あのテンピュール®に「スリッパ」があったなんて!

もはや、サイドのブランドタグで、履き心地の良さは保証されたようなもの。

最高の眠りへと誘ってくれるあのテンピュール®に、まさかスリッパがあったとは。自分と同じで「知らなかった!」って人、きっと多いのでは?

佇まいから高級感が違う。中敷にテンピュール®素材が使用されてる。

©2020 NEW STANDARD

う〜ん、やっぱり気持ちいい(笑)。

ゆっくりと足が沈んでいく独特の履き心地は、(決して多くのスリッパを試しているわけではないけれど)味わったことがない。歩くとソールがしっかりと体重を支えてくれる感覚がある。ふかふか感がちょうど良くって、これ以上やわらかいと歩きづらいと思う。

立ち仕事が多い人には、ぜひ試してもらいたいな〜。

©2020 NEW STANDARD
©2020 NEW STANDARD

甲表はポリエステル100%。来たる夏とのマッチングを考えると、リネンのものや前開きタイプに分があるかもしれない。

だけど、やっぱりこの履き心地は唯一無二。多くの人が冷房の効いた涼しい部屋で履くわけだし、まったく問題ないんじゃないかと。甲裏と中底に抗菌防臭加工が施されていて、一年中清潔に使えるみたい。

ネイビーとグレーのクラシックな2色(各3サイズ)展開。幅広、甲高の人はワンサイズ上がオススメだ。価格は5500円(税込)で、購入はオンラインストアから。

それにしても、う〜ん、やっぱり気持ちいい。この履き心地を知った立場からすると、決して高くはない買い物かと。

Top image: © 2020 NEW STANDARD
おうち時間の増加にあわせて、いま欲しいルームシューズ(スリッパ)を6種類選びました。
このこだわりをトラベルシーンに限定するなんてもったいなさすぎ!「コンサイスのトラベルスリッパ」の紹介です。
いま欲しいルームシューズ。第二回は「loomer」です。
いま欲しいルームシューズ。第一回は「urself」です。
インターネットの発展の裏側には、実は社会の格差が生まれていた。この記事では、デジタルディバイドの意味や種類について解説しながら、デジタルディバイドによって...
いま欲しいルームシューズ。第五回は「TO&FRO」です。
このスリッパ、一見なんでもないように見えますが、かなりのスグレモノです。まず、履き口が広い。ぺったんこのスリッパで履く時にモタモタしたことが誰でもあると思...
ロンドンのデザインスタジオで製作された、とってもオシャレなスリッパを見つけました。洗練されたデザインも然ることながら、本当に、このまま外履きとしてお出かけ...
いま欲しいルームシューズ。第六回は「トートーニー」です。
シカゴ発〈FITKICKS(フィットキックス)〉のシューズは、スリッパ型。手軽さと動きやすさを両立させているのが特徴で、ヨガやエクササイズシーンで愛用して...
フランス生まれのウルトラモバイル火おこしギア「SuncaseGear」。太陽光をエネルギーに素早く着火。ゴミを出さず、環境にも優しい。
「Le dd dream(レディーディードリーム)」という変わった名前のスリッパです。イタリアのスポーツメーカー〈lotto(ロット)〉がオリジナルで開発...
〈ISLAND SLIPPER〉×〈BRIEFING(ブリーフィング)〉とのコラボモデルのスリッパは、履き心地抜群。機内で、リゾートで、リッチな気分を味わ...
スペイン・バレンシア南部の街エルチェは、実に1,000以上の靴工場が軒を連ねる、履物産業がさかんな地域。この街で家族経営を営む「CP Slippers」は...
いま欲しいルームシューズ。第四回は「egos」です。
「SEE SEE」のスリッパです。色で遊べ!#4
ジョバンニ・ボッカチオの作品「デカメロン」をモチーフにした、BookCafe&Bar「デカメロン」がオープン。店内では、お酒を中心としたメニューの提供やア...
7月26日、「フォード」が「ボストン・ダイナミクス」の製造するロボット犬を2匹リースしたことを発表した。「Fluffy」と「Spot」と名づけられ、どちら...
小学生の男の子が、弟のために新聞紙で作ったドラクエの装備品。これがキッカケとなり、研究に研究を重ねた彼は、災害時でも役立つこと間違いなしの「簡易スリッパ」...
モロッコの革製の履物「バブーシュ」について。さまざまな情報が断片的に載っているけれど、どこよりもまとまってる自信、アリマス!バブーシュとは、カカトが折れて...
捨てられる牛乳を使ったアップサイクル繊維を採用したシューズ、「MILK LINE」。
ナイキの新作シューズ「Air Force 1」。紫外線にあたると色が変化するシューズです。
登山靴でもなければクライミングシューズでもない、今話題の「アプローチシューズ」をご紹介。高い機能性とファッション性が、2018年、フェスや街、アウトドアで...
世界的なファッションコンペでファイナリストに選ばれた女性デザイナー日原氏が考案する「重力を超えるシューズ」とは......?その才能と発想に世界が注目!