夏に「素足で履きたい」スリッパ!

トートーニー。

つい口にしたくなる優しい音の響きがするブランド名。

©2020 NEW STANDARD
©2020 NEW STANDARD

つま先から膝まで(toe to knee)がその名の由来。身体の一部のように感じる履きもの、日常生活に寄りそってくれる革ものを作っているブランドだ。

さて、このスリッパ。一枚の革を一ヶ所だけ縫製して仕上げている。

「これからの季節に革?」

違和感があるかもしれないが、この一足なら驚くほど快適だ。素足を入れると冷んやりとして気持ちがいい。特に風呂上がりとか最高。

なぜなら、内側に革の表面を使用しているから。反対に外側には滑りにくいよう革の裏面を使用している。甲まわりへ自然に添う、一枚革ならではの心地良さがある。

ソックスもいいけど、来たる夏は素足でこの感覚を味わうべき。

©2020 NEW STANDARD

使っていくうちに、つま先部分の革が“靴下のように”馴染んでいくという。これは間違いなく革ならではの良さだ。丸洗い可能で清潔に保てるところも見逃せないポイント。

価格は4950円(税込)。カラバリも豊富でこどもサイズ(税込4400円)もあるから、この感覚を家族みんなで楽しめる。

購入はオンラインストアから。もし希望のカラー、サイズが欠品中という人は「再入荷お知らせ」ボタンを押し、メールアドレスを登録しておくのがオススメ。次回入荷は、6月下旬から7月上旬を予定しているとのこと。

そうそう、通常は有料のギフトラッピングが今なら無料(近日終了予定)。どんよりと暗い社会状況のなかで、こうした心遣いがなんとも明るい気分にさせてくれた。

©2020 NEW STANDARD
Top image: © 2020 NEW STANDARD
おうち時間の増加にあわせて、いま欲しいルームシューズ(スリッパ)を6種類選びました。
このこだわりをトラベルシーンに限定するなんてもったいなさすぎ!「コンサイスのトラベルスリッパ」の紹介です。
いま欲しいルームシューズ。第二回は「loomer」です。
いま欲しいルームシューズ。第五回は「TO&FRO」です。
スウェーデンの広告会社「Le Bureau」が非常にユニークな体験型広告を製作した。雑誌に石鹸で作られたページを挟むことで、実際にそのページを使用して手を...
いま欲しいルームシューズ。第一回は「urself」です。
いま欲しいルームシューズ。第三回は「TEMPUR」です。
このスリッパ、一見なんでもないように見えますが、かなりのスグレモノです。まず、履き口が広い。ぺったんこのスリッパで履く時にモタモタしたことが誰でもあると思...
ロンドンのデザインスタジオで製作された、とってもオシャレなスリッパを見つけました。洗練されたデザインも然ることながら、本当に、このまま外履きとしてお出かけ...
「Le dd dream(レディーディードリーム)」という変わった名前のスリッパです。イタリアのスポーツメーカー〈lotto(ロット)〉がオリジナルで開発...
福岡県柳川市の蒲鉾店「関屋蒲鉾」が、10年後の食卓をイメージして新たに開発した、惣菜感覚の新ジャンルさつま揚げ「DELIさつま」の発売をスタート。
スペイン・バレンシア南部の街エルチェは、実に1,000以上の靴工場が軒を連ねる、履物産業がさかんな地域。この街で家族経営を営む「CP Slippers」は...
シカゴ発〈FITKICKS(フィットキックス)〉のシューズは、スリッパ型。手軽さと動きやすさを両立させているのが特徴で、ヨガやエクササイズシーンで愛用して...
〈ISLAND SLIPPER〉×〈BRIEFING(ブリーフィング)〉とのコラボモデルのスリッパは、履き心地抜群。機内で、リゾートで、リッチな気分を味わ...
いま欲しいルームシューズ。第四回は「egos」です。
「SEE SEE」のスリッパです。色で遊べ!#4
夏のイヤな風物詩、「蚊」に刺されないためのさまざまな対策記事を紹介。蚊によく刺される人の特徴を知るもの、自家製「蚊よけスプレー」や「蚊取り線香」の作り方、...
7月5日、ラッパーでありファッションデザイナーであるカニエ・ウエストは、11月の米大統領選への出馬を自身のTwitter上で表明。「これはおもしろくなりそ...
小学生の男の子が、弟のために新聞紙で作ったドラクエの装備品。これがキッカケとなり、研究に研究を重ねた彼は、災害時でも役立つこと間違いなしの「簡易スリッパ」...
モロッコの革製の履物「バブーシュ」について。さまざまな情報が断片的に載っているけれど、どこよりもまとまってる自信、アリマス!バブーシュとは、カカトが折れて...
スニーカーのアッパーを取っ払って、そのまんま履けるようにした、大胆なシューズがこの「Link」。
秋冬のシューズの新しい選択肢としてサンダルを提案をしているのが、〈SUBU〉です。昨冬に履いてみたところヤミツキになりました。ダウンみたいなアッパーで暖か...
登山靴でもなければクライミングシューズでもない、今話題の「アプローチシューズ」をご紹介。高い機能性とファッション性が、2018年、フェスや街、アウトドアで...
「職場ではビジネスシューズからリラックスシューズに履き替えて、足の疲れを癒しつつ、仕事のパフォーマンスをアップさせたい!」という方に、足元のリカバリー(回...