「廃タイヤ」を再利用した「ルームシューズ」が新発売

12月8日、廃タイヤを再利用したサステイナブルブランド「SEAL」から、老舗下駄メーカー「水鳥工業」のtwo pieceシリーズとのコラボレーションモデルが発売された。

SEAL ×two piece メンズミュール」は、国内職人の手で作られるルームシューズ。

木地に国産ヒノキを使用することで、吸湿性と保温性を兼備。2枚のヒノキを伸縮素材でつなぐことで足の動きに合わせて屈曲し、ヒノキ素材だけでは難しいしなやかな動きと履き心地を実現した。

アッパー部分には廃タイヤチューブを採用し、雨や汚れに強い、高い耐久性を担保。アウトソールがしっかりしているので、ちょっとしたお出かけにも使えそうだ。

M(25~25.9cm)、L(26~26.9cm)の2サイズ展開で、価格は1万1800円(税別)。購入は公式オンラインストアにて。

© 株式会社モンドデザイン
© 株式会社モンドデザイン
© 株式会社モンドデザイン
Top image: © 株式会社モンドデザイン
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事