ヘルシーなのに「もったり感」がクセになるチョコムース

食べたい気持ちをガマンして、ガマンしてのダイエット……、それでも食べたいときにつくって欲しいスイーツがこれ。アボカド、バナナ、ココアだけでチョコレートムースが再現できるんです。しかも濃厚。あ、これアボカドのおかげなんですけどね。

生クリームをアボカドで代用
もったりなのにヘルシームース

Eacf82361cc99c4b96734563113f553ec35cef61

もったりした濃厚さを演出するのは、アボカドの油分。脂質を多く含むアボカドは、つぶすことでなめらかに。この特徴を活かすことで生クリームを使わなくたって、あの濃厚ムースそっくりの味わいが生まれます。

これにバナナを合わせれば、自然な甘みがさらにプラス。ガマンしなくていい絶品スイーツのできあがり。

ところで、脂質と聞くとダイエットの敵だとか、太りそうなイメージがあるかもしれません。けれど、アボカドに含まれる脂質はコレステロールを減らすほか、血液をサラサラにする働きが期待できるスグレモノ。

さらに、さらに。

加熱せず、酵素もとれる
ロースイーツ

小麦、卵、砂糖、乳製品を一切使わず非加熱でつくるこのムース。つまりは話題のロースイーツという訳。食べものが本来もつ酵素を効率よく摂取でき、代謝アップにより免疫力の向上や、逆にダイエットも期待できる!かも。

最後につくりかたを。

アボカド半分とバナナ1本は皮をむいてボウルに入れ、マッシャーでなめらかになるまでつぶしたら、ココアパウダー大さじ1を加えて混ぜる。これだけ。さらになめらかにしたい場合は裏ごしをおすすめします。

チョコレートとは呼べなくなってしまったお菓子。製法も味もチョコレートと同じにもかかわらず、だそうです。
アボカドの美容・健康効果は誰もが認めるところ。アレンジ次第で、いくらでもオリジナルレシピができてしまいます。「WonderHowTo」でライターBrady...
アボカドとフェタチーズを混ぜ合わせたなめらかな舌ざわりに、きゅうりのシャキシャキ感を合体させた、美しいグリーンの「サマータイム」サラダです。
従来のものより、30%も脂肪をカットしたというのがこのアボカド。『Eurobanan』によると、脂肪がカットされているものの、その他の栄養素については変わ...
「Below The Surface」は、70万ものゴミがいつの時代に製造されたのかを記録しているサイトです。
調味料をちょい足ししたり、ほんの少しのひと手間で、驚くほどおいしく味わえるこんな方法を知っておくと、何かと役に立つはずです。
溶かしたチョコレートにナッツやビスケットを入れて固めるだけ。
ダイエット中だから高脂肪の食事は避けたい。そんなとき、高野豆腐が強い味方になってくれることを知っていましたか? 噛み応えのある独特の食感を上手く利用して、...
食べごろのアボカドの見極めは意外と難しいもの。切ってみたら未熟で固すぎた…なんてときには、潔く生で食べることをあきらめること。火を通すアボカド料理を知って...
栄養価の高い人気者として、完全に市民権を得た“森のバター”ことアボカド。「FOODMATTERS」には、すでに広く知られているものから「そうだったの!?」...
もう半年以上も前のイベントになってしまうのですが、2月16日と17日にサインスピナーの世界一を決める大会がラスベガスで開催されました。
あんみつに添えたり、あんこやみたらしで食べたりと、和スイーツに欠かせないのが「白玉」。もちもちの食感とほどよい甘みが好き、という人も多いはず。そんな白玉を...
チョコレート界隈が騒がしくなる時期がやってきました。バレンタインのチョコというと、カラフルなチョコや、クリームが中に入っているようなトリュフを思い浮かべる...
「カロリーは気になるけれど、やっぱり甘いものが食べたい!」そんな欲張り女性に朗報です。なんと、あのティラミスがヘルシーな「豆腐」で作れてしまうのだとか。現...
これは、アメリカ西海岸で暮らす健康志向な人たちを中心に、人気が急速に広まりつつある「Buddha Bowl」。ブッダボウル(仏丼)?たいそうご利益がありそ...
マヨネーズは全卵を使ってつくるのが基本ですが、これをちょっとでもヘルシーに仕上げるためには黄身を抜いてしまえ。というのがこの記事のテーマ。本来は料理をする...
夏に食べるバナナといえばお祭りの「チョコバナナ」でしたが、この夏は「グリルドバナナ」に注目です!!
heyのオフィスは広い! もったいないぐらい(笑)。
いま、健康に意識の高いニューヨーカーたちの間で、大ヒットとなっている商品があります。それがこの、サー・ケンジントンの「アボカドマヨネーズ」。そう聞いて「ア...
コーヒーの苦さとアボカドのクリーミーさが絶妙にマッチ!味、想像できないでしょ?60秒でできちゃうから試してみて。
これは、「Food52」でライターHana Asbrinkが紹介した記事ですが、なんでも2018年のトレンドとなるかもしれないとか。途切れることがないアメ...
かれこれ25年前、「ティラミス」が日本で空前のブームを巻き起こしたことを知る人は、もはやいい大人。美味しいけれどハイカロリー、は昔も今も女心を悩ませる種。...
その口当たり、まさにモッツァレラチーズのよう♡ 巷で話題沸騰中の“モッツァレラチーズもどき”、もう試してみましたか?すでに「塩豆腐」として商品化されるほど...
このチョコレートは「食前酒」→「スープ」→「魚料理」→「シャーベット」→「肉料理」→「カフェ」の順番でお召し上がりください。