「言葉に重みを持たせるには?」今すぐ実践したい10のコミュニケーション術

人間関係において問われるのは、自分の感情をコントロールできるか。そして、相手の感情まで深く理解できるかどうか。極めて難しいことではあるが、いわゆる“デキる人”はこれができている。

今回は、彼らが実践しているコミュニケーション術を10個紹介する。


 

01.
重要なことは、話すことではなく聞くこと。

change life

しゃべることは実は難しい。相手が聞く耳を持たないとき自分を語ると、それは単なる自慢話になりかねない。しゃべることは危険であり、不利なことでもあるのだ。だから、聞かれる前にはできるだけ言わないようにする。自分に対する注目が相手に生まれるまで自分を見せびらかすことはしないように心がけるのだ。

02.
人間は自分自身を理解しているとは限らない。

とりわけ若い人は自分の内面と向き合う機会が少ない。また、それは難しい。自分が未熟であるということがわかっているだけに、そういう未熟な自分と向き合おうとしないのだ。怖くなるのだ。そこで、見て見ぬふりをして自分の内面と付き合っていたりするのだが、これは30歳、40歳になっても意外に変わらない。意識をしなければ、50歳になっても60歳になっても変わらないかもしれない。

03.
自分の場合はこうだったとか、共通の知人がいるとか、アピールをしない。

change life

何もかも自分自身に関連づけることはやめる。自分に関連づけず、自分を抑える。相手の話が終わるまで聞くことに徹するのだ。できるだけ相手の得意なテーマに話を持っていき、主役は譲る。相手が得意なことを語ってくれると自分自身は学びの材料がたくさん生まれてくるので、いろんな意味で得をする。

04.
聞くことは観察すること。語ることは観察されること。

相手が言葉で表現し切れない部分まで聞こうとする。心の声を聞くことを心がける。深く聞くと相手に対する深い理解が生まれ、相手との間に厚い信頼関係が生まれる。相手の話を深く聞くことはリスクヘッジにもなるのだ。

05.
自分が語るときは、椅子を差し出し、相手に座ってもらえるような感覚で語る。

椅子には最低三つの脚が必要なように、相手の話をひとつの椅子だとすれば、内容を3つのポイントに構造化するといい。すると、相手はその椅子に気持ちよく座ることができる。心がけるべきことは、相手以上に相手の考えを理解し、相手以上に相手が語りたかった言葉を理解しようとする姿勢なのだ。

06.
体験に思索を加えると、洞察になっていく。その洞察を書き残していくと、それがいずれ自分の哲学の素材になっていく。

change life

テレビ番組でも、読書でも、自分が時間やエネルギーを配分した あらゆる体験に対して、思索を加え、自分の言葉に落としていく。そうして自分で解釈した表現は、自分の頭に記憶として刻まれていくのである。

07.
話す量を意識的に少し減らす。

聞く時、そしてこちらからしゃべるときには、できるだけ短く、話す速度は相手よりワンテンポ遅らせることを意識する。どうでもいいこと、本題と関係のないことはできるだけ言わない。そうすることで語る側にとっても聞く側にとっても、言葉の希少性が高まるのだ。

08.
頭がいいふりをするのは、大きな損失であることを知っておいたほうがいい。

change life

相手の語っていることについて知識を持っていたとしても、無知を装うくらいがちょうどいい。無知を装うと相手は丁寧に語りかけてくれるので、結果的により理解が深まる。自分の理解を越えた新しい視点が10のうち1でも混ざっていれば、大きな学びの機会を失わずに済む。知ったかぶりをするのは貴重な機会を失うことでもあるのだ。

09.
議論することは大事だが、議論をする相手は慎重に選ぶ。

実際には、論争が必要なケースというのはほとんどない。本当に心が通じ合う人との間では論争というものはまず起きない。自分を大切に思ってくれる人は説明しなくても分かってくれる。一方、自分を大切に思わない人は、説明してもわからないし、わかろうとしないもの。したがって、そういう人にわかってもらおうといちいち説明する必要はない。

10.
ただのいい人になってはいけない。

善悪は、強さがないと貫くことが極めて難しいものだ。心が善であっても、それを守り抜く強さがないために、結果的に悪に加担してしまうこともある。だから、上司や同僚が適度な緊張感を持って接してくれるような関係性を構築する。それは、自立した社会人として、絶対不可侵の自己を確立する上でとても大事なことだ。

断言しよう、人生は変えられるのだ。
コンテンツ提供元:ジョン・キム

人との円滑なコミュニケーションが取れるということは、私生活だけでなくビジネスの面でもとても重要です。では実際にどうすればコミュニケーション能力を鍛えること...
コミュニケーションは「やるといい」ものではなく、「やるべき仕事」のひとつです。いかに漏れなく、効果的に、能率的に行うかを考える必要があります。そして、それ...
精神や心を重要視するこの時代、質の高い人生を送るためには、正しい心のあり方を知る必要がある。こう説くのは、『人生が変わるマインドフルネス』(幻冬舎)を上梓...
浜松出張の夜。餃子やうなぎの定番から一歩抜け出したい人に足を運んでほしいところがあります。静岡・浜松駅から徒歩10分ほどの田町にある「OCTAGON BR...
7月12日(木)から3夜連続で、360°体験型の即興セッションを開催。
一生懸命仕事をして、お金を稼いで、生活するだけでいっぱいいっぱい。そんな時、ふと「自分の人生はこれでいいのだろうか」と思うことはありませんか?好きなことを...
物を減らしてゆとりを持つことを数年間実践しているライターが書いた記事。ミニマリズムを実践することで、実際どのような効果があるか、本人の経験から具体的に掘り...
「生きるために食べよ、食べるために生きるな」これは、古代ギリシャの哲学者ソクラテスの有名な言葉。忙しい毎日を過ごしている、現代人に響くものではないでしょう...
人生を晴れやかなものへと変える生き方。「自分を知る」目的としてマインドフルネスの実践を提唱する荻原順子さん。著書『人生が変わるマインドフルネス』(幻冬舎)...
哲学、教育、政治、アインシュタインは何を感じながら生きていたのか。人生論というよりは、社会をみていた彼の観点から、ハッとさせられる名言を「I Heart ...
大会3日目のフランス対オーストラリアは歴史的な試合になった。
周りを引き込む、自然と好かれる人がいると思います。こういう人たちはなぜに好かれるのか、そしてどんなことをしているのでしょう。そこには、11つの共通点があり...
人生は車の運転に似ている、と私はよく思う。どこに向かうか、という意思がなければ車の運転は始まらない。また、何のためにそこに向かうのか、によっても運転は変わ...
聴衆を惹きつける強いメッセージで、類稀なプレゼンの才能を発揮したスティーブ・ジョブズ。持ち前の人を説き伏せる話術は、日々の打ち合わせの場でも発揮されていた...
買うつもりはなかったのに、気づいたら購入していた。やりたくなかったことなのに、なぜか前向きに取り組んでいる…。こんな経験をしたことがある人は、プロの巧みな...
もう何度も耳にしているかもしれないが、人生はそう長くない。真面目な人であればあるほど責任を感じることが多かったり、義務的に行動することがあるかもしれない。...
「今から10年前、26歳の私は『人生のどん底期』にいました」そう語る安藤美冬さんは、大手出版社に新卒入社したあと、人間関係や仕事につまずき、ストレスから体...
「地元・浜松の人にも知ってもらいたい」。オーナーの山﨑浩さんがそう語るのは、浜松の春野町を中心に獲れる鹿や猪のお肉を使った「ジビエ料理」のこと。わざわざ足...
あなたは「自分の人生」というストーリーの主役です。と言われても、日々そう思いながら生活するのは難しいもの。人生経験が浅ければなおのことでしょう。でも早く気...
人間は一人で生まれ、最終的には一人で死んでいく。実は今、生きていること自体が、いかに奇跡的でありがたいことなのか、わかっている人は意外に少ない。これが本当...
私はかつて25年もの間、全日空でCAの仕事に就いていました。国内線、国際線のチーフパーサーとして働き、そのうちの15年間は、天皇皇后両陛下、英国元首相マー...
ここに紹介するのは、2014年12月にElite Dailyで公開された、ちょっと古い記事。年の瀬に「こんな人との縁は年内に断ち切るべき」とした内容は、新...
聞き上手になれたら、どんなに人とのコミュニケーションが楽しいものになるか、想像したことはありますか?周囲から、「あの人は聞き上手だ」と言われる人に共通する...
「最高の人生」に焦点を当てる男、パトリック・スウィーニー氏。大まかに説明すると、3つのIT系企業を立ち上げて大金を稼いだ。が、常に投資家と戦っている感覚が...