なんとな〜く、ボ〜っと見ていたくなる「CGアニメーション」

昔、某バラエティ番組で人気だった「イライラ棒」。それを彷彿とさせるひとつ目の映像。棒と棒がぶつからないかとつい凝視してしまう。

ぽよ〜んぽよ〜んとボールが弾むふたつ目の映像。何の意味もないのだけれど「なんだか気持ち良さそう」と目が離せない。

共通して言えるのは、つい見続けてしまうという点。

これらは、まめ太郎さんがCINEMA 4Dを使って制作した動画。ツイッターに投稿されているものです。

他の動画も見たい人はこちらをチェック。中毒性があるのでご注意を。

© mametarouboy/Twitter
© mametarouboy/Twitter
© mametarouboy/Twitter
© mametarouboy /Twitter
Top image: © mametarouboy
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
「いいね」がたくさんついたり、コメントがついたり。SNS映えする写真を追求するたびに、リアクション数が増えていったら、嬉しい気持ちになるのもわかります。け...
以前にも「World Topics」の記事でご紹介したオレオのインスタアカウント。彼らがまた挑戦的な投稿をしました。
これまでもさまざまなタトゥーが話題となってきましたが、今注目されているのは、「刺繍みたい」と言われているソレ。柄を描く一本一本のラインがまるで糸で編まれて...
いまや世界の人々を魅了する、日本のアニメ。どうやら、ことCGにおいても、その実力は確かなもののようだ。これが自主制作!?その“完成度”に驚愕の声これは、C...
炭酸水で割って楽しむもよし、ミルクで割ってチャイラテとして楽しむもよし!スペシャルティコーヒー専門店「LIGHT UP COFFEE」から、コーヒーのクラ...
「この前、帰りが遅かったでしょ?」「バスケの試合は残念だったね?」見ず知らずの人にプライベートな質問を浴びせられ、戸惑い怖がる子どもたち。でもこれ、実は……。
世界中の朝ごはんが楽しめる食で各国の文化を発信する外苑前のカフェWorld Breakfast Allday〒150-0001 東京都渋谷区神宮前3丁目1...
彼女に殺されかけた男が、なんとその彼女に法廷でプロポーズしたという話。しかも、どうしても彼女と結婚したいからという理由で、裁判官に情状酌量を求めたとのこと。
普段何気なく暮らしている東京の街を、外国人が見るとどう感じるのか?こうしたコンテンツは、文化の違いが見てとれるのでかなり好物。「そんなものに興味を示すの?...
エジプト政府は5,000人以上のフォロワーを抱えるSNSアカウントをメディアとみなす法案を可決したそうです。
着用型ロボット、パワードスーツ「ATOUN MODEL Y + kote」は、腰と腕を同時にアシストし、重いものをカンタンに持ち運ぶことが可能。腰への負担...
宇宙開発企業「SpaceX」は、有人宇宙船「Crew Dragon」の打ち上げから地球への帰還までのプロセスが3分間で理解できる動画を公開した。
在日フランス大使館のTwitterアカウントでもリツィートされていた「Disco Foot」。
チェックしない日はないほど、生活に浸透したSNS。もし、インターネットがない時代に、これらのサービスが生まれていたとしたら……。
「フォルクスワーゲン」は名作「ビートル」が去年で80年に及ぶ歴史に幕を下ろしたことを記念して『The Last Mile』と名付けられたアニメーション動画...
SNSに1時間ほどでも滞在すると、睡眠の量や質には大きな影響が出る。スマートフォンなどの発するブルーライトもさることながら、24時間絶え間なく更新されるニ...
「Yahoo! JAPAN」トップページより、甲子園の全試合の生中継に簡単アクセス。5Gを駆使したVR映像や多視点映像、見逃し配信も無料で視聴可能!
「ニューバランス」から、環境に優しいサステイナブルな女性向けのコレクション「UN-DYED PACK」が登場。8月14日より販売が開始される。
とにかく完全に食器を洗う「スポンジ」が再現されています。
今や私達の生活の一部となったSNS。便利なツールだけれど使い方によっては人を傷つけることも。外傷がない分表面化しにくいが深刻な問題となっているネットいじめ...
人形や模型を動かしながら、パラパラ漫画のようにコマ撮りして映像化するストップモーション。何それ?という人も『ナイトメア・ビフォア・クリスマス』や『ウォレス...
さほど美術に詳しくない人でも、一度はフィンセント・ファン・ゴッホの作品を目にしたことがあるはずです。そんな彼の生涯を描くアニメーション映画が、現在ポーラン...
ロシア人アーティストKnavishkolaは、みんなにもっと身近な幸せに気づいてほしいと、このアニメーションを作成しました。わずか1カ月ほどで1億回もの再...
アメリカのジョシュ・ホーリー上院議員が「SNS中毒」を防止する法案を連邦議会に提出した。