もっと早く気付きたかった。知ったときには遅すぎる「人生の教訓」がアツい

個人的には、1項目目からグッとくる内容。当たり前と言われればそれまでかもしれませんが、改めて身の引き締まる思い。

ライターNicolas Cole氏からのメッセージ、あなたはどう感じる?

01.
好きなことを仕事にしたいなら
人の3倍努力すべし

0041cccb6ef9e4ffabed6ba31223f0a9bbd87172

大半の人は、本当に自分が望む仕事をしているわけではありません。すべきだと言われた何か、両親や社会、友人が提案した何かを仕方なくこなしている。本心とはまったく違うことを、ひたすら追求しているのです。

しかし、もしあなたが「大好きな何か」を仕事としたいなら、それを特別なことだと認識する必要があります。自分の好きなことをできる人は、そう多くはないのです。ですから、本当にやりたいことがあるなら、人の3倍努力する覚悟をしなかればなりません。

02.
怒りの根底にあるのは恐怖心

喪失への恐怖や弱さへの恐怖、そして、手放すことへの恐怖です。ただ、恐怖を認識できる状態にあれば、もうひとつの明るい側面、すなわち「思いやり」を理解できるはず。そうすれば、きっと前進できるでしょう。

03.
日々の行動が、
未来の自分を形成する

456c7db8400bc2d0257113a32a5298ba7d7d3d59

あなたが今日行うことは、明日のあなたへと続く行動です。それが1週間繰り返されれば、あなたは変化の気配を感じ始めるはず。

そして、1ヵ月、1年と繰り返されれば、あなたは自分自身を認識できないかもしれません。つまり、あなたは特別な方法で、まったくの別人へと生まれ変わるのです。長い期間をかけて繰り返される、あらゆる習慣の力を軽視しないでください。良くも悪くも、あなたの習慣は、未来のあなたの姿を決定します。

04.
感情には「訓練」が必要

訓練とは、なにもスポーツやピアノのことだけではありません。実は、感情的な部分にも訓練が必要です。

あなたは謙虚さや寛大さを鍛えることができます。怒りや恨み、葛藤と同じくらい簡単に、自己認識やユーモアを訓練できるのです。

05.
人は、自分の力で
生きねばならない

641dd34edf949d4eb5b9d373c1dd32f9bece643e

これは、あまりにありきたりな言葉かもしれません。

人には独自の夢、目標、希望、家族、大切な人がいます。そして、あらゆる人に独自の計画がある。地に足を付けて安心感を抱きながら生きるためには、まず、このことに気付く必要があります。

あなたは決して他人をコントロールできない。自分よりも、あなたを優先するよう求めることもできない。だからこそ、自分の夢を応援するよう誰かに求める際には、彼らの夢も必ず応援するように。そうすれば、人間関係は正しい方向へとスムーズに進展するでしょう。

06.
目標達成への旅を
周囲と楽しむ

夢を実現するための手助けを誰かに求めることと、彼らを犠牲にすることとは、まったく異なります。たとえ良い結果を得られたとしても、そこに到達するまでに感情的な痛みが生じていれば、何の価値もありません。何かを達成するための旅を周囲と楽しめないのであれば、最終的な目標は無意味なものとなるでしょう。

07.
「真面目」と「笑い」は、
矛盾しない

97ce6bad2ffb0c5f02d0685b46337a43de369d03

笑う=目の前の問題を真剣に捉えていない、とはなりません。ときに、最高のアイデアは、リラックスから生まれます。人間同士の結び付きは、笑いとともに始まりますし、問題に取り組んでいるときやそれを解決しているときに笑うことは、新たな可能性を切り開きます。

人生とは、楽しい時間を過ごすこと。そして、楽しい時間を過ごすことは、何も成し遂げられないことを意味するわけではありません。実際は、まったく逆。あなたは今まで可能だと思っていた以上の物事を、楽しみながら成し遂げられるのです。

Licensed material used with permission by Nicolas Cole
生きていればいろいろなことが起こります。辛いことも、悲しいこともありますが、ちょっと視点を変えれば、その出来事は人生の大切な教訓になるかもしれません。「T...
「生きるために食べよ、食べるために生きるな」これは、古代ギリシャの哲学者ソクラテスの有名な言葉。忙しい毎日を過ごしている、現代人に響くものではないでしょう...
常に前向きで人生のすべてが上手くいっているように見える。そんな人、あなたの周りにも一人はいますよね。この記事によると、どうやら彼らが輝いている背景には、豊...
立派な門構えから一歩足を踏み入れると、緑あふれる自然に歓迎された。その向こうには大きな日本家屋の屋根が見える。千葉の房総、長南町(ちょうなんまち)で現代に...
5万4千枚もの写真をつなげて作られたこの作品の臨場感は4Kならではのもの。葉の上で光る水滴、まっすぐに空へとのびる木々。朝日を受けて輝く湖面。3分40秒間...
「継続は力なり」。自転車は一度乗り方を覚えてしまえば一生乗れますが、人生の教訓となると、一度うまくいったからといって、毎回うまくいくワケではありません。だ...
人気メディアの「YourTango」から、母親ブロガーが紹介する子供たちに教えがちな教訓。それは意外にも、大人になっても学べるものもあります。
精神や心を重要視するこの時代、質の高い人生を送るためには、正しい心のあり方を知る必要がある。こう説くのは、『人生が変わるマインドフルネス』(幻冬舎)を上梓...
経営コンサルタントを営む小宮一慶さんは、仕事柄タクシーに乗る機会が多く、当然運転手さんと話すことも多いそうです。そして、タクシーの運転手さんにはじつにさま...
この世界は、毎日さまざな場所でデータが取られています。そして、調査によると私たちは毎日何千件もの広告を目にしているそうです。それらの広告の内容はあなたの意...
インド北部ラージャスターンの伝統料理だそうです。さすがはインド、奥が深い。
生前はもちろん、死後10数年が経過しようとも、ポジティブな影響を与え続けてくれるマザー・テレサ。彼女が残した数々の言葉は、時を超えて私たちの胸に響きます。...
NYで人気のウェブメディア「YourTango」で紹介されていた、40代のライターAndrea Reiserさんが自身の経験から、もっと早く知っておくべき...
「自分の人生は、自分のもの」。当たり前のことのように思うかもしれませんが、日々忙しくしているうちに、自分で自分の人生をコントロールできなくなってしまうもの...
人生を晴れやかなものへと変える生き方。「自分を知る」目的としてマインドフルネスの実践を提唱する荻原順子さん。著書『人生が変わるマインドフルネス』(幻冬舎)...
旅には、人生が凝縮されています。
もう何度も耳にしているかもしれないが、人生はそう長くない。真面目な人であればあるほど責任を感じることが多かったり、義務的に行動することがあるかもしれない。...
外国人シェフ最少年の28歳でミシュランガイドの星を獲得した料理人・松嶋啓介が教える大切なことーー。
タクシーの運転手さんにはさまざまな経歴を持つ人が多く、じっくり話を聞くと、面白い人、勉強になる人、じつにバラエティに富んでいます。経営コンサルタントを営む...
28歳を目前に控える、ライターJaimee Ratliff氏。ここで紹介するのは、彼女が人生を振り返って導き出した「教訓」の数々です。その内容は、仕事から...
いま、小説家 佐藤愛子さんのエッセイ『九十歳。何がめでたい』が注目されています。執筆時の年齢は92歳。彼女が綴る文章は、辛辣な表現がありながらも人生を真っ...
ここに紹介するのは、2014年12月にElite Dailyで公開された、ちょっと古い記事。年の瀬に「こんな人との縁は年内に断ち切るべき」とした内容は、新...
自分を信じて何事にも立ち向かう。そんな前向きな姿勢でいると、人生はみるみる昇り調子になっていくでしょう。しかし、その過程でつらく過酷なできごとを経験するこ...
エチオピア・ナミビア・ケニア・インド・中国の部族を探し求めて旅をする写真家のTerri Gold。彼女は、現代に残った「ごくわずかな伝統」を目にしてきた。...