ブーツの季節の「クサイ足」をなんとかしてくれる「つま先シート」

「頑張っている人ほど、足がクサイ」──。

そんな一説もあるが(ストレスによって足が臭くなる説)、兎にも角にも間もなくやってくるブーツの季節にも活躍してくれそうなアイテムが、この「アロマインソールつま先シート」だ。

この商品は、「帝京大学医真菌研究センター」「shoesfit.com」の産学共同研究開発により生まれたもの。

今年6月20日には、フルインソールタイプのものが発売され好評を博したが、ユーザーから「土踏まずなどのサポート形状がインソールを厚くしてしまうため、いろいろな靴に使いにくい」などの声が聞かれたため、今回、どんな靴にも合う厚さ1mmのつま先シートが誕生した。

植物由来揮発性抗菌素材を、ヨーロッパ製の特殊素材に浸透させることで、ゆっくりと持続的に抗菌成分が揮発。靴のなかの隅々にまでいきわたり、汚染菌の増殖を抑制すると同時に、アロマの爽やかな香りをもたらしてくれるという。

従来の靴の抗菌スプレーは、瞬間的なもので持続性が得られにくく頻繁にスプレーを吹く必要があり、金属イオンなどの抗菌物質を加えたインソールは、抗菌物質に触れていない部分は効果が得られにくいため、靴のなか全体を清潔に保つことができなかった。

こんな問題も「アロマインソールつま先シート」ならバッチリ解決してくれる。

もう......足がクサイ人生とはおさらばだ!

©Makuake
©Makuake

アロマインソールつま先シート』

【「Makuake」プロジェクトページ】
https://www.makuake.com/project/murai/

Top image: © Makuake
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事