感触にハマる「イタリアのルームシューズ」。

「Le dd dream(レディーディードリーム)」という変わった名前のスリッパです。

イタリアのスポーツメーカー〈lotto(ロット)〉がオリジナルで開発した、スポンジのようなやわらかいメッシュ状の素材が特徴。この素材がスグレモノなんです。

抗菌、防カビ加工がされている上に、洗濯機に入れて洗うこともできます。スリッパで丸洗い可能っていうのは貴重ですよね。

肝心の履き心地ですが、靴下の上からでも素足でもまず脱げたりすることはありません。SML展開なんですが、フィット感は抜群です。底と足裏がピタっとくっつく感じで、スリッパ特有の歩く時のパタパタという音もしません。見た目以上にフワフワしていて、クッション性もあります。

ちょっと癖になる履き心地。それでいて通気性もいいし、滑りません。

ルームシューズやベランダ用に使うのが一般的ですが、あまりに気持ちいいのでオフィスシューズとしても使っています。つまり、一日で一番長い時間履いていることになりますね。

価格は税込みで3,780円。耐久性もあるので、長く清潔に使えます。写真の私物はイエローですが、色も豊富に展開されています。

「Le dd」で検索すると、オンラインで販売しているショップがすぐに見つかります。

ビー編集部
自分たちが使っているモノを紹介していきます。

今、僕らがリアルに使っているもの、使えるもの。『ビー』の記事は、毎日1本公開中です。

おうち時間の増加にあわせて、いま欲しいルームシューズ(スリッパ)を6種類選びました。
いま欲しいルームシューズ。第二回は「loomer」です。
このこだわりをトラベルシーンに限定するなんてもったいなさすぎ!「コンサイスのトラベルスリッパ」の紹介です。
いま欲しいルームシューズ。第一回は「urself」です。
「Soup Stock Tokyo」とファミリーレストラン「100本のスプーン」が、レトルトの離乳食「あかちゃんがなんどもおかわりしたくなる離乳食」を共同開発。
いま欲しいルームシューズ。第五回は「TO&FRO」です。
イタリア本土と水の都ベネチアを結ぶ街メストレに、博物館「M9(Museo 900)」がオープン。展示内容は20世紀のイタリア。テクノロジーを駆使した館内の...
先日、イタリア北西部のチンクエ・テッレではサンダルを履いてハイキングをすることが禁止となりました。
イタリアのプレミアム・カジュアルブランド「Mr & Mrs Italy」が待望の日本上陸!9月14日、青山に日本初の直営店がオープンする予定だ。多くの海外...
JR埼京線・武蔵野線「武蔵浦和駅」から1分ほど歩くと「イタリア」が見えてきます。イタリア風の建物がある、といった子供だましではありません。ヨーロッパ野菜を...
総合刃物メーカー「貝印株式会社」から来春発売予定の「紙カミソリ」がお披露目された。
シカゴ発〈FITKICKS(フィットキックス)〉のシューズは、スリッパ型。手軽さと動きやすさを両立させているのが特徴で、ヨガやエクササイズシーンで愛用して...
このスリッパ、一見なんでもないように見えますが、かなりのスグレモノです。まず、履き口が広い。ぺったんこのスリッパで履く時にモタモタしたことが誰でもあると思...
2019年度グッドデザイン特別賞(グッドフォーカス賞「防災・復興デザイン」)を受賞した「+maffs」。従来の消火器の概念を打ち破る「暮らしに溶け込む」モ...
イタリア人の「おいしい」の表現方法は、じつに多様。さすがほめ上手な国民性ってところでしょうか。
イタリアにはたくさんのピザ専門店「ピッツェリア」があります。この記事で紹介する地図「Best Pizzas in Italy」には、イタリア版ミシュラン「...
「ヒュンダイ」が「ヒュンダイ45コンセプト」をベースにしたミニEVのティザー画像と動画を発表した。自動運転も可能な、木材でできたミニカーだ。
AAランクの高品質なアフリカ産フェアトレードコーヒーを、山形県の雪室で3ヶ月間熟成した「アフリカン・スノーコーヒー」が数量限定で発売に。
ワークデスク上や洗面所に置いてもいいし、旅行やアウトドアに持っていっても便利。折りたたみ式なのでかさばらず、ステンレス製なので割れる心配もないハンドミラーです。
いま、日本の「風呂敷」にインスピレーションを得たシューズが、国内外で密かなブームを呼んでいる。これは、イタリアのVibramから登場した、その名も『FUR...
イタリアに拠点を置くデザイン事務所「F. Taylor」が開発したカーペットは、掃除をするのが簡単なだけでなく、不要になったら自然に還るエコな製品。
1970年代、アメリカからイタリアに伝えられたチアリーディング。イタリアの伝統的なマーチングバンドと結びついて発展を遂げ、いつしかイタリア独自の文化へと姿...
いま欲しいルームシューズ。第三回は「TEMPUR」です。
イタリア関連のドキュメンタリーなんかを見ていると、未だあの国のイメージは「食べ物」や「歴史的な建築物」なのだろうと思う。が、壮大な自然も見逃せない。And...