思わずクスッ。人生って奥が深い。

何かと疲れる、年末年始。ちょっとささくれだった気持ちになりやすいけど、そんなときはちょっと立ち止まって漫画に触れてみるのはいかがでしょう。

ニューヨークを拠点に活動するConnie Sunさんは、日常にあるちょっとした支え合いや優しい気持ちを大事にしている漫画家で、自身のHPでいくつもの作品を公開しています。疲れているときって、あんまりにも明るいものに触れるとかえって疲れが重なっちゃうこともあるけど、この漫画は適度な暗さと優しさで「もうちょっと頑張ってみようかな」という気分にさせてくれます。

ちなみに彼女は、毎朝仕事に行く前に漫画を描いているそうですよ。

01.
予告があるとき、ないとき

もし、何かが予告もなしに現れて、あなたの心を折っていったとしたら。

されるがままにしておこう。

そのあと、それで何ができるか考えるの。

02.
独身女性、アジアの女の子

アジアの女の子が、両親に言われることあるある。

10代の頃

「男の子なんてダメよ。
一生懸命勉強しなさい」

20代前半

「良い家系の出の、尊敬できる台湾の男の子がいいわよ」

20代半ば

「仕事があって、尊敬できるアジア人の男の子ならいいわ」

20代後半

「連続殺人鬼はダメよ!人種はなんだっていいわ!」

30代

「その人、ちゃんと生きてるの?生きてさえいればいいわよ」

03.
同じくらいの希望

この宇宙にあるすべての失恋には、それと同じぐらいの希望がある。「私は、そんなふうに想像するのが好きなの」。

04.
セルフケアの週末

一人でいても、大丈夫。
悲しくなっても大丈夫。
疲れたって大丈夫。

休憩して、立ち直って、呼吸して、走る。
食べる。
お茶を淹れる。聞く。
読む。

05.
地下鉄に乗っている人、
みんな

「......」
「......」
「今日は疲れちゃった」
「僕も」
「俺もなんだ」
「私もクタクタ」

「ああ」
「グループハグでもする?」

06.
隙間を埋める友だち

「あの子がお腹すいてるか見てきて」
「おーい!大丈夫?」
「サンドイッチでも食べる?」

07.
欲しいのは…

クリスマスに欲しいのは…

お昼寝すること。たっぷりと。

08.
深く掘る

嫌いな人が遊びに来ようとしたら…。

自分の心を深く掘るべきときが来たってことよ。

自分の行使できる力を考えて、よく話を聞くのよ。

それから、自分の勇気を呼び出しておくこと。

09.
失敗と拒絶

日記さん。私は自分の人生にブロッコリーがいてくれて感謝しています。

だって、ブロッコリーは栄養豊富で繊維も豊富で、食べるといい人間になれるから。

…。

でも、私はやっぱりチョコレートのほうが好きです。

10.
もしかしたら
いつの日か…

私は
これくらい体が柔らかくなって、
これくらい軽くなって、
こんなに自由になる。

Licensed material used with permission by Connie Sun