SNSは「凶器」にもなる。

友人とより深い関係を築けたり、異なるバックグラウンドを持つ人たちと繋がることができるSNS。本当に便利なコミュニケーションツールだけれど、その長所が仇となり人を傷つけることも。

便利さからくる弊害とはどのようなものがあるか…。普段からニュースをチェックしている人であればすぐ思い浮かぶかもしれないが、デザインという切り口でこの問題に触れることができる3枚の画像を紹介したい。

使い方によっては
一生消えない傷を残すことも

これらのデザインはアート学校の生徒らが、インターネットでのいじめ防止を啓発するためにUNICEFと組んで作り上げたものだという。

ネットいじめというと表面化しにくいことが特徴の一つとしてあげられる。陰口をネットで広めたり、本人が嫌がる画像や動画を投稿したり、手口は陰湿なものが多い。

これまで起きたことを例にあげると、集団でいじめのターゲットを暴行する様子をSNSへ投稿したり、知人のプライベートを覗き見してその内容をバラしたりなど、と数え切れないほどだ。最悪の場合、被害者が自殺してしまったケースも。逆に第三者が暴行行為などを発見しSNSでその様子を公開することで、問題が発覚したというケースもあるが…。

いまや私たちの生活の一部となっているものだからこそ、改めてSNSのプラスとマイナス両面を心に留めておきたいもの。もし直接関わりがなかったとしても、第三者として何かあった時に「おや?」と気づけるようになるかもしれない。

Licensed material used with permission by Felix Ebell, Hana Ovčina
InstagramがAIを利用した「いじめ防止策」を発表しました。
チェックしない日はないほど、生活に浸透したSNS。もし、インターネットがない時代に、これらのサービスが生まれていたとしたら……。
SNSに1時間ほどでも滞在すると、睡眠の量や質には大きな影響が出る。スマートフォンなどの発するブルーライトもさることながら、24時間絶え間なく更新されるニ...
「いいね」がたくさんついたり、コメントがついたり。SNS映えする写真を追求するたびに、リアクション数が増えていったら、嬉しい気持ちになるのもわかります。け...
アメリカの11州では、雪で覆われた自動車を運転していると罰金を取られる可能性があるのだ。
大切なのは「上手に使うこと」。なんて、もう聞き飽きてしまった人も多いでしょう。けれど、SNSの闇に飲まれてしまう危険性は誰もが抱えていること。スタンフォー...
通称、オジさんサービス。これは韓国で展開されているいじめ対策サービスのひとつ。同国のメディア「News Nate」の記事によれば、想像の範疇を超える内容に...
アメリカのジョシュ・ホーリー上院議員が「SNS中毒」を防止する法案を連邦議会に提出した。
精神科医師の水島広子さんが書いた書籍『女子の人間関係』(サンクチュアリ出版)では、そのタイトル通り、女性の人間関係について困っている人の悩みに真摯に答えて...
エジプト政府は5,000人以上のフォロワーを抱えるSNSアカウントをメディアとみなす法案を可決したそうです。
「ぐるなび総研」が毎年選定する「今年の一皿」、2019年は空前のブームに沸いた「タピオカ」に決定。
SNSのプロフィール写真って、やっぱりこだわりたくなりますよね。角度を工夫したり、加工してみたり…。でも、自分で「これが一番いい!」と思っても、意外と他の...
イギリスでは今年9月の新年度に学校へ戻る子どもたちは約1,000万人にものぼる。驚くべきことは、その半数以上がいじめられる可能性があるということ。この状況...
これまでもさまざまなタトゥーが話題となってきましたが、今注目されているのは、「刺繍みたい」と言われているソレ。柄を描く一本一本のラインがまるで糸で編まれて...
政治や行政への参加方法として、インターネットを利用するケースはここ数年で急速に一般的になってきています。例えば、日本でもニコニコ動画で政治家の話を聞いて、...
「SNS」の愛称で知られるストックホルム発のスニーカーショップ「Sneakersnstuff(スニーカーズエンスタッフ) 」が12月14日に日本初上陸。世...
「オリィ研究所」が開発を手掛ける分身ロボット「OriHime」が、カフェ「WIRED SHIBUYA」に12月15日までの期間限定でサービススタッフとして...
フィンランドで現職世界最年少の女性首相サンナ・マリン氏が誕生!これによりフィンランドの5党の党首は全員女性になる見通しだ。
SNSの危険性を過激な手法で注意喚起する実験動画のご紹介。これは、誘惑される子供たちが悪いというよりも、いかにSNSを介せば、彼ら簡単に誘惑できてしまうか...
女性に対する性的犯罪があとを絶たず、大きな社会問題となっているインド。政治家の「夜中にで歩かなければ被害にも遭わない」という発言に対し、反発が集まり、SN...
ここで紹介するのは、2015年の2月に「Elite Daily」で公開された、Miranda Athanasiouさんの記事。「SNSが普及して、当たり前...
ホームレス問題が深刻化するカリフォルニア。状況を改善するためにロサンゼルス市長が建設会社に相談。考案されたのは、コンテナを使ったフードホールでした。
バンコクを中心にストリートアートを通して、人々の意識を覚醒しようとするHeadache Stencilにインタビュー。
SNSにアップする過激な画像や文章が話題となり、10代を中心に絶大な支持を受ける「BLACK BRAIN Clothing」(BBC)のディレクター・iL...