大胆で革新的な「防水ハイキングブーツ」が「HOKA ONE ONE」から登場

11月6日、プレミアムランニングシューズブランド「HOKA ONE ONE」が、大胆かつ革新的な防水ハイキングブーツをリリースした。

「TenNine Hike GTX(テンナイン ハイク GTX)」は、地面との接地面を最大限にするブランド独自のHubbleヒール形状により、クッション性推進力を高めた一足。足の衝撃を優しく受け止め、踵からつま先までの効率的な体重移動を可能にした。

アウトソールには耐久性を低下させることなく重量を軽減するVibram Litebase構造を採用。アッパーには水濡れから足を快適に守るGORE-TEXファブリクスの防水メンブレンを備えている。ちょっとした日帰りハイキングから数日間のバックパックトレッキングまで幅広く活躍してくれるだろう。

そうそう、同ブランドはアスリートが駆け巡る自然を保護するために、持続可能な環境に優しい素材を使用する取り組みを続けている。この「TenNine Hike GTX」も例外ではなく、GORE-TEXファブリクス、履き口、靴ひも、ヒールプルタブ、つま先の帯ひもなどにリサイクルポリエステルを使用しているという。

極上の履き心地サステイナブルを両立する、HOKA ONE ONEらしさが凝縮された一足は3万8500円(税込)。購入は公式サイトおよび全国の取扱店舗にて。

さあ、どこまでも進んでいこう。

※「HOKA ONE ONE」は、この商品をアウトドア専用ギアとして設計しております。登山、ハイク以外に、階段や運転では使用しないでください。

© Deckers Japan合同会社
© Deckers Japan合同会社
Top image: © Deckers Japan合同会社
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事