シューズの「センチ」を「USインチ」に変換する簡単な方法

ジーンズやチノパン、ワークシャツなど、アメカジの定番アイテムの多くは「センチメートル(cm)」ではなく「インチ(inch)」でサイズが表記されています。

日本ではあまり馴染みのない単位であり、ネットで購入する際などは実物を手にとったり試着ができるわけではないので、不安に感じる人も少なくないかもしれませんが、「1インチ=2.54センチメートル」(※以下、センチ)と覚えておけば、それほど違和感のないサイズを選ぶことができるでしょう。

ただ、インチで大きさが表示されているアイテムのなかで気をつけなければならないのが「シューズ」です。

上の写真のサイズ表示を見てください。

US、つまりアメリカのサイズでは「8.5(インチ)」とプリントされています。「8.5インチ」はセンチに換算すると「21.59センチ」

しかし、併記されている「CM(センチメートル)」表記では「26.5」とあります。

その差、じつに約4.5センチ......。

なぜこのような違いが生まれるかというと、靴のセンチ表示とインチ表示では、計測する際の“起点となるポイント”が異なるからです。

複雑な説明と計算が必要なのでここでは割愛しますが(笑)、靴のセンチ表示をUSサイズのインチに変換する簡単な方法をお伝えします。(※1)

「センチ表示の10の位と1の位(小数点以下も含む)を足す」ことで、USのサイズ(インチ)を割り出すことができるのです。

たとえば、普段「28センチ」のシューズをはいているなら「2+8=10」でUSサイズは「10インチ」となり、「25.5」ならば「2+5.5=7.5」となり「US7.5」を選べば違和感なくはくことができるでしょう。

もちろん、メーカーやモデルによってサイズ感やはき心地は様々なので、試着するのがいちばんではありますが、覚えておいてソンはない豆知識だと思いますよ。

※1/あくまでも目安としてお考えください。

※上記、諸説あり。

Top image: © 2019 TABI LABO
世界的なファッションコンペでファイナリストに選ばれた女性デザイナー日原氏が考案する「重力を超えるシューズ」とは......?その才能と発想に世界が注目!
登山靴でもなければクライミングシューズでもない、今話題の「アプローチシューズ」をご紹介。高い機能性とファッション性が、2018年、フェスや街、アウトドアで...
捨てられる牛乳を使ったアップサイクル繊維を採用したシューズ、「MILK LINE」。
イギリス発祥のドレスシューズ「ウイングチップ」の「穴」に隠された秘密とコーディネートのポイントとは?
自宅でできるレザーシューズのお手入れ方法とは?せっかく高価な靴を手に入れても、ケアを怠れば靴の寿命を縮めてしまうことに。 紳士淑女たるもの、日々の正しいお...
ナイキの新作シューズ「Air Force 1」。紫外線にあたると色が変化するシューズです。
イギリスのシューケアブランド〈Crep Protect(クレッププロテクト)〉の「シューズリフレシャー」は、カプセルを回してシューズに入れておくだけで、乾...
オーダーシューズブランド「MARNON(マルノン)」の初の直営店が、6ヵ月限定で新宿駅にオープン。
〈無印良品〉の「パラグライダークロスたためるシューズケース」はセパレートタイプになっていて、小さいデイバックの中でも整理しやすいです。
いま、日本の「風呂敷」にインスピレーションを得たシューズが、国内外で密かなブームを呼んでいる。これは、イタリアのVibramから登場した、その名も『FUR...
シカゴ発〈FITKICKS(フィットキックス)〉のシューズは、スリッパ型。手軽さと動きやすさを両立させているのが特徴で、ヨガやエクササイズシーンで愛用して...
ピカピカと光り輝いているからこそ、エナメルシューズは美しいってものです。男女ともにドレスシューズの代名詞でもあるエナメル素材。そんな素敵な靴を台無しにする...
クライミングシューズは、もっとファッショナブルでなければ。と、一念発起してつくられたのが「So iLL」。レトロなシューズデザインから着想を得て開発された...
カナダの〈PEOPLE Footwear(ピープルフットウェア)〉がレギュラーで展開している「AQUA LENNON」。いわゆるマリンシューズですが、PO...
9月13日、「NIKE」は音声操作でシューレースのフィット具合を調節できる新作シューズ「アダプト ハラチ」の販売を開始。
子どもの成長は早い。靴のサイズはすぐに合わなくなります。そのため、新しい1足を買う余裕のない途上国の子どもたちは、フィットしていないものを無理やり履き続け...
「靴みたいに耐久性がある靴下」「靴下みたいに軽い靴」どちらもあったら嬉しい機能ですが、シカゴのスタートアップ企業が開発したのは、まさにそんな1足。「SKI...
「オシャレは足元から」なんてセリフがあるように、ファッションにおいて大きな重要性を持つ「靴」。この言葉、大抵の場合は革靴を指して使われているようですが、こ...
とにかく未体験の人は一度履いてみることをオススメする。クッション性がどうとか、どのシューズでも語られることだけど、コイツはちょっとモノが違う。
ヒールを履いたとき特有の「足の痛み」や「歩きにくさ」。多くの女性が我慢に我慢を重ねてきたあの悩みを、画期的なデザインで解消したハイヒールがあります。驚くな...