「頑丈×頑丈」のコラボ。だけどあえて街で履きたいブーツ

ポートランド発、アウトドアブーツの代名詞『DANNER(ダナー)』と、ミル・スペックのバッグでおなじみの『BREIFING(ブリーフィング)』。生粋のmade in USAブランドどうしが手を組んで生まれたのが、『ダナー ソリッドライト』だ。

コラボに定評があるダナーの最新作

47511f6264769ac0289af491f70a43507c2202956bb2228d449b1c02d77d90d8c56b8d40396df057

ダナーはこれまでも多くのブランドとコラボし、数々の名作を生み出してきた。そんな「コラボ上手」が満を持して今シーズン送り出したのが、このブリーフィングとの別注ブーツ。

ダナーと言えばGore-Tex®を世界で初めてシューズに使用、タフで耐水性に優れたブーツが定番。一方のブリーフィングも、通常の5倍と言われる耐久性を持つバリスティックナイロンが特徴なだけに、このコラボが生んだブーツの質実剛健な佇まいは推して知るべし。少し丸みを帯びたフォルムも今の気分だ。

あえて街で履きたい

1d0f5f8a4fbb9feb97ca7ddf4eea752ca9296e56

ヘビーデューティー×ヘビーデューティーな一足。当然アウトドアでの活躍は言わずもがなだが、せっかくの限定アイテム。ここはデイリーユースなシューズとして、遊びたい。それは都市のサイクリストが、街なかでマウンテンバイクを乗りこなす様と似ているかもしれない。ちょっぴりオーバースペックだけど、そこが自己主張となってスタイルが完成する。なにより街だって、立派なアウトドア。アップダウンも悪路もある。もちろん雨も積雪もある。タフなブーツの機能は、十二分に堪能できるはずだ。

そもそもこのシューズの外観は、ゴリゴリのアウトドアというよりは、洗練されていてカジュアルウェアにもしっかり溶け込んでくれる。細部に目を向けると、サイドやシュータン部分にブリーフィングらしさを醸し出すグログランテープが縫い付けてあるところなど、ファッションとしての“遊び”も効いてる。

期間限定「ビームス プラス」コラボ販売会で手に取れる

A75fdac103d8b673274b371b5a5270ef39f3a6ba

BEAMS PLUS ディレクターの中田慎介氏

ソリッドライトを真っ先に手に取れるのは、『BEAMS PLUS(ビームスプラス)』原宿店で行われる期間限定のコラボ販売会。

「ずっと飽きのこない男服」をコンセプトに掲げるビームスプラスとブリーフィングは、これまで何度もコラボレーションしてきている。今回、その流れにダナーが乗っかることはある意味必然だったのかもしれない。

 

1397256c4dd375db7b8e13fe7face6c09143a205Db89db978c971bfd9a62de2943df4ae80bb1a13c

販売会ではソリッドライトの他にもダナーライトを始め、マウンテンライトなど「これぞダナー!」という定番品も併せて手に取れる。じつはこれまでダナーの定番商品をまとめて眺められる場所というのは非常に限られていただけに、これはまたとないチャンス。

この機会に、決して綺麗な舗装路ばかりではない「日常」をガシガシ歩ける、一生モノの一足を見つけてみてはどうだろう?

De141490ba263a659486ac3b4219e81e90074ee8Af1ad13aaf305182bcf8e2707655cb36611f525b

DANNER × BEAMS PLUS 期間限定販売会概要

12月3日(土)~12月11日(日)

【販売会開催店舗】
ビームス プラス 原宿
所在地: 〒150-0001 東京都渋谷区 神宮前3-25-12 1F
電話: 03-3746-5851
営業時間: 本日営業 · 11時00分~20時00分
 
【問合せ先】
ダナーインフォメーションダイアル
03-3476-5661
 
Reference:DANNER
〈nonnative(ノンネイティブ)〉と〈Timberland(ティンバーランド)〉のコラボレーションから生まれた「SUPER 6 INCH GORE-...
「Super Cable」は、防弾チョッキと同じ素材を使っていて、鋼の約5倍の強度があり、2万回以上折り曲げても壊れない、充電ケーブルです。車を引っ張れる...
ミリタリーっぽいプリントが効いてます。これがあるだけで、質実剛健のゴム長がいきなりファッションアイテムになっちゃう。〈VOIRY STORE〉のこういうア...
カナダの〈PEOPLE Footwear(ピープルフットウェア)〉がレギュラーで展開している「AQUA LENNON」。いわゆるマリンシューズですが、PO...
シカゴ発〈FITKICKS(フィットキックス)〉のシューズは、スリッパ型。手軽さと動きやすさを両立させているのが特徴で、ヨガやエクササイズシーンで愛用して...
自由と自然が共存する「バラの都市」。毎週500人が移住する住みたい街全米No.1。DIYでクリエイティブ。サードウェーブコーヒー。etc...さまざまなキ...
スニーカーはファッションとしてもギアとしても好きで、だいたい50足ぐらいを所有しています。街履き用、山用、自転車用、ランニング用など、フィールドやアクティ...
強くて、軽くて、自然にも肌にもやさしいフットウェア。アディダスが、100%生分解性の素材を使ってランニングシューズをつくった。プロトタイプ「adidas ...
いま、日本の「風呂敷」にインスピレーションを得たシューズが、国内外で密かなブームを呼んでいる。これは、イタリアのVibramから登場した、その名も『FUR...
ポートランド発〈POLeR(ポーラー)〉の「BACKSIDE BOARDSHORTS」は、海やプールで存在感バッチリ。グラフィカルなデザインは、大人の遊び...
アウトドアの盛んなポートランドで親しまれているアクティビティのひとつが「マッシュルームハンティング(キノコ狩り)」。10月から春先までシトシトと雨が降り続...
あのペラペラの太いパンツをもとに、“2018年の日本の都市でかっこよく、快適に履けるパンツ”へとアップデートしたのが、この「コンフォータブルパンツ」だ。
〈ファーゴ〉の「STEEL TAP」。ちゃんと鉄製で頑丈だし、3ピンだし(2ピンでも使用も、もちろんOK!)、ブレーカーも付いているし、裏側には壁掛けよう...
とにかく未体験の人は一度履いてみることをオススメする。クッション性がどうとか、どのシューズでも語られることだけど、コイツはちょっとモノが違う。
アメリカで住みたい街No.1に選ばれて以来、多くの人を魅了してきたポートランド。DIYにスローライフなど彼ら独自のライフスタイルの中から生まれた文化は数多...
ヒールを履いたとき特有の「足の痛み」や「歩きにくさ」。多くの女性が我慢に我慢を重ねてきたあの悩みを、画期的なデザインで解消したハイヒールがあります。驚くな...
イギリスのシューケアブランド〈Crep Protect(クレッププロテクト)〉の「シューズリフレシャー」は、カプセルを回してシューズに入れておくだけで、乾...
〈TRIOP(トリオプ)〉の「API」はアッパーに柔らかいシンセティックレザー(人工スウェード)を使用。ストレッチ構造になっているので、最初からストレスな...
日本でも盛り上がりを見せるクラフトビール。実はこれ、もともとアメリカからスタートしたムーブメントなんです。大手ビールメーカーの作る大量生産のビールに満足で...
隠れたベストセラー〈L.L.Bean〉のタオル。肉厚でしっかりとした生地感は、ふわふわとかふっくらとはちょっと違う魅力があります。例えるなら、高級ホテルや...