サイクリスト御用達「バイク風呂敷」が、じわじわきてるらしい

ロードバイク乗りにとって、日々の移動やツーリング時、ちょっとした荷物を何に入れるかというのは頭を悩ませるポイント。バッグパックは動きに制限が出てしまうし、サドルバッグは見た目がゴツく使い勝手が悪い。

「バイク風呂敷」は、生地に収まる範囲ならば、どんな大きさ・形状のものも運べてしまう優秀アイテムです。

持ち運びがとっても便利!

イーストリバーサイクルズが販売しているこの風呂敷、サドルの下にくくりつけて使うスタイルで、とても軽くたためて、必要な時だけ使えるのがポイント。サドルバッグが苦手とする長いものも包んできゅっと結べば運べちゃいます。

でも、自転車に風呂敷という組み合わせ、不思議な感じがしますよね。

店主・岡野さんの“自転車師匠”がサドルバッグの代わりに風呂敷を使っていたのがきっかけだそう。パッキングの仕方を習って使ってみたところ、簡単に結んでもほどけず、快適なライディングを楽しめたことからこのプロダクトが生まれました。

日帰りツーリングもOK!

大きさは、同店がロードバイクに合わせた60cm×60cmのオリジナルサイズ。ライドで携帯する補修品や工具、着替えなどを包むのに最適な大きさなのだそう。

落ちないかどうかが心配なところですが、パッケージには結び方がイラストで紹介されており、簡単に装着できるので安心。不安な人は、お店で教えてもらえます。

スタンダードなレールのあるサドルが装着されていれば、どんな自転車でも使えるこの風呂敷。価格は2,000円(税込)とお財布に優しめで、現在は黒色と紺色のみの展開。本気度高めなロードバイク乗りに、じわじわ浸透中なのだとか。

Licensed material used with permission by イーストリバーサイクルズ
他の記事を見る
BMWのデザインを手がけたキャリアを持つ工業デザイナーJosep Rubau氏が、新たに投下したのは、写真のヨット「RED SHARK」だ。
サイクリストにとって、バイク周りのグッズはかっこよく揃えたいもの。「Oi」はミニマルでハンドルになじむ、スタイリッシュなバイクベルです。開発したのはオース...
紹介するアイテムの名前は「Origami Bag」。その機能を知れば、「いや、風呂敷じゃん!」とツッコミたくなるのですが……。でも、こちらのほうが、機能や...
目的地に向かったり、きれいな景色を横目で見ながら走ったりするだけが「サイクリング」の楽しみ方ではありません。オーストラリアのパースを拠点とするサイクリング...
シャネルが、ファンデーション、アイブロウ・ペンシル、マットな仕上がりの保湿リップクリームの、3つの製品で構成される「ボーイ ドゥ シャネル」を立ち上げまし...
2月11日、アメリカの高級百貨店チェーン「Barneys New York(バーニーズ・ニューヨーク)」が、マリファナを取り扱うセレクトショップをオープン...
レイアウトにも気を使ったバイクストアが、日本でも増えてきました。でも、デンマークでオープンしたばかりの「United Cycling Lab & Stor...
社会の常識にとらわれることなく自分らしさを追い求めるために街を駆け抜けているそう。
「Bosch」が開発したのは、バイクのタイヤが横滑りしたときに、これを検知すると同時に一気にガスを噴出させる機能。滑っている方向とは逆の力を発生させること...
もはや、この乗り物を自転車と形容することのほうが正しくないのかもしれない。そんなプロダクトが最初に登場したのは2014年のこと。1本の動画に世界が釘付けに...
ドバイのデザイン事務所「Tinkah」が作ったコーヒーカップ。4個セットで約2万円(650AED)。少々高い気もしますが、大切な人へのプレゼントとしておす...
ノルウェー企業が開発した「Podbike」は、小型自動車のような見た目をしているけど、電動アシスト自転車なんだとか。要するに、ペダルを漕いで初めて動き出す...
イタリア人デザイナーMario Trimarchiが手がけたバイク「Samotracis」。ポイントは、ボディを覆っている銅です。100年経ってもイケてる...
ニューヨークやロンドンの街角で、道路標識に一台の白い自転車が括りつけられているのを見たことがあるだろうか?いつも同じ場所に固定され、薄汚れた姿は、一見する...
クロスバイクに求められるのは、乗り心地だけでなく、ファッション性も重要な要素。「バイクで自己主張する」はもはや自明の理だけど、愛用の自転車にあれもこれもと...
「glafitバイク GFR-01」は、重さが約18kgで、持ち運ぶのもラクラク。加えて、コンパクトに折りたたむこともできるそうです。
ビーサンの代わりに履きたい「雲駄-unda-」。これ、雪駄とスニーカーのマッシュアップです。今日からクラウドファンディングサイト「makuake」にて資金...
いま、日本の「風呂敷」にインスピレーションを得たシューズが、国内外で密かなブームを呼んでいる。これは、イタリアのVibramから登場した、その名も『FUR...
ブルックリンのクリエイター集団がデザインしたサドル「SEATY LOCK(シーティーロック)」は、サドルが強固なロックを兼ねるという画期的なアイデアを実現...
都市生活者にとって、乗り物の収納場所って本当に困ってしまいます。「Ujet」はその悩みを解決できる折りたたみ式スクーターです。ちなみに“Shibuya G...
アメリカでの「Black History Month」で、2月にはアフリカ系の人々に敬意を表するイベントやキャンペーンが多く行われていて、Nikeは毎年の...
ビーチクルーザーのフォルムを活かした電動自転車が登場。2〜3時間の充電で120kmも走ることができるそうで、走っている姿はまさにバイク。とは言っても、山道...
建設されればされるほど、環境に優しい街が形成されていく。建築家Richard Moretaさんがデザインしたのは、ゼロエミッション化を実現する街づくりの第...
デザイナーRitsert Mansと科学者Peter Mooijが協力して作ったのは、海藻から抽出したオイルをエネルギーとしたバイク。頻繁に収穫できるとい...