「コンサイスのトラベルスリッパ」を、ルームシューズとして使わないなんて!

「他社がまねできない、工夫が光る製品」をテーマに、旅行用品や文具用品を世に送り出しているコンサイス。

ラインナップには趣向を凝らした商品が並びますが、とりわけ「トラベルスリッパ」は、彼らのアイデンティティが色濃く表れていると感じます。

一見すると、ただの薄いスリッパ。

ただし、土踏まず部分のクッションがとんでもないボリューム!ボディが薄いだけに、実際に見るとそのコントラストが強烈なんです。

肝心のクッション性ですが、これがまた病みつきに。足裏を心地よくサポートし、いかにも疲れを軽減してくれそうな予感。トラベルスリッパゆえの軽さもお墨付きです。

©TABI LABO 2019

底のドットプリントは、簡易的なすべり止めとしての機能も。ただ可愛いだけじゃない!

©TABI LABO 2019

このこだわりをトラベルシーンに限定するなんてもったいなさすぎませんか?暖かさが求められる冬は分が悪いですが、夏にはルームシューズとして使いたい。

Amazonや楽天市場で検索すれば、すぐにヒットします。税込2,052円。

Top image: © TABI LABO 2019
毎日使える「トラベルグッズ」がいっぱい!
シカゴ発〈FITKICKS(フィットキックス)〉のシューズは、スリッパ型。手軽さと動きやすさを両立させているのが特徴で、ヨガやエクササイズシーンで愛用して...
このスリッパ、一見なんでもないように見えますが、かなりのスグレモノです。まず、履き口が広い。ぺったんこのスリッパで履く時にモタモタしたことが誰でもあると思...
ロンドンのデザインスタジオで製作された、とってもオシャレなスリッパを見つけました。洗練されたデザインも然ることながら、本当に、このまま外履きとしてお出かけ...
開発を手がけたイタリア企業「Banale」の社員は、いま購入できるネックピローのほとんどに満足感を得られず、他のシーンでも使えるようにと、このトラベルグッ...
2月13日、「任天堂」がアメリカ・テキサス州のダラス・ラブフィールド空港にNintendo Switchで遊べるポップアップラウンジを開設した。