「何も見ないで自転車を描いて」。イラストをCG化してみると、想像の斜め上をいくデザインだった

ここに紹介する自転車は、どれも斬新なフォルムが目を引くものばかり。街乗り、フィールド仕様のコンセプトモデルかと思いきや、よく見ればどこかヘン。サドルがフレームに固定されていたり、チェーンが前輪についていたり、あってはいけないカタチばかりだ。



記憶を頼りに描いたら
“自転車”がトンデモないことに

自転車 イラスト CG化

たとえば、こちらの自転車。タウンユースに最適そうなシンプルなデザインだが、どこか違和感を感じないだろうか?そう、ペダルがない。チェーンもない。つまり、これじゃ乗れないし自転車として成立していない。

どうしてこんなデザインが生まれたかといえば…じつはこれ、19歳の学生Leonardoさんが記憶を頼りに描いた、ざっくり自転車のイメージをカタチにしたものだから。以下が彼のラフスケッチ。どう、そっくりそのままでしょ?

自転車 イラスト CG化

もしも、あなたが突然、「何も見ないで自転車描いてくれる?」いきなりこうムチャぶりされたとしたら、はたしてLeonardoさんを嘲笑うことができるだろうか?毎日目にし、乗ってはいても、それを実際絵に描くとなるとディテールの記憶なんて、いかに曖昧なものだろう。

どこか「ヘン」な自転車
曖昧な記憶をカタチにしました

これは、イタリア系アメリカ人デザイナーGianluca Giminiさんによるアートプロジェクト。「何も見ないで自転車を描いてくれるかい?」、親しい友人だけでなく見ず知らずの人にもお願いし、彼は約6年間かけて376枚のイラストを集めた。年齢は3歳から88歳、絵心のある人も中にはいたようだが、「完璧な自転車」と呼ぶにはどこか足りない、曖昧なモノがほとんどだったとか。

ところが、そのざっくり、中途半端な自転車たちをCG化してみると、どれもじつに愛嬌があって面白い。以下に、元のイラストと対比させてご紹介。個性的な自転車がズラリ。機能うんぬんは別として、結構イケてる!

01.

自転車 イラスト CG化自転車 イラスト CG化

02.

自転車 イラスト CG化自転車 イラスト CG化

03.

自転車 イラスト CG化自転車 イラスト CG化

一見、フレームと前後の泥除けを一体化させた構造に斬新さを感じるRovellaさんの自転車。ところが…よく見ればチェーンが前輪に。Giminiさん曰く、女性の9割近くが、チェーンを前輪に繋げて描いていたそう。曲がるという認識がない?

04.

自転車 イラスト CG化自転車 イラスト CG化

マウンテンバイクの堅牢なイメージを、極太のタイヤが表しているAlessandroさんのバイク。ところが、よく見てみればチェーンが前にも後ろにも!?

05.

自転車 イラスト CG化自転車 イラスト CG化

逆にこちらは、競技用ロードバイクを描いたLeeさん。タイヤからスポークを廃したあたり、スピード感たっぷり。だが、上のCGをよく見れば、複雑なフレーム構成が仇となり前輪が曲がれない仕様に(笑)。速さのみを追求したデザイン?

06.

自転車 イラスト CG化自転車 イラスト CG化

07.

自転車 イラスト CG化自転車 イラスト CG化

Fiorenzaさんの“ざっくり”すぎるイメージを、どうにかデザインに落とし込んだ感じ。

08.

自転車 イラスト CG化自転車 イラスト CG化

09.

自転車 イラスト CG化自転車 イラスト CG化

10.

自転車 イラスト CG化自転車 イラスト CG化

この中では、最も自転車に近いフォルムを描いたのがFedericoさん。このフレームで耐久性さえ問題なければ、市販されてもおかしくないレベル…に思えてしまうほど、個性豊かなデザインの数々。

それにしても、自転車って描いてみるとこんなにも曖昧なもの?

Licensed material used with permission by Gianluca Gimini
建設されればされるほど、環境に優しい街が形成されていく。建築家Richard Moretaさんがデザインしたのは、ゼロエミッション化を実現する街づくりの第...
「Urbanized」がデザインした自転車には、「Tannus」のタイヤが使われ、「Gates」のベルトドライブが採用されています。
アムステルダムで考案された、「自転車」と「環境」をかけ合わせたプロジェクト。自転車のペダルを漕ぐと、再生可能エネルギーを生産できるというもの。
「これは一体?」と思った移動手段を見つけてしまった。ありそうだけど、これまで見たことがなかった、タテに移動する自転車だ。「Vycle」と名付けられてはいる...
今回は、ライターRが「OHNUT ALOE」を初体験した感想をお届けします。
今年9月にクラウドファンディングサイト「Kickstarter」にて資金調達をする予定の「Tuck Bike」。これ、フレームだけでなくタイヤまで折りたた...
自転車の動力を使ってコーヒーを精製する「ドライ・バイシクル・パイピング」を考案し、サステイナブルなコーヒー生産を続ける「GOOD COFFEE FARMS」。
アフリカにある自転車式洗濯機。元は、当時大学生だった男性が卒業制作でつくったものだった!
誰もが「欲しい!」と思うかというと、きっとそうじゃない。でも、これまでになかったタイヤの開発に、相当な熱意を持って取り組んでいることは確かです。
これは、マレーシアのイラストレーターYau Hoongさんが描いた絵をもとに、大真面目につくられた「Pi Bike」。ネーミングもド直球です。
世界64ヵ国で大ヒットを記録したホラー映画『IT/イット THE END “それ”が見えたら、 終わり。 』のVRアトラクションが、東京・お台場「ダイバー...
個性的なモノに乗りたい人にオススメなのが、ドイツの自転車メーカー「RUFF CYCLES」がつくるビーチクルーザータイプのe-Bike「THE RUFFI...
オーストリアのフォトグラファーStefanと自転車のポートレイト。もうそれ以外よくわからないっ(笑)
今年で10周年を迎える「Inktober」というイベントが盛り上がりをみせている。Inktoberは1ヵ月間、お題に沿ってイラストを描き続けるというチャレ...
レイングッズを扱う「ワールドパーティー」が、安全面や機能面に配慮した、自転車に乗る人のためのポンチョ「レインバイシクルポンチョ」を自社ブランド「Wpc.」...
機能は良くても見た目がイマイチだと、生活の一部にするのはちょっと…。どうせだったら、スペックだけでなくデザインにもこだわりたいところ。はい、自転車の話です...
コーヒーやお茶を入れてカップを回せば、45秒以上自動で回転して飲み物をじっくりかき混ぜてくれるカップ「WENO°」が誕生。飲み物の色を透かしながらオシャレ...
VRゴーグルを通して仮想空間でのサイクリング体験ができる専用コントローラー「Blync」がクラウドファンディングサイト「Kickstarter」でローンチ...
これがイイ!かどうかは人それぞれですが、この「UNDER-COVER」という傘、自転車に乗る人ではなく、自転車そのものを雨水で濡れるのを防いでくれるという...
「CLIP」はニューヨークのスタートアップが開発した、取り外し可能な自転車の「電動アシストツール」。使い方はカンタンで、前輪のフレームにハメるだけ。
コーヒーの味も香りも大好きで、目の前にあるだけで癒される。でも、いくら好きでも服やテーブルクロスの上にこぼしちゃった時はブルーな気持ちになってしまう。だか...
一見、単純に見える世界も、人の心も、可能性も、別の何処かへと続く奥行きみたいなものがあって、一筋縄ではいきません。イタリア人アーティストAndrea Uc...
気になるあの子は、シャワーの中だとどんな感じなんだろう、笑っているけど本当は何か他のことを考えていたりして?などなど。女子の“謎”を解明していくイラストです。
中国の都市部では自転車のシェアリングがみるみる広がっています。今夏、日本国内でも札幌でローンチされ話題となった『Mobike』のオレンジ自転車をはじめとし...