ブーツの季節の「クサイ足」をなんとかしてくれる「つま先シート」

「頑張っている人ほど、足がクサイ」──。

そんな一説もあるが(ストレスによって足が臭くなる説)、兎にも角にも間もなくやってくるブーツの季節にも活躍してくれそうなアイテムが、この「アロマインソールつま先シート」だ。

この商品は、「帝京大学医真菌研究センター」「shoesfit.com」の産学共同研究開発により生まれたもの。

今年6月20日には、フルインソールタイプのものが発売され好評を博したが、ユーザーから「土踏まずなどのサポート形状がインソールを厚くしてしまうため、いろいろな靴に使いにくい」などの声が聞かれたため、今回、どんな靴にも合う厚さ1mmのつま先シートが誕生した。

植物由来揮発性抗菌素材を、ヨーロッパ製の特殊素材に浸透させることで、ゆっくりと持続的に抗菌成分が揮発。靴のなかの隅々にまでいきわたり、汚染菌の増殖を抑制すると同時に、アロマの爽やかな香りをもたらしてくれるという。

従来の靴の抗菌スプレーは、瞬間的なもので持続性が得られにくく頻繁にスプレーを吹く必要があり、金属イオンなどの抗菌物質を加えたインソールは、抗菌物質に触れていない部分は効果が得られにくいため、靴のなか全体を清潔に保つことができなかった。

こんな問題も「アロマインソールつま先シート」ならバッチリ解決してくれる。

もう......足がクサイ人生とはおさらばだ!

©Makuake
©Makuake

アロマインソールつま先シート』

【「Makuake」プロジェクトページ】
https://www.makuake.com/project/murai/

Top image: © Makuake
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
「Zorpads」は、シートタイプの消臭グッズで、NASAが保証した技術が採用されています。たった1枚で、60足分の靴の臭いを消してくれるポテンシャルがあ...
気温と湿度が高い今の季節、私たちの周りにはあらゆる菌が増殖している。そして、その菌によって引き起こされる不快な「ニオイ」は、毎年多くの人の悩みの種となって...
酢酸を使った綿の消臭技術を用いた超消臭タオル「ホスピタイル」は、アンモニアなどの臭いを瞬時に中和する性能に加え、洗濯することでその消臭効果が半永久的に持続...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
自分の歳の数だけ豆を挽いて、恵方を向いて飲む節分専用のコーヒー豆「節分珈琲」が発売中。今週1月27日(水)までの限定販売。
ANAをはじめとする航空会社や鉄道で採用されてる「A2Care」の除菌消臭スプレー。キッチン、リビングからバスルーム、トイレまで、どこでも使える汎用性と高...
トラベルギアブランド「TO&FRO」の「SHOES CASE」。超ストレッチ素材を使用したシューズケースだ。
ヨーロッパ発のサステイナブルブランド「ECOALF(エコアルフ)」より、コーヒーかすを使用したマルチジャケットが登場。廃棄予定のものを再利用し、天然資源の...
〈グランズレメディ〉は、ニュージーランド生まれの靴の消臭剤。5日〜7日間、足の裏に白い粉がつくことを我慢すれば、約半年の消臭効果が!
アパレルブランド「ALL YOURS」が、50回洗っても効果が持続する抗菌・消臭マスク「キテテコマスク」 の予約を今月10日から再開。
今やミルクは選ぶ時代。植物性ミルクを自宅で作って楽しむ。毎朝の新習慣にいかがですか?
マスクの内側に貼って使える「固体酸素シート」は、 呼吸をしやすくするだけでなく、ウイルスやバクテリアの除菌、抗菌、消臭性能にも優れ、いつものマスクを手軽に...
この防虫用のアロマフックは、木曽のヒノキの「節の部分」を使っているそうです。そもそもヒノキには抗菌作用、消臭作用があることは有名ですが、とくに「節の部分」...
ブービーバードのマークでお馴染み、「CHUMS(チャムス)」。春の新作としてリリースされた「Teeshell」が可愛くて機能的にも良さそうで気になっていた...
観葉植物としての癒し効果だけでなく、タバコやトイレなどのニオイを消臭する──。まさに一石二鳥な「eco-pochi」が、いまジワジワと話題になっているみた...
11月6日、プレミアムランニングシューズブランド「HOKA ONE ONE」が、大胆かつ革新的な防水ハイキングブーツ「TenNine Hike GTX(テ...
いま、ニューヨークを舞台にした『ホーム・アローン2』が再び話題となっています。ドナルド・トランプ氏がカメオ出演していて、多くの人がそのシーンを削除するよう...
「コクヨ株式会社」が「UHA味覚糖株式会社」、「Whatever Inc.」と共同で、ミントタブレット「minute mint」を企画・制作。1月20日に...
子どもの遠足用じゃないかと侮ってはいけない。強度のあるナイロン製で、専用ケースもちゃんと付属。73cm×78cmというサイズ感は、大人二人が腰掛ける必要最低限。
生地にphコントロール機能を持たせ、「菌が活動できない環境」を再現したマスクが播州織で有名な兵庫県の老舗染色工場から誕生。応援購入サービス「Makuake...
ビジネスやランニング、トラベルなどの多くのシーンに対応できるように開発されたのが「Shooz」。靴を2つのパーツに分けることで、自分だけのカスタマイズがで...
ドリップコーヒーから出るコーヒー豆のかす。これをただ捨てては「もったいない」と、いろいろな再利用法がネットでも紹介されています。消臭剤や除草駆除、これはよ...
機械学習と3Dプリンターを活用した靴のフルオーダーメイドサービス「Shoe-Craft-Terminal」がローンチ。
今月17日から、羽田空港第1ターミナル5FにAR試着や3Dサイズ計測で靴が買える“世界最小”の靴販売店がオープン。