日常に隠れた「自殺のサイン」

日本の自殺者の割合が世界でも上位に入るという事実は、何年も前から言われてきた話。けれど、やっぱり単純に数字でひと括りにはできないと思い、今日この日に、記事を書きました。

9月10日は「世界自殺予防デー」です。

助けを必要とする人たちの言動に見え隠れする、「自殺のサイン」というものがあるそうです。自分の周りの大切な人たちが抱えている問題が、どれほど深刻なものかを理解する目安として、そして自分のために。今日、この日だからこそ立ち止まって考えてみませんか。

言動からみる11のサイン

1ad6e1b72168b96b17d3aa3c5f6b3f9324178b85

すべての人が、心のうちを思いのままに吐き出せるわけではありません。だとすれば、もしも大切な人が息が詰まるほどの苦しさを抱えていたら、どうすれば私たちは、SOSに気づいてあげることができるのでしょう。

以下は、アメリカの自殺予防団体「SAVE」が示している自殺のサイン。これらの兆候がみられた場合、その人は緊急で助けを求めている可能性があるとしています。

・「死にたい」や「自殺したい」と話している
・「希望や生きる目的がない」と話している
・「追い詰められ苦痛に感じる」と話している
・「自分は他の人の負担だ」と話している
・自殺する方法を探している

・お酒や薬を飲むことが増えている
・不安で動揺し、無謀なことをしている
・寝すぎているか、寝なさすぎている
・ふさぎ込んだり孤立感を感じている
・激怒したり復讐を企てたりしている
・感情の振れ幅が激しい

A7396b4e8cee2b27afb45bbf09ebd323d1ce2332

仮に、誰かが「週末?ず〜っと寝てた」なんて言ったとします。(疲れてるんだ)ではなく、(あれ、先週も同じようなこと言ってなかった?)、とあなたが感じたならば…もしかすると、表面的には見えないその人だけが抱える「心の闇」があるかもしれない。そういう「気づき」や「関心」を持ってあげることだって、無意味ではないわけで。

冒頭で触れたとおり、平成28年の自殺者数は21,897人。先進7カ国の中で、自殺が事故を上回ったのは日本だけという事実を、私たち一人ひとりが認識しておくことだって、大切なんじゃないでしょうか。

自殺未遂をする数時間前に撮影をしたセルフィーだとして、SNSに投稿したZoeさん。その表情は和やかで、とても自らの命を絶とうとしているとは思えない。記事で...
自ら命を落とすのは人間に限ったことではないのかもしれない。先月トルコで80頭もの羊が崖から飛び降りる事件が起きていたのだ。トルコ国内での集団飛び降りは20...
成功の定義は人それぞれあるかもしれません。だけど、「成功した人」は何がそうさせたのでしょうか。ここでは、成功と失敗に対する考え方を変えることで、自殺率が下...
Facebookが、自殺防止のための新機能を追加することを発表した。自殺の可能性を感じるような投稿を発見したり、他の人からレポートがあった際には、メンタル...
「男らしくなければ」という意識に苦しんでいる人は多いかもしれない。言葉にせずとも、自分や相手に同じような思いを要求する瞬間はある。アイルランドのラグビーチ...
どんな仕事にだって、ストレスはつきもの。クライアントの無茶ぶりや、長時間労働、感情的なトラウマなどなど、多くの人がストレス解消法を持ってなんとかやり過ごし...
鬱病のサインをまとめた記事。どれも日常的に見逃してしまいやすいものばかり。頭の片隅に入れておくことで、自分や大切な人にもしもの事があった場合、早期発見に繋...
毎週、平均3人が自殺している。これはオーストラリアの先住民、アボリジニの話。特に若い男性の自殺率は、世界的に見ても高いんだそう。そんな問題を「アプリ」で食...
タフで、ストイックで、屈強。オーストラリアでは、男たちは生まれながらにしてこうした男性像が付いて回るそうだ。恐怖を前にしても笑顔を絶やさず、人生がぐらつく...
ソウルで撮影された動画には、ズラッと並んだ棺桶の横に立つ人々が写っています。これは、自殺者数が急増し問題視されている韓国で始まった、自殺予防のためのサービ...
中国・南京長江大橋で、一人の女性が橋の上から自殺を試みようとしていた。が、たまたまその場を通りがかったバスの運転手はとっさの判断で緊急停止し救助に向かった...
2017年9月に論文を公表したのは、カルフォルニア大学のAlan S.Cowenさん。神経科学の分野で、機械学習を学んでいる大学院生だ。彼によると、人間の...
精神科医師の水島広子さんが書いた書籍『女子の人間関係』(サンクチュアリ出版)では、そのタイトル通り、女性の人間関係について困っている人の悩みに真摯に答えて...
「あなたの人生で、映画みたいな出来事があったら教えてください」。実名で投稿する海外のQ&Aサイト「Quora」で投げかけられた、ひとつの質問。これに対して...
今からまだそんなに遠くない未来のお話。日本全国から選り抜きの「不幸な高校生」ばかりが集められた「私立不限高校(通称:フコウ)」が設立された。いじめや貧困、...
Sabrina Boemが撮影した猫たちのほとんどは、はじめから飼い主を持たずに生まれてきた猫や人間に捨てられた悲しい過去をもつものばかりです。自分の家の...
「心の病」でありながらも、タブー視されがちなメンタルヘルス。メンタルヘルスをもっと世間に知ってもらおうと、自ら鬱や不安症と戦っている有名人たちの経験談を紹...
いつも不安やストレスを抱えている人は、自分勝手になることが1つの対処法になるかもしれません。なぜ?という理由を解明してくれるのが、「The School ...
英・テレグラフ紙のインタビューで先日、母の故・ダイアナ妃の死がきっかけで心を閉ざし、精神的に苦しい時期を過ごした期間があったことを告白した、英王室のヘンリ...
「感情なんて、あっても邪魔なだけ。必要ないよ!」と思う人もいるかもしれませんが、ネガティブな感情も、全ての「感情」は生きるために大事な役割を果たしています...