12人のセレブに「テーブルの真ん中で、変身してみて」とお願いしてみたら…

アン・ハサウェイ、リチャード・ギア、ユアン・マクレガーなど、名だたるセレブ達のポートレート。ただ普通と違うのは、1枚の写真のなかに、まったく違うしぐさの彼らが写っていること。

撮影したのは映像素材大手「Shutterstock」のスタッフフォトグラファー、アンドリュー ・H・ウォーカーさん。彼がセレブたちに要求したのはたったひとつ「テーブルの真ん中を越えたら、変身して」ということだけ。

01.
アン・ハサウェイ

Andrew H. Walker/Shutterstock

02.
エイミー・アダムス

Andrew H. Walker/Shutterstock

03.
ユアン・マクレガー

Andrew H. Walker/Shutterstock

04.
リチャード・ギア

Andrew H. Walker/Shutterstock

05.
シガ二―・ウィーバー

Andrew H. Walker/Shutterstock

「変身」の解釈は
それぞれのセレブに委ねられて…

これらの写真は、2016年9月のトロント映画祭にて「Shutterstock」のポートレートスタジオで撮影されたもの。

要求された「変身」の解釈は、セレブたちそれぞれに委ねられました。その表情がどんな意味を持つか、一体どちらが変身した顔なのか、も明らかにされていません。もしかしたら仕事モードの顔と、普段は見ることができない内向きの顔、なのかもしれません。

まるで表情を隠すように映る姿や、カメラの前から立ち去ろうとする姿は、なんだか意味深。

06.
ジェーン・リンチ

Andrew H. Walker/Shutterstock

07.
ジョエル・エドガートン

Andrew H. Walker/Shutterstock

08.
アーロン・エッカート

Andrew H. Walker/Shutterstock

09.
ホリー・ハンター

Andrew H. Walker/Shutterstock

誰もが複数の自分を持っている。
とくに「セレブ」という生き物は。

「”人として生きる”ということがどういうことなのか、みんなに興味を持ってもらいたかったんだ」と、ポートレートの主旨を語るウォーカーさん。

「僕が興味があるのは、人間のなかの二面性なんだ。誰でも現実に存在している自分と、頭の中に住んでいるもうひとりの自分を使い分けているはず。 とくにセレブたちは、普通の人よりもたくさんの表面的なアイデンティティを使い分けている。パブリック・ペルソナ、仕事におけるキャラクター、そしてプライベートな自分自身の顔なんかね。 僕は、映画フェスティバルのポートレートスタジオという人為的かつ無個性な空間でさえも『個性』が表れるのかどうか、どうしても見てみたかったんだ」

10.
ジェフリー・タンバー

 Andrew H. Walker/Shutterstock

11.
ダコタ・ファニング

Andrew H. Walker/Shutterstock

12.
ファレル・ウィリアムス

Andrew H. Walker/Shutterstock

華やかなハイファッションに身を包み、パーティでインタビューを受けたり、パパラッチに追いかけられてワイドショーをにぎわせたりと、そんな海外セレブ達の姿は、良くも悪くも「一面」にしかすぎません。

この写真で見て取れるのは、そんないつもの「一面」とはひと味ちがうもの。つい、じっくり眺めたくなってしまいます。

Top Photo by Andrew H. Walker/Shutterstock
Licensed material used with permission by Shutterstock
マカフィーが公表したリストはアヴリル自身が危険というわけじゃなくて、アヴリルの名前や曲名で検索すると、その検索結果にウイルスに感染する可能性のある危険なサ...
美意識の高い人々からインスピレーションを受け、「どんなにカッコイイシーンでも、一般人がするとどうなるのか」をコメディアンのCeleste Barbeが、カ...
フォトグラファーLéon Hendrickxさんがおこなっているプロジェクト『KINGS&QUEENS』。ドラァグクイーンのポートレートからは、「自分の道...
えっ?と一瞬目を奪われてしまうほどのリアルな人魚の写真・・・。ディズニー映画『リトル・マーメイド』のように海を泳いでみたい!と思ったことがある人は多いかも...
シンプルなアイデアですが、予想以上の人気っぷりで、クリスマスまでのストックが既になくなっているこちらのチョコレート。ホットミルクの中に入れると、中から出て...
ちょっとした工夫が凝らしてあるカレンダー「ロールカレンダー 2019」。巻物式になっていて、表示期間も調節可能。
ロンドン出身のBenjamin Shineは、チュールを使ってポートレートを制作することで知られるアーティストだ。彼の作品は多くの人を魅了し、2017年に...
日本と海外の「違い」って、こんなところにもあったんだ。
オスカー女優であり、プロデューサーであり、母親でもあるリース・ウィザースプーン。夢や野心、情熱を持って頑張る女性を応援するエッセイが9月4日、「Glamo...
花を美しく飾る、その目的のためだけにつくられた切り花のためのテーブルです
元々ビスケット工場だった、アイスランドの世界最北の首都レイキャビクにあるホステル「KEX」。随所に当時の面影が残っています。レトロな雰囲気を味わえる空間が素敵!
例年、受賞者や女優らの華やかなファッションで注目をあびるゴールデングローブ賞。けれど、先日行われた第75回の授賞式は、過去のものと比べてまったく異なる式と...
ジャケット写真も、出演者の情報もない。たったひとつのセリフだけをみて、心に刺さった作品を選んでみる。
見れば「なーんだ、そういうことね」のひと言で終わってしまう。Photoshopを使ってセレブレティとの合成写真をつくっただけ。でもね、結構しっかりユニゾン...
セレーナ・ゴメスは自身のInstagramで、今夏に腎臓移植を受けていたことを発表した。以前より患っていた病気、全身性エリテマトーデスを治療するためだった...
気象観測機器「Storm Cloud Weather Predictor」。雲の形をした容器の中にある結晶が天気によって変化するので、朝起きてカーテンを開...
『ジョルジオ アルマーニ ビューティ』のポップアップストア「ARMANI BOX」が、12月1日から9日までの間、表参道にオープンします。
本作品『危険な関係』は、フランス貴族社会を舞台にW不倫をする夫婦の物語。外交官の夫、美貌の若妻。世間的にみれば眩いパリの社交界で注目を集める2人。だが、密...
「黒リップ」と聞くと、裏原やゴスロリ系のイメージを持つ方も少なくないはず。でも、ビューティー・メイクアップ界では、2014年にかけて、黒い唇が一大トレンド...
フォルクスワーゲンをベースにビーチで走らせるために改造したデューンバギーをはじめ、ビーチで遊ぶための車を作らせたら天下一品なのがカリフォルニアという街。そ...
だれかのリビングテーブルの上の景色って気になる。kimi_and_12のイラストレーションを通してすこし覗き見してみましょう。
コーヒーとチェリーパイと1枚の写真、下世話なテディベア、ドラッグ入りのミルク……。
ブラジル人写真家Marcos Albertiさんが、「O project」というポートレートをSmile Makersと作成しました。「O」が意味するとこ...
デジタルアートを駆使して、摩訶不思議な街を生み出しいるのは、バルセロナを拠点に活躍するアーティストのVictor Enrich。映画「インセプション」ばり...