-40℃のモンゴルで生まれた「100%ウールのルームシューズ」

-40℃の極寒の地・モンゴルで生まれた、足元ぽっかぽかなルームシューズが、応援購入サービス「Makuake」にて販売中だ。

この商品は、100%ウールを使用したフェルト製。毛足が細く高級綿羊の代名詞ともいわれる「メリノ羊の羊毛」と、極寒の地で進化を遂げてきたモンゴル羊の「ケンプ毛」を50%ずつ使用。

高い断熱性保温効果をもち、通気性吸湿性にも優れ、圧倒的な暖かさと快適性を兼ね備えている。

靴底には牛革が使用されており、耐久性と耐摩耗性にもしっかり配慮。長く愛着を持って使い続けることもできそうだ。

また、体に害のある素材を一切使用せず、さらに現地・モンゴルの遊牧民の生活に支障を来さぬよう「国際フェアトレード連盟」の暫定メンバー企業が生産を手掛けるなど、健康や社会への配慮も忘れない。

レディース2タイプ、メンズ2タイプの計4型で、カラーラインナップも幅広く用意。

寒い季節はまだまだ続く。モンゴル生まれのルームシューズで、自宅やオフィスの寒さ対策を。

ぽかぽかルームシューズ エルサ
©Makuake
©Makuake
ぽかぽかルームシューズ 商品ラインナップ
©Makuake
Top image: © Makuake
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事