感触にハマる「イタリアのルームシューズ」。

「Le dd dream(レディーディードリーム)」という変わった名前のスリッパです。

イタリアのスポーツメーカー〈lotto(ロット)〉がオリジナルで開発した、スポンジのようなやわらかいメッシュ状の素材が特徴。この素材がスグレモノなんです。

抗菌、防カビ加工がされている上に、洗濯機に入れて洗うこともできます。スリッパで丸洗い可能っていうのは貴重ですよね。

肝心の履き心地ですが、靴下の上からでも素足でもまず脱げたりすることはありません。SML展開なんですが、フィット感は抜群です。底と足裏がピタっとくっつく感じで、スリッパ特有の歩く時のパタパタという音もしません。見た目以上にフワフワしていて、クッション性もあります。

ちょっと癖になる履き心地。それでいて通気性もいいし、滑りません。

ルームシューズやベランダ用に使うのが一般的ですが、あまりに気持ちいいのでオフィスシューズとしても使っています。つまり、一日で一番長い時間履いていることになりますね。

価格は税込みで3,780円。耐久性もあるので、長く清潔に使えます。写真の私物はイエローですが、色も豊富に展開されています。

「Le dd」で検索すると、オンラインで販売しているショップがすぐに見つかります。

ビー編集部
自分たちが使っているモノを紹介していきます。

今、僕らがリアルに使っているもの、使えるもの。『ビー』の記事は、毎日1本公開中です。

関連する記事

おうち時間の増加にあわせて、いま欲しいルームシューズ(スリッパ)を6種類選びました。
いま欲しいルームシューズ。第二回は「loomer」です。
このこだわりをトラベルシーンに限定するなんてもったいなさすぎ!「コンサイスのトラベルスリッパ」の紹介です。
いま欲しいルームシューズ。第一回は「urself」です。
ドクターブロナー(DR.BRONNER)の定番商品「マジックソープ」。そのラベルに込められた「想い」とは?
いま欲しいルームシューズ。第五回は「TO&FRO」です。
イタリアのサッカー2部リーグ「セリエB」に所属する「ペスカーラ」が、チームのユニホームデザインを決めるコンペティションで、6歳の少年が描いた絵を採用するこ...
イタリア本土と水の都ベネチアを結ぶ街メストレに、博物館「M9(Museo 900)」がオープン。展示内容は20世紀のイタリア。テクノロジーを駆使した館内の...
先日、イタリア北西部のチンクエ・テッレではサンダルを履いてハイキングをすることが禁止となりました。
JR埼京線・武蔵野線「武蔵浦和駅」から1分ほど歩くと「イタリア」が見えてきます。イタリア風の建物がある、といった子供だましではありません。ヨーロッパ野菜を...
アメリカからはじまり、世界各地で流行の兆しがあるHard Seltzer(ハードセルツァー)。今回はハードセルツァーとは何か、日本上陸しているハードセルツ...
イタリアのプレミアム・カジュアルブランド「Mr & Mrs Italy」が待望の日本上陸!9月14日、青山に日本初の直営店がオープンする予定だ。多くの海外...
シカゴ発〈FITKICKS(フィットキックス)〉のシューズは、スリッパ型。手軽さと動きやすさを両立させているのが特徴で、ヨガやエクササイズシーンで愛用して...
このスリッパ、一見なんでもないように見えますが、かなりのスグレモノです。まず、履き口が広い。ぺったんこのスリッパで履く時にモタモタしたことが誰でもあると思...
イタリア人の「おいしい」の表現方法は、じつに多様。さすがほめ上手な国民性ってところでしょうか。
フィレンツェの伝統的な鞄づくりの技術を受け継ぐ職人たちによるハンドメイドレザーバッグブランド「DAVID SCAPARRA」より、剣道シリーズとして世界初...
2019年度グッドデザイン特別賞(グッドフォーカス賞「防災・復興デザイン」)を受賞した「+maffs」。従来の消火器の概念を打ち破る「暮らしに溶け込む」モ...
ワークデスク上や洗面所に置いてもいいし、旅行やアウトドアに持っていっても便利。折りたたみ式なのでかさばらず、ステンレス製なので割れる心配もないハンドミラーです。
イタリアにはたくさんのピザ専門店「ピッツェリア」があります。この記事で紹介する地図「Best Pizzas in Italy」には、イタリア版ミシュラン「...
イタリアの「Acquetico」という村には約120人が暮らしていて、その一部の人が車のスピードの出し過ぎに対して不満を打ち明けたそう。ということで、試験...
イタリアに拠点を置くデザイン事務所「F. Taylor」が開発したカーペットは、掃除をするのが簡単なだけでなく、不要になったら自然に還るエコな製品。
1970年代、アメリカからイタリアに伝えられたチアリーディング。イタリアの伝統的なマーチングバンドと結びついて発展を遂げ、いつしかイタリア独自の文化へと姿...
イタリアのデザインスタジオ「Formafantasma」のウェブサイトがリニューアル。古きインターネットを彷彿とさせる文字だけのデザインに称賛が集まってい...
いま欲しいルームシューズ。第三回は「TEMPUR」です。
イタリア関連のドキュメンタリーなんかを見ていると、未だあの国のイメージは「食べ物」や「歴史的な建築物」なのだろうと思う。が、壮大な自然も見逃せない。And...
カナダの〈PEOPLE Footwear(ピープルフットウェア)〉がレギュラーで展開している「AQUA LENNON」。いわゆるマリンシューズですが、PO...
カンボジア発のエシカルシューズブランド「KINGDOM OF WOW!」が日本上陸。第一弾として、欧米で話題のルームシューズを販売開始。
イタリア政府が、小学生から高校生を対象に、2020年9月から「気候変動」についての授業を必修科目とすることを発表した。
イタリア人デザイナーMario Trimarchiが手がけたバイク「Samotracis」。ポイントは、ボディを覆っている銅です。100年経ってもイケてる...
福岡県筑後地方に伝わる伝統の綿織物「久留米絣」を使って、マスクやネクタイ、チーフなど、イタリア人の文化・芸術的感性から現代の日常生活に合わせたアイテムを企...