薄さわずか7.6センチ!収納場所に困らない、折りたためる「スーツケース」

旅行に出ないとき、意外にかさばるのがスーツケースの収納場所。もちろん、シーズンオフの衣類を入れて保管したり用途はあるでしょう。それにしたって、あのサイズな訳ですし。もしも、収納場所にお悩みのようなら、こんなスーツケースありますよ。

その手があったか…
スーツケースを
折りたたむという発想

もしも、スーツケースが折りたためたなら。

ロンドンのプロダクトデザインチームが開発した、折りたたみ式スーツケース「Néit」がこちら。空の状態にして折りたたむことで、スーツケースがわずか7.6センチの薄さにまでコンパクトになる。これはいい!

実際、これまでにも折りたたみ式のフォルダブケースが、あるにはありました。ですがそれは、機内持ち込み用のキャリーケースだったり、ナイロン製の柔らかい製品。
一方こちらのNéitは、耐久性が高く軽量なポリカーボネート製。さらに、航空機の製造で使われているものと同様のアルミニウム素材をフレームに用いたハードなつくり。いわゆるがっちりしたスーツケースな訳です。

たたんでベッド下に収納
クローゼットにかけるもOK!

チャックを開いて両サイドを織り込めば、ご覧の通りものの数秒でパタパタン。この薄さならば、ベッド下にも難なく収納できてしまいます。

さらには、こんな場所にも。これこそ折りたたみ式の利点、クローゼットのハンガーレールにかけて収納という手もありなんです。引き手のハンドル部をカラビナ式にしたNéit。これなら、わざわざ立てかけておくという必要もありません。

さらには、4つのキャスターもこの通り。まるで離陸直後の旅客機のように(自動とはいきませんが)パタンと底部に収まる構造。これならかさばることもありませんね。

表面の波打つデザインは、アルマジロの表皮を参考にデザインしたんだそう。一見すると重厚感やハードな印象を受けますが、容量90リットル用で4.5キロと意外に軽い。これもナイス!

GPS機能も搭載
専用アプリと連動できる

ちなみに、このNéitには専用のアプリも用意されています。たとえばフライトスケジュールを確認したり、地図やホテルのブッキングなど、旅のお役立ち情報を上手に使いこなすこともできるようです。Néit自体にGPS機能が搭載されてるので、万が一紛失してしまっても、スマホで行方を簡単にチェックしたり。

ハード面、ソフト面ともに充実。ヘビーユーザーにも、年に一度海外旅行に出かけられたらいいな、くらいの人にも。結構人気が出そうな予感。クラウドファウンディングサイトでは、すでに目標金額に到達。プレオーダーは、449ドル(約5万円)、キャリーケースで349ドル(約4万円)だそう。

Licensed material used with permission by Néit

関連する記事

イタリア・ベネチアに拠点を置く「CRASH BAGGAGE」は、スーツケースの生産を手がけているメーカー。そのプロダクトのいちばんの特徴は「ダメージ加工」...
Marc Sadlerさんがデザインしたのは、オフィスを持ち運べるスーツケース。ノマドワーカーに向けて開発されたそう。
「Rollink」社の本シリーズは、ハード素材のフロント部分と布素材のマチ部分になっているのが特徴。利用していないときはマチ部分を内側に織り込むと厚さわず...
「DASuitcase」には、空気を取り込んでエアソファーになる機能が付いています。長さ200cm、幅70cmと、寝返りは打てないものの横になるには十分な...
6月3日に登場した有料サブスクリプション「Twitter Blue」では、新たにBookmark Folders(ブックマークフォルダ)、Undo Twe...
「abrAsus(アブラサス)」は、999円分の小銭が収納できて、しかも薄い。これはコインとカードの収納部が重ならない構造によるもので、薄さを追求しつつも...
アメリカのクラウドファンディングで一億円以上の資金調達に成功した次世代スーツケース「KABUTO」が、満を持して日本上陸。
旅行を繰り返す人のためにデザインされたセリーナ・ウィリアムズと「Away」のコラボバッグが登場。
今年9月にクラウドファンディングサイト「Kickstarter」にて資金調達をする予定の「Tuck Bike」。これ、フレームだけでなくタイヤまで折りたた...
パッキングが苦手な人のための便利グッズを紹介しましょう。この商品が効果を発揮するのは、目的地のホテルに到着した、その瞬間です!スーツケースからそのままハン...
本当の「恋愛力」を目覚めさせてくれる12星座占い。元銀座ホステス・開運アドバイザー 藤島佑雪先生が、今週のアナタの恋にお心添えいたします。
「Head Case」は、自分や仲間の顔面をドアップでプリントできるスーツケースカバー。絶対に荷物を取り違えないし、空港でも注目の的になること間違いなし。...
7月31日まで、クラウドファンディングサイト「INDIEGOGO」にて資金調達をおこなっている「Walking Pad S1」は、折りたたみ式のウォーキン...
この動画を見てください!なんとスーツケースが…これは、「NUA Robotics」が開発中の「スマート・スーツケース」を紹介するコンセプト動画。Bluet...
スーツケース「90FUN」は、「オンラインショッピングの日」と中国でいわてれいる11月11日に、約16万個も購入されました。なぜなら、あなたに合わせて、後...
海外旅行で本当に使えるサコッシュ「MAISON CANVVAS」の紹介です。
都市生活者にとって、乗り物の収納場所って本当に困ってしまいます。「Ujet」はその悩みを解決できる折りたたみ式スクーターです。ちなみに“Shibuya G...
「RetraStrap」は、キャリーケースの取っ手部分につける、ストラップのようなもの。それを自分の肩にかけて、引いていくイメージです。値段は22ドルから。
「YouTube」の記念すべき初動画がアップロードされたのは、今から15年前となる2005年4月23日。「動物園にいる僕」と題された、わずか18秒のこの動...
半年ほど前に紹介した、トラベラー要注目のアイテム「VAGO」が、このたび日本で先行販売を開始する模様。旅行だけでなく、出張や帰省などでスーツケースを使うす...
旅は、いつだってワクワクするもの。特に、出発日の朝に空港へ向かっているときは、なんともいえない高揚感に包まれる。ただし、ちょっとだけ厄介なのが手荷物。もち...
空港で注目を集めること間違いなしの「スーツケースカバー」が話題になっています。ビジュアルは、どこからどう見ても“握り寿司”そのもの。きっと、国内はもちろん...
折りたたみイス「POTATTO350+」は、5秒で簡単に組み立てが可能で、座り心地も抜群。さらに、ゴミ箱や簡易トイレとしても使えるハイスペックな逸品だ。
創業1946年。パリの老舗スーツケースブランド「DELSEY(デルセー)」が本格的に日本へ上陸する。
誰もが「欲しい!」と思うかというと、きっとそうじゃない。でも、これまでになかったタイヤの開発に、相当な熱意を持って取り組んでいることは確かです。
〈meanswhile(ミーンズワイル)〉の「マネークリップ ウォレット」。薄さ1cmで、Tシャツの胸ポケットに入るぐらいコンパクト。そして、名前の通りコ...
素材は封筒によく使われる種類の「紙」。カードは8枚まで入ります。使いやすいサイドポケット付きで機能性も十分。
香川県の鉄工所によるアウトドアブランド「THE IRON FILED GEAR」が作った「TAKI BE ITA」は、わずか8.3mmの板になる、カンタン...
世界で最も小さく折りたためるベビーカーとして、ギネス(2015年11月現在)に認定されている「Pockit Storller」。ほんの一瞬で、カバンの中に...
航空エンジニアふたりによって生み出された高級スーツケース「Bonaventure(ボナベンチャー)」。外観は数百年前の丸太材とブルレザーで覆われ、富裕層が...