落ちこんでる人に、絶対言ってはいけない「6つの言葉」

ライターのAimee DuFresne氏は、愛する夫を失いもう二度と立ち直れないと思うほど、落ち込んでいました。そんな時にたくさんの人が励ましの声をかけてきたと言います。彼女はそんな実体験を元に、悲しんでいる時にゼッタイ聞きたくない5つの言葉を紹介しています。
まわりはよかれと思って言っている言葉。もしかしたら、相手を傷つけているかもしれません。

01.
ものごとには
全てに理由がある

この言葉は、ゼッタイに言わないでください。愛する人が亡くなったことに理由なんてないし、そんなこと考えたくもありません。

02.
時間が解決してくれる

愛する夫を失ってちょうど5年がたちましたが、未だ悲しみに暮れています。突然彼のことを思い出しては、亡くなったのが昨日のことのように思えるのです。傷ついた心の穴が、完全にふさがることはありません。
時間は傷を癒してはくれないのです。でも、時間はものごとの見方を変えてくれます。

03.
若いから、
きっといい人が見つかる

「あなたはまだ若いんだから、これからいい人が見つかるよ」これは、私が愛する夫を失った直後にかけられた言葉です。

確かに夫を亡くした後に、他の人を愛することもありました。
でも、失ったばかりの時に他の誰かを想像することなんてできるでしょうか?それに、たとえいい人が見つかっても夫の代わりにはなりません。

04.
もうそろそろ、乗り越えた?

夫を亡くしてからというもの、この質問をどれだけの人が言ったか数えきれません。夫の葬式から1ヶ月も経っていないのに、聞いてくる人もいるほど!
1年が過ぎた頃にはたくさんの人が慰めの言葉とともに、乗り越えたか聞いてきました。もちろん彼らの気持ちはわかっているつもりでしたが、それでも悲しい思いをしました。

05.
1年経ったんだから
もう立ち直った?

友だちが私に「もう立ち直った?」と聞いてきました。無神経な人だと思いながら「まだ…立ち直れていないわ」と答えました。すると彼女は「でも、前よりは落ち着いたでしょ?だって、もう1年も経ったんだから」と言いました。正直、この言葉には耳を疑うとともに、残念な気持ちでいっぱいになりました。
彼らは、立ち直ったという言葉を聞いて安心したいだけなのです。

ここでは言われたくない言葉を紹介しましたが、心が落ち着く言葉もありました。
それは「愛している」という一言。シンプルですが、一番嬉しい励ましの言葉でした。

Licensed material used with permission by mind body green

浮気をする人は、言葉巧みです。時に魅力的に見えてしまうこともあります。でも彼らの言葉は、絶対に信じてはいけないのです。「I Heart Intellige...
近しい人を亡くすと、悲しみから逃れない気持ちになってしまいます。でもこの名言集は、悲しみに向き合い、前向きになれるように紹介しています。
これまで50作にも及ぶ著書を記してきた本田直之氏。そのなかの22作をピックアップして、これまでに彼が綴ってきた言葉をまとめたのが『LIVE SIMPLY ...
「お一人様」なんて言葉もよく聞きますが、そうな言っても誰かといるときが一番安心できる、という人も多いでしょう。でも学校という環境を離れて社会に出ると、友達...
中国の思想家、「孔子」の教えが世界中で共感を生んでいるのは、そのポジティブ、謙虚、そして誠実な姿勢が、その言葉に表れているからかもしれません。米メディア「...
私たちの人生は、つねに失敗とも付き合っていかなければなりません。だけど、それに正面から向き合うことはなかなか難しい。今悩みを抱えている人は、自分の選んだ道...
精神科医師の水島広子さんが書いた書籍『女子の人間関係』(サンクチュアリ出版)では、そのタイトル通り、女性の人間関係について困っている人の悩みに真摯に答えて...
ハワイ語には不思議なパワーが宿っています。言葉があふれている時代だからこそ、古(いにしえ)の言葉=ハワイ語が伝えてくれるメッセージを心に刻み、日々の活力に...
卒業、就職、結婚など節目で地元を離れる人はいる。今まで仲良かった友達・仲間と離れるのは心寂しいもの。でも離れるからって友情関係が変わるとは限らない。むしろ...
「だって~」「でも~」「どうせ~」「〜だから」…このようにDがつく言葉が口癖だというアナタは注意してください。なぜなら、この前後につく言葉は決まって「言い...
「The Muse」に、言葉を巧みに操り人生を充実させる方法が掲載され、話題になっています。この記事で具体的に紹介されているのは、誰もが今すぐ使える17の...
大人になるにつれ、友情のあり方も変わります。学生から社会人へ、そして年を重ねる毎に賢くなるように、友達との付き合い方も変わっていきます。でもその変化は決し...
「Elite Daily」のライター、Lauren Martin氏によると「カップルが別れるように、タイミングによっては友だちとも別れたほうがいい」ときが...
「生きるために食べよ、食べるために生きるな」これは、古代ギリシャの哲学者ソクラテスの有名な言葉。忙しい毎日を過ごしている、現代人に響くものではないでしょう...
2017年9月に論文を公表したのは、カルフォルニア大学のAlan S.Cowenさん。神経科学の分野で、機械学習を学んでいる大学院生だ。彼によると、人間の...
出会い系アプリや友達作りアプリが溢れる現代。特にロマンティックな一夜のためのインスタントな人間関係みたいなものは、言ってしまえば以前よりもずっと「お手軽」...
自らを自信がなく、無能な人間に見せてしまう。そんな危険な言葉の数々を、ベストセラー著者Travis Bradberry氏が記事にまとめています。どれほど才...
人間関係の悩みは、いつの時代もつきものです。どこに行ってもすぐに人と仲良くなれる人を見ると、羨ましい気持ちにもなります。「The Smart Dating...
「悩み」は私たちの日常に、付いて回るもの。他人と給料を比べてしまったり、自分がどう思われているのか、と気にしてしまったり…。こういった悩みがあるからこそ、...
2015年にノーベル生理学・医学賞を受賞した大村智さんは、北里大学の特別栄誉教授であり、学校法人女子美術大学名誉理事長として、81歳になる今も教育に携わっ...