日本のファブリックブランドが作り上げた「アートスリッパ」の実力

「スリッパとラグをセットで楽しむ」

そんな新たな提案をしてくれるのが、「織り」に重きを置いたファブリックブランドloomerのアートスリッパだ。

歴史ある織機を活用し、こだわり抜かれた原料、糸作り、織りでテキスタイルを作り上げ、機屋ならではのデザインを追求する同ブランドのアートラグは、1stシーズンから展開している人気プロダクト。そのクオリティに魅了された多くのファンを抱えている。

今シーズン新たに登場したアートスリッパは、ラグと柄を共通させながらも、スリッパに向くしなやかな生地にするためにヨコ糸の太さを変更。裏面にはなんとビブラムソールを貼りつけ、程良いグリップ力と履き心地の良さを実現した。

高価なスニーカーでは定番のビブラムソールを、贅沢にもスリッパに……。正直、オーバースペックでは?という気もしなくはない。しかし、“本当にいいもの”を作りたいというブランドの本気度がひしひしと伝わってくる。

©2020 NEW STANDARD
©2020 NEW STANDARD
©2020 NEW STANDARD

アイボリー×イエローのモダンなデザインと配色は、ラグとセットで使用するとインテリアを一気にアップグレードしてくれるはず。リネン100%で軽く、これからの季節でも快適に過ごせるだろう。

現在、FreshServiceのオンラインストアにて、Stay homeをもっと楽しめるよう、loomerのオンラインポップアップストアが開催されている。スリッパは3色、2サイズ展開で7480円(税込)、ラグ(BIG)は2万5300円(税込)。

「上質」という言葉がぴったりのルームウェアやクッション、ブランケットなども販売されているので、ぜひともチェックを。

Top image: © 2020 NEW STANDARD

関連する記事

おうち時間の増加にあわせて、いま欲しいルームシューズ(スリッパ)を6種類選びました。
このこだわりをトラベルシーンに限定するなんてもったいなさすぎ!「コンサイスのトラベルスリッパ」の紹介です。
いま欲しいルームシューズ。第一回は「urself」です。
いま欲しいルームシューズ。第五回は「TO&FRO」です。
先月、ニューヨーク市の動物福祉局は、食肉の消費量削減目標を達成するため、肉の消費を控えるよう市民に訴えかける電子メールを送付した。
いま欲しいルームシューズ。第六回は「トートーニー」です。
このスリッパ、一見なんでもないように見えますが、かなりのスグレモノです。まず、履き口が広い。ぺったんこのスリッパで履く時にモタモタしたことが誰でもあると思...

人気の記事

「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
遺伝子検査によって肌傾向を分析できる次世代スキンケアサービスが登場。簡単な検査キットで肌タイプを知り、さまざまな種類の化粧水を試して、自分に合ったスキンケ...
「ほぼ日」から、気持ちを晴れやかにしてくれる“肌とメイクと道具”のビューティーブランド「Shin;Kuu(シンクー)」が登場。デビューコレクションの、...
「ピップエレキバン」でお馴染みの「ピップ株式会社」が手がけた、たった15分で肩こりを和らげてくれるという磁気治療器「ピップ ジースピナー」が「Makuak...
「Makuake」にて販売中のシリコーンほうき「Tyroler」は、掃き掃除から水掃除まで一本でこなしてくれるバツグンの掃除効率を実現。