誰よりも愛されるセレブの「光と影」。

Instagramで1億2,000万人を超えるフォロワーをもつセレーナ・ゴメス。彼女の言動は、多くの人々に影響をもたらしている。

そんな彼女が自身のアカウントで、今夏に手術を受けていたことを発表した。

「ループス(全身性エリテマトーデス)を患っていた関係で、腎臓移植を受けました。自分の健康のために必要なことでした」

親友がドナーになり腎臓移植

報告の言葉と一緒に載せられたのは、病院のベッドで女性と手をつなぎ微笑み合う姿。相手は、彼女が「シスター」と呼ぶほど仲が良い、女優フランシア・レイサだった。実は彼女こそ、セレーナへの臓器提供者だ。

セレーナはフランシアへの感謝の気持ちをこう述べた。

彼女は自分を犠牲にしてまで、私に“究極のギフト”を与えてくれました。愛しています」

「感謝の気持ち」を親友も表明

手術について、フランシアも自身のInstagramに同じ写真を添えてコメントを発表。

「本当に感謝しています。彼女の人生を守るだけでなく、私は自分の人生も変えることができたのです。今回のことは、私たちのストーリーの一部となりました」

フランシアはこれまでにも、「私が落ち込んだ時は仕事を抜け出して会いにきてくれた。いつも側にいてくれてありがとう」などと、セレーナに対する思いを打ち明けている。

優しさに秘めた強さと輝き

ループスの治療について、ゴメスは2015年に化学療法を受けていたことを公表したことがある。

それ以前には、「自分のための時間が欲しい」とツアーを中止したり、リハビリ施設に通っていたりしたことから、ゴシップ誌が「何かしらの依存症を抱えているのでは?」「元彼のジャスティン・ビーバーとの別れから立ち直れていないのでは?」と騒ぎ立てたこともあった。

この事について、彼女は「Billboard」で「化学療法を受けているのだと言ってやりたかったわ。何も知らないくせに、バカみたい」と悔しさをにじませていたことがある。

しかし、真実とかけ離れた噂が飛び交う中でも、彼女は支えてくれる人たちを愛する姿勢を貫き続けた。他のセレブと比べても、感謝の言葉とともにファンや友人と交流する姿を見せることが多い印象だ。

キャリアも順風満帆。最近では、「TIME」が選ぶ「世界を変える46人の女性」に選出。そこには、ヒラリー・クリントン、オプラ・ウィンフリー、セリーナ・ウィリアムズなど各界の著名人が名を連ねている。歴史ある雑誌にこのような形で取り上げられたことで、彼女自身もさらに輝きを増すのではないだろうか。

Top Photo by Photo by Gregg DeGuire/WireImage/Getty Images
マカフィーが公表したリストはアヴリル自身が危険というわけじゃなくて、アヴリルの名前や曲名で検索すると、その検索結果にウイルスに感染する可能性のある危険なサ...
イギリスでは今年9月の新年度に学校へ戻る子どもたちは約1,000万人にものぼる。驚くべきことは、その半数以上がいじめられる可能性があるということ。この状況...
アン・ハサウェイ、リチャード・ギア、ユアン・マクレガーなど、名だたるセレブ達のポートレート。ただ普通と違うのは、1枚の写真のなかに、まったく違うしぐさの彼...
卒業、就職、結婚など節目で地元を離れる人はいる。今まで仲良かった友達・仲間と離れるのは心寂しいもの。でも離れるからって友情関係が変わるとは限らない。むしろ...
「なんかクジラみたいだなぁ」「あっちは巨人」「これはウサギっぽい」だなんて、ぼーっと考えながら夢の中にゆっくり落ちていく、このまったりした時間がたまらない。
「どうすれば周りに頼らずに生きていける?」という質問に、神経科学者のNicole Gravagnaさんは「周りに頼らなければいい」と返答。彼の「周りとうま...
ときどき、可愛いスカートやベストを着てキメていたり、泡々のバスタブに浸かって気持ち良さそうにしている「セレブ犬」をSNSで見かけることがある。きっと、お金...
美意識の高い人々からインスピレーションを受け、「どんなにカッコイイシーンでも、一般人がするとどうなるのか」をコメディアンのCeleste Barbeが、カ...
アメリカの人気webサイト「Spirit Science and Metaphysics」の創設者であるSteven Bancarz氏は、人生には避けるべ...
大人になるにつれ、友情のあり方も変わります。学生から社会人へ、そして年を重ねる毎に賢くなるように、友達との付き合い方も変わっていきます。でもその変化は決し...
「tracy’s newyork life」を運営するトレイシー・ケイラーは、ニューヨーカーの視点から、暮らしに関する様々な情報を発信している女性。彼女の...
精神科医師の水島広子さんが書いた書籍『女子の人間関係』(サンクチュアリ出版)では、そのタイトル通り、女性の人間関係について困っている人の悩みに真摯に答えて...
複雑な人間関係ーー。自分に本当に必要な人と、そうでない人間がいるとライターPaul Hudson氏は豪語する。もしも、彼の主張するような“関係を見直すべき...
モネやフェルメールの作品が、見る側に自然な輝きを感じさせるのは、色を細かく重ねることで「光の表情」を巧みに捉える描写ゆえ。彼らは光の画家と称されてきたわけ...
「お一人様」なんて言葉もよく聞きますが、そうな言っても誰かといるときが一番安心できる、という人も多いでしょう。でも学校という環境を離れて社会に出ると、友達...
「友だち」とは、いったいどんな存在なのでしょうか。人数が大事?それとも、いざというときに頼れる親友が数人いれば大丈夫?リアルで遊ぶ友だちと、SNSだけで繋...
時間が経ってみないとわからないことだけど、友情が学生時代でストップしてしまう関係があります。あんなに仲がよかったのに…。その“友情期限”が長く続く人とそう...
人生を晴れやかなものへと変える生き方。「自分を知る」目的としてマインドフルネスの実践を提唱する荻原順子さん。著書『人生が変わるマインドフルネス』(幻冬舎)...
とかく人間関係とは、ストレスを抱える要因になるものです。学校でも、会社でも。風通しさえよくなれば、ストレスを抱えることなく他人と付き合えるようになると説く...
ここで紹介するのは、2015年の2月に「Elite Daily」で公開された、Miranda Athanasiouさんの記事。「SNSが普及して、当たり前...