京都渋谷公園通りギャラリー」としてリニューアルオープンする。
7月10日の深夜0:00から、東京・品川の「Sameギャラリー」で開催される「盗めるアート展」は、国内外アーティストの作品を“盗める”アート展。セキュリテ...

人気の記事

毎度、趣向を凝らしたオリジナルの機内安全ビデオで楽しませてくれるニュージーランド航空。さすがに今年、新作を望むのは厳しいか……と思いきや、しっかりリリース...
国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
ニューヨークの犬用洋服ブランド「between two naps(2回のお昼寝のあいだ)」の新作は「首元を保温してくれて、いつでもお昼寝できるように」との...
大分県の景勝地、耶馬渓に3日間限定でが「耶馬溪トンネルホテル」がオープン。客室となるのは道路に設置されたキャンピングカー。トンネル内には、建築家・佐野文彦...
「ジョニーウォーカー」の最高峰ブルーラベルから、200周年の数量限定ボトル「ジョニーウォーカー ブルーラベル レジェンダリー エイト」が発売された。
「ニューヨーク近代美術館(MoMA)」のミュージアムショップがセレクトしたスピーカー/ラジオ「OB‐4 マジックラジオ」が日本初上陸。DJコントローラーの...
遺伝子検査によって肌傾向を分析できる次世代スキンケアサービスが登場。簡単な検査キットで肌タイプを知り、さまざまな種類の化粧水を試して、自分に合ったスキンケ...