「コインローファー」のベルトに「穴」が開いている理由

くるぶし丈のパンツ&素足にはいたローファーの組み合わせは、これからの季節にぴったりの爽やかコーディネートの代表格。

“房飾り”のついた「タッセルローファー」や馬具をモチーフにした金具が目を引く「ビットローファー」など、ひとくちにローファーといっても様々なタイプがあるのですが、なかでももっとも定番の人気を誇るのが「コインローファー」「ペニーローファー」と呼ばれるタイプです。

甲の部分に補強用のベルト(サドル)が配されており、そこに「穴」が開いているのがデザインの特徴なのですが、じつはこの「穴」こそが「コインローファー」や「ペニーローファー」と名付けられた所以(ゆえん)なんです──。

アメリカには「Lucky Penny(ラッキーペニー)」といって、道端に落ちている1セント硬貨……それも、第16代大統領エイブラハム・リンカーンの肖像が描かれている面が上を向いて落ちている状態で拾うと幸せになれるという言い伝えが存在します。

1950年代、当時は単に「ローファー」と呼ばれていた革靴でしたが、アメリカのファッションやカルチャーを牽引していたアイビーリーガー(東部を代表する8校の有名私立大学に通う大学生)たちが、ラッキーペニーを拾ったときにサドルの穴にそれを挟み込んでお守り代わりにしたことでその行為が若者の間で流行し、いつしか「コインローファー」と呼ばれるようになったのだとか。

「硬貨を見つけたら、靴についた汚れなどを落とすふりをして、しゃがんだ体勢のまま穴にコインを隠せるから」なんて邪推&珍説もありますが、当時のアイビーリーガーたちはみな上流階級の子弟であり、そもそもローファーの穴にペニー硬貨を挟み込むのは結構大変。

現代でもアメリカで1セント硬貨を拾うとまわりの人から「ラッキーだね!」といわれるくらいポピュラーな言い伝えなので、きっと着服するための小細工などではなく、シャレの効いたおまじないの類だったと思われます。

日本でも、トラッドなファッションを上手に着こなしている年配の方の足元をよくみると、ローファーにラッキーペニーを挟んでいるのを見かけることがあります。

あなたも仕事用のローファーにコインを入れておけば、それに気づいた取引先の偉い人から「おっ、よく知ってるね!」なんて声をかけられて“ラッキー”が舞い込むかもしれませんよ?

※上記、諸説あり。

Top image: © 2019 TABI LABO
知ってるようで知らないフォーマルウエアのマナー。「ジャケットの一番下のボタンを外す理由」って?
2020年の東京オリンピック・パラリンピックの開催が近づき注目度が高まる「BMX」。その車両に装備された特殊なパーツの正体とは?
サーフィンやスケート、ゴルフ、野球といったスポーツのシーンで人気のブランド「オークリー(OAKLEY)」が約40年前の創業当時に作っていた意外なアイテムとは?
5月、ニューヨークのタイムズスクエアに設置された“ベンチ”があります。自動車が暴走してくるような緊急時には衝突の衝撃を吸収して車両を停止。歩行者を守ってく...
アメカジスタイルの定番アイテム「ジーンズ」と「チノパン」の歴史をご紹介! ポケットの形や配置が違う理由は......。
「Short pants every day」の水陸両用ショーツ「TENT」です。
ナイキの新作シューズ「Air Force 1」。紫外線にあたると色が変化するシューズです。
個人的にはニッチすぎるシーンを想定したアイテムは大好物。忘れやすい人は重宝すると思うんだけどな〜。
Kickstarterでクラウドファンディング中の「LastSwab」は、シリコンでできた“綿棒”。水洗いをすれば、繰り返し使えるのがウリです。
「CLIP」はニューヨークのスタートアップが開発した、取り外し可能な自転車の「電動アシストツール」。使い方はカンタンで、前輪のフレームにハメるだけ。
釘のようなものが隠れているネックレスや鋭利なピラミッド型の装飾があるブレスレットをデザイン。くだけた言い方をするなら、オシャレなメリケンサックも販売中です!
カナダに住むAdrian Pearceさんは、約48年間も元カノからのプレゼントを開けずに持っていました。ついに開けることになった理由、それは奥さんが痺れ...
アメカジの定番アイテムである「スウェット」の「リブ」に隠された秘密をご紹介します。
チェコのアウトドアブランド「Tilak」のトラベルライン「Poutnik(ポートニック)」。その「RAVEN Turtleneck」の紹介です。
先週末開催された、マイアミの「Ultra Music Festival」にDJとして参加したカーネルおじさん。イベント前から、KFCがインスタグラムアカウ...
話題の「ナンガ」から「ウールリッチ」、「オンワード樫山」のハイテクダウン「ADS」まで、この冬に絶対欲しい「ダウンジャケット」を大公開! 
アメカジファッションの定番アイテム「スウェット」の「首元のV字」に隠された意味とは......!?
チェコのアウトドアブランド「Tilak(ティラック)」。その代名詞とも言える「ATTACK JACKET」の紹介です。
「O -」の水陸両用ショーツ「Light Shorts」です。
イギリス発祥のドレスシューズ「ウイングチップ」の「穴」に隠された秘密とコーディネートのポイントとは?
長い歴史をもつ「ジーンズ」の「ベルトループ」にこんな秘話が?
登山靴でもなければクライミングシューズでもない、今話題の「アプローチシューズ」をご紹介。高い機能性とファッション性が、2018年、フェスや街、アウトドアで...
日本では日常の足として愛されている「ママチャリ」。そんなママチャリがアメリカで普及しないのには、こんな理由があったんです。
「WOLVERINE PACK」と名づけられたこのナイロンバッグ。何といっても注目すべきポイントは、素材だろう。Regenerative FuseFabr...
捨てられる牛乳を使ったアップサイクル繊維を採用したシューズ、「MILK LINE」。
ブランドロゴが入ってるだけの簡素なモノやレザー製の高価なモノまで。裾ベルトもいろいろ選択肢があるけど、見た目のインパクトならコレ。
カジュアルアイテムの大定番・ジーンズが「青い理由」について迫ります
あなたにピッタリのドレスが見つけられると打ち出している、プラスサイズの女性だけでなく“みんな”をターゲットにしたファッションブランド「Laws of Mo...
色合いやレイアウトは美味しいミルクシェイクが楽しめそうなレストラン。映画で観たことがあるような“アメリカ”!
イギリスのシューケアブランド〈Crep Protect(クレッププロテクト)〉の「シューズリフレシャー」は、カプセルを回してシューズに入れておくだけで、乾...
誰もがきっと一着はもっている「グレーのスウェット」の色味に隠された秘密とは?!
アメカジファッションに欠かすことのできない「ワークシャツ」の丈(たけ)が長い理由って? そこには、野球やアメフトの「ユニフォーム」とも深い関係が!
カジュアルファッションの大定番アイテムであるパーカの「フロントのポケット」にはこんな秘密があったんです!
〈無印良品〉の「パラグライダークロスたためるシューズケース」はセパレートタイプになっていて、小さいデイバックの中でも整理しやすいです。
旅の間、船内でファッションショーが開催されるクルーズ「Transatlantic Fashion Week」。その名が示すとおり、約一週間の航海ではファッ...
カナダの〈PEOPLE Footwear(ピープルフットウェア)〉がレギュラーで展開している「AQUA LENNON」。いわゆるマリンシューズですが、PO...
とにかく未体験の人は一度履いてみることをオススメする。クッション性がどうとか、どのシューズでも語られることだけど、コイツはちょっとモノが違う。