SNSがもたらした人気コンテストの時代。「いいね!」の数に騙されないで・・・

「ソーシャルメディアでは見た目がすべて」という興味深い記事が「Elite Daily」で話題になっています。これは、ロンドンのウエストミンスター大学で放送ジャーナリズムを学ぶMiranda Athanasiou氏によって書かれたもの。

簡単にいうと、多くの人は目の前で起きていることを楽しむより、楽しんでいる様を「見せつける」ことに夢中だということ。彼女の意見は、日本の私たちにも当てはまりますよね。

shutterstock_227421814_R

ソーシャルメディアでは「見た目」がすべて。完璧に着飾った夜のお出かけの写真が、実際にその夜起こったことよりも大切だったりする。もし、周りの女の子がドレスを買ったら、それはパーティー用というよりFacebook用に買ったもの。

shutterstock_89269486_R

InstagramやSnapchatに写真をアップするのは、もはや常識。もしオモシロイことをしても、「いいね!」がもらえなければ、それは起こらなかった出来事に等しい。

それは、バーで半数以上の人がスマホを見ているのを見てもわかるはず。自撮りをしていない人は、Tinder上で知らない人とやり取り中。周りにいる人には顔をしかめて、ちょっとお喋りしてみようなんて考えない。

完璧じゃない写真をアップするなんて、想像もできない。ベストな照明とこだわりのアングル、さらにもっともシチュエーションに合ったフィルター…それらは、撮影時に欠かせない。

shutterstock_182090147_R

男性にとって重要なのは、女の子とデートをしたという写真。その女の子が本当はどんな子かなんてどうでもよかったりする。

別に女の子に対する基準が低いわけじゃない。ただ、画面から離れると完璧なんてつまらないということ。欠点があることが、実際に私たちを人間らしくさせているから。

shutterstock_192633656_R

もし誰かが花をプレゼントしてくれたら、あなたはその写真を撮ってもちろんアップするはず。でも、それを皆に知ってもらうだけで、あなたは幸せを感じるの?

独身の人は「リア充投稿」にご立腹。自分にパートナーがいない現実を突きつけるだけだから。

とにかく、無限に続く恋人との写真を見ていると、人は最高の瞬間の写真だけを公開して、都合のよくないものは手元に保管しているということを忘れがち。

でも、あなたは誰かの完璧な写真を見るたびに、その写真をアップした人の人生には及ばないと思ってしまう。

shutterstock_227868007_R

論理は置いておくとして、恋愛の成功の基準は、まるで「恋人との写真を何枚公開するか」で決まっているかのよう。まったく写真を公開しない人は、みじめで、満足のいかない人生を送っていると思われてしまう。

問題はデートだけじゃない。友達と会う約束をするとき、それが「友達に会いたいから」なのか、「楽しんでいるということを証明する素材が欲しいから」なのか分からなくなる。

shutterstock_192633083_R

この「自慢の文化」は、自分の人生にナレーションをつけさせすぎ。それを謳歌することを忘れさせてしまうこともある。

人生は今や「どれだけ自分が人気があるか」を競うコンテスト。その人気は友達の数ではなく、Twitterのアカウントにフォロワーが何人いるかで決まる。Instagramに写真をアップしても、「いいね!」が少なければ、次の日にはその写真はもうない。自分がどれだけ好かれているかを示すのは、それだけだと思っているから。

shutterstock_85860967_R

どうかソーシャルメディアに騙されないで。Instagramの写真に「いいね!」が全然つかなくても、友達がたくさんいる人はいる。何百という「いいね!」をもらっていても、ものすごく孤独な人もいる。

自分たちの写真やどれだけ愛し合っているかの宣言はめったに公開しない。でも、デートの度にTwitterを更新するようなカップルよりも幸せなカップルはたくさんいるもの。

家を買うための頭金が準備できそうなことを、まったく自慢しない人もいる。一方、毎週末にVIP待遇を受けている写真を公開していても、自分名義のものを何一つ持っていない人もいるの。

オンライン上で見ることすべてを信じないで。それは、ただの「見た目」にすぎないから。

Licensed material used with permission by Elite Daily

「いいね」がたくさんついたり、コメントがついたり。SNS映えする写真を追求するたびに、リアクション数が増えていったら、嬉しい気持ちになるのもわかります。け...
ここで紹介するのは、2015年の2月に「Elite Daily」で公開された、Miranda Athanasiouさんの記事。「SNSが普及して、当たり前...
大切なのは「上手に使うこと」。なんて、もう聞き飽きてしまった人も多いでしょう。けれど、SNSの闇に飲まれてしまう危険性は誰もが抱えていること。スタンフォー...
SNSにアップする過激な画像や文章が話題となり、10代を中心に絶大な支持を受ける「BLACK BRAIN Clothing」(BBC)のディレクター・iL...
東京の下町風情が残る観光地として人気の「台東区・墨田区」。このエリアの「休憩スポット」としておすすめなのが、銭湯。台東区と墨田区を合わせると、50を超える...
このキャンディを食べると虫歯予防になるといいます。
SNSのプロフィール写真って、やっぱりこだわりたくなりますよね。角度を工夫したり、加工してみたり…。でも、自分で「これが一番いい!」と思っても、意外と他の...
友だちの数は、多ければいいということでもなさそうだ。Quartzの記事によれば、人生の幸せと関係するのは15人の本当に仲がいい友だちだけだとか。Faceb...
SNSに1時間ほどでも滞在すると、睡眠の量や質には大きな影響が出る。スマートフォンなどの発するブルーライトもさることながら、24時間絶え間なく更新されるニ...
「友だち」とは、いったいどんな存在なのでしょうか。人数が大事?それとも、いざというときに頼れる親友が数人いれば大丈夫?リアルで遊ぶ友だちと、SNSだけで繋...
少し前の話ですが、スイス西部のジュネーブの湖畔に舟を浮かべる少女のランドアートが出現しました。それは、難民に関するメッセージを伝えるためでした。
卒業、就職、結婚など節目で地元を離れる人はいる。今まで仲良かった友達・仲間と離れるのは心寂しいもの。でも離れるからって友情関係が変わるとは限らない。むしろ...
SNSにアップする過激な画像や文章が話題となり、10代を中心に絶大な支持を受ける「BLACK BRAIN Clothing」(BBC)のディレクター・iL...
エジプト政府は5,000人以上のフォロワーを抱えるSNSアカウントをメディアとみなす法案を可決したそうです。
今や私達の生活の一部となったSNS。便利なツールだけれど使い方によっては人を傷つけることも。外傷がない分表面化しにくいが深刻な問題となっているネットいじめ...
香水は苦手だけど、いい香りは身にまといたい。そんな人に使ってほしい「retaW(リトゥ)」の「BODY CREAM」の紹介です。
FacebookなどのSNSが私たちにもたらす影響については、賛否両論があると思います。「mindbodygreen」のこの記事を書いたKelli Win...
「Thought Catalog」に掲載されたライターのEmily Church氏の記事を紹介しましょう。彼女は、スマホの電話帳に載っている友だちの数は幸...
「どうすれば周りに頼らずに生きていける?」という質問に、神経科学者のNicole Gravagnaさんは「周りに頼らなければいい」と返答。彼の「周りとうま...
今SNSで流行中の新しい眉毛トレンドがある。その名もウェービー眉毛(wavybrows)。うにょうにょした曲線を描いたものだ。なかなか斬新なアイデアに、世...
大切な人、仲間、家族に日本語だと言いづらかったり、ちょっぴり恥ずかしいことも、ハワイ語なら気軽に伝えることができます。ここで紹介するのは、基本フレーズ7つ...
いまや、コミュニケーションの基盤に位置するSNS。ただ、明確なガイドラインがないだけに、使い方次第では、あなたの首を締めることにも。そう、SNSにおいても...
旅先から絵葉書を送るのって正直面倒。とはいえSNSで写真を送るだけって、どこか味気ない気がします。そんな人にぴったりなのが、SNSと絵葉書のいいとこ取りが...
アメリカの人気webサイト「Spirit Science and Metaphysics」の創設者であるSteven Bancarz氏は、人生には避けるべ...