優しくて思いやりのある人が、心の奥で抱えている「5つの悩み」

自分の気持ちなんて、二の次。他の人のことがとにかく気になって仕方がない。心あたりのあるあなたは、ひょっとしたら「思いやりが強すぎる」かも?

そんなあなたのために、「Elite Daily」の女性ライターAlexia LaFataさんがまとめた、感受性が強くて他の人が気になりすぎてしまう人の特徴を紹介します。優しくしすぎて疲れてきたら、ひと休みするのもいいかもしれませんよ。

01.
人を傷つけてしまったとき
罪悪感に苛まれる

D07a541c643971874e06db963a1fa287873eda85

誰かのことを傷つけるなんて、もってのほか。相手の痛みを自分のことのように感じてしまうから、できるだけ人を傷つけないように毎日気を配っています。

「こんなことを言ったら相手はどう思うかな、傷つかないかな」と、一つひとつの発言に細心の注意を払っています。

もしうっかり傷つけてしまおうものなら、罪悪感で心がいっぱい。悲しさから立ち直れなくなります。

02.
みんなの居心地が悪いのは
自分の責任だと思う

大勢で一緒にいるとき、誰かが変なことをしたり居心地悪そうにしていると、その人の気分が良くなるように尽くします。どうしてもそうせずにはいられないのです。

そんなの疲れるんじゃないかって?もちろん、本当は毎回ヘトヘトです。でも周りの人が気まずい思いをするよりはマシ。人の顔色を伺うのは得意だから、聞き上手でもあります。その人の顔を見れば、これ以上踏み込んだら不快にさせるな、ということがわかるんです。

03.
誰かが喜ぶなら
自分なんてどうでもいい

359c91aae73db442d19c0086f1a70717c08852e8

他の人のためなら、自分の欲しいものや望みを諦めるなんて日常茶飯事。徐々に欲しいものとか望むものなんて最初からなかったんじゃないか…そんな気さえしてきます。

だから友だちとゴハンに行くときも、お店は必ず相手の家のそば。自分にとって不便でも中間地点で会うとか、自宅に近いところで会うなんて考えません。もちろんメニューも相手の食べたいものに合わせますが、ちょっと困った癖でもあります。

04.
映画や小説で受けた影響を
しばらく引きずる

私がはじめて小説を読んで泣いたのは、小学六年生のとき。それ以来、活字にはとても心が動かされます。

またパソコンには「読んで泣いた」記事をたくさん集めたフォルダがあります。自分で集めておいて言うのもどうかと思いますが、これはミサイルのボタンみたいに危険。開いたら最後、涙の洪水です。

映画も同じように、感動しすぎて見られないものがたくさんあります。ときにはコメディで泣いてしまうことだってあるくらいです。

05.
細かいことを
気にしすぎる

0a926956471ee61898b4951d7c247617a0306527

周りの人が過ごしやすいように、いつも気を配っています。

ショッピングをするときは、邪魔にならないようにスッと端に寄って歩きます。電車に乗るときは、席を譲るべきお年寄りや妊婦さんがいないか目を光らせています。隣に大きい人が座ったときのために、できるだけスペースを取らないように座ります。仕事をしているときも、後ろを通る人の邪魔にならないように、限界まで机に椅子を近づけています。

あまりにも感受性が豊かすぎると、確かにちょっと大変。でも、誰かのためになるのなら、それでもいいかもって自分に言い聞かせています。

Licensed material used with permission by Elite Daily
この世界は、毎日さまざな場所でデータが取られています。そして、調査によると私たちは毎日何千件もの広告を目にしているそうです。それらの広告の内容はあなたの意...
精神科医師の水島広子さんが書いた書籍『女子の人間関係』(サンクチュアリ出版)では、そのタイトル通り、女性の人間関係について困っている人の悩みに真摯に答えて...
いつも不安やストレスを抱えている人は、自分勝手になることが1つの対処法になるかもしれません。なぜ?という理由を解明してくれるのが、「The School ...
生きていればいろいろなことが起こります。辛いことも、悲しいこともありますが、ちょっと視点を変えれば、その出来事は人生の大切な教訓になるかもしれません。「T...
男女の関係、依存症、孤独感。人間だからこそ、様々な悩みがある。アーティストのBrooke DiDonatoは、誰もがもつ「心のゆがみ」と、人間の複雑さを写...
優しい人というのは好かれやすく、人気者が多い。けれど度が過ぎてしまえば、自分を大切にできなくなってしまう。周囲とのバランスが取れなくなり、精神的にも体力的...
私たちの人生は、つねに失敗とも付き合っていかなければなりません。だけど、それに正面から向き合うことはなかなか難しい。今悩みを抱えている人は、自分の選んだ道...
人は総じてより楽しい感情を持ちたいと考えているけれど、実際の感情が「希望していた感情」であるほど、人生の満足度が高い。それが怒りであるか、喜びであるかは関...
人は当然思いやりがある生き物ですが、日常的なストレスによってうまく人に優しくできないこともあります。そんな時のために"親切にするメリット"を紹介します。こ...
人はいろいろな問題を抱えて人生を歩んでいます。しかしそれらは、心理学を使えばすべて解決できる、とビジネス心理研究家の神岡真司さんは言います。ここでは彼の著...
人生についていろいろ考えはじめちゃう、20代後半。確かに何歳のときでも悩みは尽きないんですが、とくに30歳になる前に知っておいてもらいたいことが「Elit...
とかく人間関係とは、ストレスを抱える要因になるものです。学校でも、会社でも。風通しさえよくなれば、ストレスを抱えることなく他人と付き合えるようになると説く...
「人間はたまねぎであるーー」。こう定義するのは、パリ発祥の市民の哲学討論の場である「哲学カフェ」を国内で主宰し、市民のための開かれた哲学を実践している、小...
幸せを生む材料は、日常の中に無限に散らばっています。ただ、日常生活では様々なことに気を取られて悩み、その幸せに気づけないこともあります。しかしその悩みの中...
精神や心を重要視するこの時代、質の高い人生を送るためには、正しい心のあり方を知る必要がある。こう説くのは、『人生が変わるマインドフルネス』(幻冬舎)を上梓...
誰にでも悩みが積もって「もう嫌!」となる時期があるもの。仕事、将来、人間関係、ステータス。私も終わりのない持久走をしているような気分だった頃がありました。...
人生を晴れやかなものへと変える生き方。「自分を知る」目的としてマインドフルネスの実践を提唱する荻原順子さん。著書『人生が変わるマインドフルネス』(幻冬舎)...
多くの人にとって、20代、30代の頃の悩みのひとつに、「上司との関係」が挙げられるのではないでしょうか。ただし、それだけに限らず、「人間関係」はしばしば悩...
少しでも今ある自分、現状を変えたいと思っていても、どうしたらいいのかと頭を捻る人は多いはず。「I Heart Intelligence」の記事は、そんな人...
「自分」のアイデンティティが生まれる上で、とても重要な役割を担うのは、母親の存在。Robyn Reischさんが「I Heart Intelligence...