【イタリア発】「風呂敷シューズ」がオシャレで履きやすい!

いま、日本の「風呂敷」にインスピレーションを得たシューズが、国内外で密かなブームを呼んでいる。10547997_1549878235256505_7253065918926839488_o_Rこれは、イタリアのVibramから登場した、その名も『FUROSHIKI』。日本人デザイナー橋本昌也氏が、日本伝統の風呂敷の「包む」という文化と世界的ソールメーカーVibramとを融合させ、新しい靴の有り方を示したシューズだ。1800103_1538967236347605_3715786036784085184_o_R『FUROSHIKI』は、人間の体に沿ったソールデザインとアッパー部分の優れた伸縮性のおかげで、すべての足形にフィットするのが特徴。橋本氏は、商品開発に際してこのように述べている。

「日本古来より使い親しまれてる風呂敷をヒントに、どんな場所でも似合う、オシャレで履きやすい靴をデザインしました」furoshiki3_Rfuroshiki2_Rその用途はさまざまだ。街歩きはもちろん、飛行機内やビーチでも大活躍。ピラティスインストラクター堀恵子氏も、その使用感を絶賛している。

「しっかり包まれているのに開放的。足指がとてもありのままでいれることに感動しました。ピラティスの実践やランニング、普段の勤務でも履いています。足指が自由で、クッション性も少ないため、日々身体に気づきがあり、どんどん身体が変わっていくのが実感できます!」furoshiki(Black)_Rfuroshiki(Aqua)_Rfuroshiki(Violet)_Rfuroshiki(Pearls)_Rfuroshiki(Jeans)_R見れば見るほど気になるこの一足の価格は17,064円(税込)。とはいえ、現在発売中のモデルの在庫は品薄状態が続いている模様。次回入荷も未定のため、どうしても手に入れたい人は少し急いだほうがいいかもしれない。

Licensed material used with permission by Barefootinc Japan 株式会社

他の記事を見る
紹介するアイテムの名前は「Origami Bag」。その機能を知れば、「いや、風呂敷じゃん!」とツッコミたくなるのですが……。でも、こちらのほうが、機能や...
登山靴でもなければクライミングシューズでもない、今話題の「アプローチシューズ」をご紹介。高い機能性とファッション性が、2018年、フェスや街、アウトドアで...
シカゴ発〈FITKICKS(フィットキックス)〉のシューズは、スリッパ型。手軽さと動きやすさを両立させているのが特徴で、ヨガやエクササイズシーンで愛用して...
「Le dd dream(レディーディードリーム)」という変わった名前のスリッパです。イタリアのスポーツメーカー〈lotto(ロット)〉がオリジナルで開発...
先日、イタリア北西部のチンクエ・テッレではサンダルを履いてハイキングをすることが禁止となりました。
〈無印良品〉の「パラグライダークロスたためるシューズケース」はセパレートタイプになっていて、小さいデイバックの中でも整理しやすいです。
JR埼京線・武蔵野線「武蔵浦和駅」から1分ほど歩くと「イタリア」が見えてきます。イタリア風の建物がある、といった子供だましではありません。ヨーロッパ野菜を...
イギリスのシューケアブランド〈Crep Protect(クレッププロテクト)〉の「シューズリフレシャー」は、カプセルを回してシューズに入れておくだけで、乾...
ロードバイク乗りにとって、日々の移動やツーリング時、ちょっとした荷物を何に入れるかというのは頭を悩ませるポイント。バッグパックは動きに制限が出てしまうし、...
イタリアにはたくさんのピザ専門店「ピッツェリア」があります。この記事で紹介する地図「Best Pizzas in Italy」には、イタリア版ミシュラン「...
イタリア本土と水の都ベネチアを結ぶ街メストレに、博物館「M9(Museo 900)」がオープン。展示内容は20世紀のイタリア。テクノロジーを駆使した館内の...
「職場ではビジネスシューズからリラックスシューズに履き替えて、足の疲れを癒しつつ、仕事のパフォーマンスをアップさせたい!」という方に、足元のリカバリー(回...
カナダの〈PEOPLE Footwear(ピープルフットウェア)〉がレギュラーで展開している「AQUA LENNON」。いわゆるマリンシューズですが、PO...
開発を手がけたイタリア企業「Banale」の社員は、いま購入できるネックピローのほとんどに満足感を得られず、他のシーンでも使えるようにと、このトラベルグッ...
イタリア人の「おいしい」の表現方法は、じつに多様。さすがほめ上手な国民性ってところでしょうか。
1970年代、アメリカからイタリアに伝えられたチアリーディング。イタリアの伝統的なマーチングバンドと結びついて発展を遂げ、いつしかイタリア独自の文化へと姿...
これを履いている時は、シューズを積極的に脱ぎたい。
イタリア関連のドキュメンタリーなんかを見ていると、未だあの国のイメージは「食べ物」や「歴史的な建築物」なのだろうと思う。が、壮大な自然も見逃せない。And...
日本とイタリアの国交樹立150周年にあたる2016年。日本文化(着物地)とイタリア文化(シルク)を融合させた「リバーシブルスカート」をメインアイテムとする...
〈TRIOP(トリオプ)〉の「API」はアッパーに柔らかいシンセティックレザー(人工スウェード)を使用。ストレッチ構造になっているので、最初からストレスな...