「何も見ないで自転車を描いて」。イラストをCG化してみると、想像の斜め上をいくデザインだった

ここに紹介する自転車は、どれも斬新なフォルムが目を引くものばかり。街乗り、フィールド仕様のコンセプトモデルかと思いきや、よく見ればどこかヘン。サドルがフレームに固定されていたり、チェーンが前輪についていたり、あってはいけないカタチばかりだ。



記憶を頼りに描いたら
“自転車”がトンデモないことに

たとえば、こちらの自転車。タウンユースに最適そうなシンプルなデザインだが、どこか違和感を感じないだろうか?そう、ペダルがない。チェーンもない。つまり、これじゃ乗れないし自転車として成立していない。

どうしてこんなデザインが生まれたかといえば…じつはこれ、19歳の学生Leonardoさんが記憶を頼りに描いた、ざっくり自転車のイメージをカタチにしたものだから。以下が彼のラフスケッチ。どう、そっくりそのままでしょ?

もしも、あなたが突然、「何も見ないで自転車描いてくれる?」いきなりこうムチャぶりされたとしたら、はたしてLeonardoさんを嘲笑うことができるだろうか?毎日目にし、乗ってはいても、それを実際絵に描くとなるとディテールの記憶なんて、いかに曖昧なものだろう。

どこか「ヘン」な自転車
曖昧な記憶をカタチにしました

これは、イタリア系アメリカ人デザイナーGianluca Giminiさんによるアートプロジェクト。「何も見ないで自転車を描いてくれるかい?」、親しい友人だけでなく見ず知らずの人にもお願いし、彼は約6年間かけて376枚のイラストを集めた。年齢は3歳から88歳、絵心のある人も中にはいたようだが、「完璧な自転車」と呼ぶにはどこか足りない、曖昧なモノがほとんどだったとか。

ところが、そのざっくり、中途半端な自転車たちをCG化してみると、どれもじつに愛嬌があって面白い。以下に、元のイラストと対比させてご紹介。個性的な自転車がズラリ。機能うんぬんは別として、結構イケてる!

01.

02.

03.

一見、フレームと前後の泥除けを一体化させた構造に斬新さを感じるRovellaさんの自転車。ところが…よく見ればチェーンが前輪に。Giminiさん曰く、女性の9割近くが、チェーンを前輪に繋げて描いていたそう。曲がるという認識がない?

04.

マウンテンバイクの堅牢なイメージを、極太のタイヤが表しているAlessandroさんのバイク。ところが、よく見てみればチェーンが前にも後ろにも!?

05.

逆にこちらは、競技用ロードバイクを描いたLeeさん。タイヤからスポークを廃したあたり、スピード感たっぷり。だが、上のCGをよく見れば、複雑なフレーム構成が仇となり前輪が曲がれない仕様に(笑)。速さのみを追求したデザイン?

06.

07.

Fiorenzaさんの“ざっくり”すぎるイメージを、どうにかデザインに落とし込んだ感じ。

08.

09.

10.

この中では、最も自転車に近いフォルムを描いたのがFedericoさん。このフレームで耐久性さえ問題なければ、市販されてもおかしくないレベル…に思えてしまうほど、個性豊かなデザインの数々。

それにしても、自転車って描いてみるとこんなにも曖昧なもの?

Licensed material used with permission by Gianluca Gimini
建設されればされるほど、環境に優しい街が形成されていく。建築家Richard Moretaさんがデザインしたのは、ゼロエミッション化を実現する街づくりの第...
「Urbanized」がデザインした自転車には、「Tannus」のタイヤが使われ、「Gates」のベルトドライブが採用されています。
「これは一体?」と思った移動手段を見つけてしまった。ありそうだけど、これまで見たことがなかった、タテに移動する自転車だ。「Vycle」と名付けられてはいる...
アフリカにある自転車式洗濯機。元は、当時大学生だった男性が卒業制作でつくったものだった!
一般的には常識外れな亜熱帯の台湾で造られるウイスキー「KAVALAN(カバラン)」。造り方とか調べると、けっこう“台湾としての個性”を感じさせる面白いお酒です。
「Helios Touch」は、一つひとつは小さな六角形のライトですが、それらを組み合わせて、自分が好きなカタチにできるというのが特徴。要するに、モジュー...
これは、マレーシアのイラストレーターYau Hoongさんが描いた絵をもとに、大真面目につくられた「Pi Bike」。ネーミングもド直球です。
機能は良くても見た目がイマイチだと、生活の一部にするのはちょっと…。どうせだったら、スペックだけでなくデザインにもこだわりたいところ。はい、自転車の話です...
誰もが「欲しい!」と思うかというと、きっとそうじゃない。でも、これまでになかったタイヤの開発に、相当な熱意を持って取り組んでいることは確かです。
これがイイ!かどうかは人それぞれですが、この「UNDER-COVER」という傘、自転車に乗る人ではなく、自転車そのものを雨水で濡れるのを防いでくれるという...
ワイングラスをモチーフにしてつくられた椅子『MERLOT』。丸みを帯びたグラスの曲線部分が背もたれになっていて、椅子の脚の部分はグラスのステム部分となって...
コーヒーの味も香りも大好きで、目の前にあるだけで癒される。でも、いくら好きでも服やテーブルクロスの上にこぼしちゃった時はブルーな気持ちになってしまう。だか...
背中や肩に絵がれたスカル、蛇、バラの花…タトゥーに好んで用いられるこれらのデザイン。それを3Dで表現してみたら……。イギリス在のアーティストBilly B...
一見、単純に見える世界も、人の心も、可能性も、別の何処かへと続く奥行きみたいなものがあって、一筋縄ではいきません。イタリア人アーティストAndrea Uc...
中国の都市部では自転車のシェアリングがみるみる広がっています。今夏、日本国内でも札幌でローンチされ話題となった『Mobike』のオレンジ自転車をはじめとし...
あなたの感情を読み取りブランデーの中にハートマークを投影するグラス。アプリと連動する必要あり。デートで使ったら、クールに振る舞っていても心の中を見透かされ...
気になるあの子は、シャワーの中だとどんな感じなんだろう、笑っているけど本当は何か他のことを考えていたりして?などなど。女子の“謎”を解明していくイラストです。
シャフトドライブ式自転車は多く販売されているのですが、Ceramicspeedが手がけた「Driven」は一味違います。
「SEATY LOCK」のポイントは、自転車のサドル自体が、たった10秒で頑丈なチェーンロックに変身するところ。しかも、その頑丈さは、ボルトカッターでも切...
新聞や雑誌の切り抜きを利用した、コラージュ作品を得意とするイギリス人アーティストのJoe Webb氏。パソコンによる加工を一切施さず、ただ切って貼るだけの...
オランダで活躍するデザイナーMilou Bergsさんは、従来の自転車スタンドを「目ざわり」だと言います。そんな彼女が発明したのは、使っていないときは地中...
映画やマンガに登場する、生ける屍たち。一度は死んでいるのにも関わらず、何かに執着するように彷徨う彼らは、なんとも不気味です。Gunduz Aghayevは...
やっぱり愛って永遠じゃないんですね。出会った頃と同じトキメキがずっと続くなんて、夢みていたワタシがバカでした。
夜寝る前に必ずしてしまう一人反省会、何よりも楽しいひとりで過ごす時間。人と話したりするのがちょっと苦手な内向的な人なら、思わず共感してしまうイラストが話題...