「コインローファー」のベルトに「穴」が開いている理由

くるぶし丈のパンツ&素足にはいたローファーの組み合わせは、これからの季節にぴったりの爽やかコーディネートの代表格。

“房飾り”のついた「タッセルローファー」や馬具をモチーフにした金具が目を引く「ビットローファー」など、ひとくちにローファーといっても様々なタイプがあるのですが、なかでももっとも定番の人気を誇るのが「コインローファー」「ペニーローファー」と呼ばれるタイプです。

甲の部分に補強用のベルト(サドル)が配されており、そこに「穴」が開いているのがデザインの特徴なのですが、じつはこの「穴」こそが「コインローファー」や「ペニーローファー」と名付けられた所以(ゆえん)なんです──。

アメリカには「Lucky Penny(ラッキーペニー)」といって、道端に落ちている1セント硬貨……それも、第16代大統領エイブラハム・リンカーンの肖像が描かれている面が上を向いて落ちている状態で拾うと幸せになれるという言い伝えが存在します。

1950年代、当時は単に「ローファー」と呼ばれていた革靴でしたが、アメリカのファッションやカルチャーを牽引していたアイビーリーガー(東部を代表する8校の有名私立大学に通う大学生)たちが、ラッキーペニーを拾ったときにサドルの穴にそれを挟み込んでお守り代わりにしたことでその行為が若者の間で流行し、いつしか「コインローファー」と呼ばれるようになったのだとか。

「硬貨を見つけたら、靴についた汚れなどを落とすふりをして、しゃがんだ体勢のまま穴にコインを隠せるから」なんて邪推&珍説もありますが、当時のアイビーリーガーたちはみな上流階級の子弟であり、そもそもローファーの穴にペニー硬貨を挟み込むのは結構大変。

現代でもアメリカで1セント硬貨を拾うとまわりの人から「ラッキーだね!」といわれるくらいポピュラーな言い伝えなので、きっと着服するための小細工などではなく、シャレの効いたおまじないの類だったと思われます。

日本でも、トラッドなファッションを上手に着こなしている年配の方の足元をよくみると、ローファーにラッキーペニーを挟んでいるのを見かけることがあります。

あなたも仕事用のローファーにコインを入れておけば、それに気づいた取引先の偉い人から「おっ、よく知ってるね!」なんて声をかけられて“ラッキー”が舞い込むかもしれませんよ?

※上記、諸説あり。

Top image: © 2019 TABI LABO

関連する記事

イギリス発祥のドレスシューズ「ウイングチップ」の「穴」に隠された秘密とコーディネートのポイントとは?
長い歴史をもつ「ジーンズ」の「ベルトループ」にこんな秘話が?
「Happy99」はソーシャルメディア上のみで存在するアメリカ発の「バーチャルファッションブランド」。新作発表もバーチャルで発表。バーチャルインフルエンサ...
ビジネスウエアの代表格「スーツ」の「ラペル(襟)の穴」に隠されたロマンチックなストーリーとは?
外出困難者が“分身ロボット”で働く「分身ロボットカフェDAWN ver.β」が2021年6月、日本橋エリアでオープンする。
世界的なファッションコンペでファイナリストに選ばれた女性デザイナー日原氏が考案する「重力を超えるシューズ」とは......?その才能と発想に世界が注目!
日本では日常の足として愛されている「ママチャリ」。そんなママチャリがアメリカで普及しないのには、こんな理由があったんです。

人気の記事

2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
イギリス・ノッティンガムに昨年10月に現れたバンクシーの作品「フラフープの少女」が、アートギャラリーのオーナーによって購入され、壁ごと切り取られた。
3月16日、軽井沢にほど近い御代田町に新たなラグジュアリーホテル「THE HIRAMATSU 軽井沢 御代田」が開業。すでに予約を受付中。
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...