「大丈夫」「ちょっと忙しくて」こんなメッセージが来たとき、相手の本音は?

メッセージのやりとりはとても便利ですが、常にこんな疑問がつきまとうもの。

「それって、本音?」。

ここでは、よく見かけるセリフの裏側に秘められた真実(?)を紹介。皮肉たっぷりなアメリカンジョークもお楽しみあれ。

01.
「大丈夫(fine)」。

本音:「じつは今、すごく腹が立ってるんだけど」。

02.
「今は恋人は欲しくないの」。

本音:「あなたとだけは絶対に付き合いたくないわ」。

03.
「デートって訳じゃないけど
次はふたりで会わない?」。

本音:「大好き。超デートしたい!」。

04.
「ごめん、寝てた」。

本音:「ごめん、他の人と寝てた」。

05.
「落ち着いて、一緒に考えよう」。

本音:「マジでうざいんだけど…」。

06.
「気にしてないよ」。

本音:「こんなに気にしたこと、今までの人生でないよ」。

07.
「今のままの関係でいよう」。

本音:「新しい素敵な相手と出会うまでキープしたいから、今のままの関係でいよう」。

08.
「悪いのは君じゃない、僕だ」。

本音:「お前が全部悪いに決まってるだろ」。

09.
「ごめん、ちょっと忙しくて」。

本音:「もう飽きたんだ…」。

変な探り合いよりも、本音でぶつかり合える関係性がいいですよね。

Licensed material used with permission by Elite Daily
このグラスが、あなたに本音を語らせる。
自分の話、面白いと思ってくれてるのかな?もしかして、この人ウソついてる? 目の前にいる相手の頭の中を覗けたらなあ…なんて思ったことはないでしょうか?今回、...
今月も、たくさんのメッセージをありがとうございました!恋の悩みは、尽きないものですよね…(笑)。
乳がんを患い悲嘆にくれる女性が、否定的な言葉を次々口にするところから始まるこの動画。けれど、そこにある仕掛けが隠されていた……。
おうち時間のお供にぴったりの食べ物や飲み物、(仕方のない)外出時に便利な非接触棒などを、応援の意味も込めて「日本の老舗」からピックアップ!
良好な恋愛関係を築いていくためには、お互いが求めるコミュニケーションをどれだけ理解し合えているかが重要。何かあったらすぐ相手に伝えたい人もいれば、ひとりで...
編集部より、1月にいただいたSarahahにお返事です。たくさんのメッセージ、ありがとうございました!
「Moto Zen」のスペックは「電話」と「電話」だけ。必要最低限のコミュニケーションを取りたい人向けのスマホだ。
精神科医師の水島広子さんの書籍『女子の人間関係』、他人から嫌われる態度ばかりで面倒な性格の女性を「女」と表現し、どのように彼女たちと付き合っていくべきかを...
精神科医師の水島広子さんが書いた書籍『女子の人間関係』(サンクチュアリ出版)では、そのタイトル通り、女性の人間関係について困っている人の悩みに真摯に答えて...
いま、世界中の若者から人気を集めている「ASMR」。ASMR動画を見て、「頭や背中がゾワゾワっするけどなんだか止められない!」と感じたことのある方も少なく...
「ルイ・ヴィトン」から、オンラインで贈れる母の日メッセージカードが登場。好きなメッセージを入力し、カスタマイズすることもできる。今は会えない大切な人へ感謝...
「どうすれば周りに頼らずに生きていける?」という質問に、神経科学者のNicole Gravagnaさんは「周りに頼らなければいい」と返答。彼の「周りとうま...
アメリカの動画メディア「Cut」の人気の「真実かショット」シリーズで、元恋人同士が行う第2弾。別れた理由、今の関係の話、そして将来の話などと、本音で語り合...
だから嬉しい!だから苦しい!
イルカは頭が良く、人なつっこい生きものというイメージがありますよね。彼らが「夢」に出てきたことがありますか?イルカと泳ぐ夢、背中に乗る夢…。イルカと夢の相...
ロングセラー「花屋が作ったハンドクリーム」の第5弾「ローズミルラ」が、全国の「青山フラワーマーケット」で発売。これまで再現が難しいとされてきた本物のローズ...
豆乳ヨーグルトとは「豆乳と乳酸菌で作られた、植物由来のヨーグルト」です。大豆が使われているため、味噌や納豆、醤油などと同じ植物性の発酵食品ということができ...
三浦将さんの著書『相手を変える習慣力』では、「部下の考えていることが分からない」「結婚していた当初のように夫婦関係を良好にしたい」と、人間関係がうまくいか...
ちょっとしたことでグラグラと心が揺れて、ひどい時は相手を疑ってしまうことだってあるのが恋愛ってもの。でも、こんな不安定な恋から抜け出したい時にこそ、本当の...
複雑な人間関係ーー。自分に本当に必要な人と、そうでない人間がいるとライターPaul Hudson氏は豪語する。もしも、彼の主張するような“関係を見直すべき...
アメリカ・アリゾナ州フェニックスで刊行している日刊紙「The Arizona Republic」のオンライン版によれば、彼女は10ヵ月にも渡り、ひとりの男...
夢の中でなぜか裸になっている。しかも、そこに違和感はなく、自然に振る舞っている…なんてことはないでしょうか。現実ではあり得ないですが、夢の中でも裸になって...
女性に褒められただけで、自信がつきモチベーションがぐんとUP。「男って単純……」なんて言われても、別に反論なんかする気ありません!だから、本音を言えば上手...