お洒落なバックパック!?日本の「ランドセル」が人気急上昇

フォルムはコンパクトでカワイイし、丈夫だし、最近のものはカラーリングもPOPなものが多いし・・・コレ、日本のランドセルの話。というのも、欧米ではランドセルがお洒落アイテムとしてブレイク間近なのです。

きっかけとなったのは、アメリカの女優でファッショニスタとしても知られるズーイー・デシャネルのパパラッチ写真。自宅を出る彼女の背中には、日本の赤いランドセルが背負われており、そこから一気に広がりつつあるとか。ちなみにズーイーは、今年で34歳。大人の女性が背負っていた、というのがポイントですね。

実際、海外では男女問わず(!?)ランドセルを愛用する人が増えているみたい。既成概念や、先入観を捨てて、まっさらな心でランドセルを見つめなおせば、新しい価値観が生まれるかもしれません。

randseru

Illustration : MACCHIRO   Facebook / HP
R
eference : You Tube

土屋鞄製造所の2021年入学用ランドセルに新シリーズ「SHAPE(シェープ)」が登場。
1975年から続く、茨城・日立の「ランドセル贈呈」のプロジェクト。日立市内の新入生全員にオリジナルのランドセルをプレゼントしています。
2020年3月、イタリアのファッションブランド「DIESEL」がランドセルの販売をスタート。翌年4月に小学校入学を予定している新入生を対象に、8万1000...
ベースボールキャップやバッグなどのアパレル商品で名高い「New Era」が、ランドセルの展開を開始!
万能植物の月桃成分を配合した“マスクをつけたくなるスキンクリーム”をご紹介。
ありそうでなかったバックパックの登場です。
「ジャンスポーツ」をはじめ、「グレゴリー」の「スピア」シリーズ、「ミステリーランチ」のデザイナーが手がける「クレッターワークス」など、タウンユースにマッチ...
サンフランシスコ生まれの「The Chiller's Pack」は、クーラーが付いているバックパックです。缶ビールをキンキンに冷やせるようになっています。
「Nomad Hammock」の見た目は普通のバックパックで、20Lの容量があるといいます。だけど、ハンモックにも変身するのだとか。
小学生のマストアイテム、ランドセル。6年間を共に過ごす、かけがえのない“相棒”です。が、中学生になると、まったく使われず押入れに眠るのがオチ。ましてや、大...
この記事では、お家トレーニングにもオススメな「ケトルベル」をご紹介していきます。そのメリットを知ったら、欲しくなってしまうこと間違いなしです。
「ロンドンブリッジトレーディング」のセカンドラインとして誕生した「LBX Tactical」、ドイツの「ジャックウルフスキン」、元軍人や専門家によって設立...
そもそも、普段使いのバックパックに「どれだけ防水性を求めているか」という話はあります。が、それはさておきです。
応援購入サービス「Makuake」で販売中のバックパック「UPIXEL」は、専用のチップをバッグ背面にはめることで、自作のドット絵を簡単にデザインできるユ...
「SEAL」が始める新たなサービスは、あなたの背中を3Dスキャンするというもの。これにより、バックパックと背中の間に無駄なスペースがなくなり、バックパック...
アメリカ・カリフォルニア州アーバインに拠点を置く、スマートバックパックの販売を手がける「SwissDigital Design」から新作「Cosmo 3....
「バルミューダ(BALMUDA)」がブランド初となるコードレス掃除機「BALMUDA The Cleaner」を発表。発売は11月17日(火)から。
「ドン・キホーテ」のブランド「情熱価格」より、ありそうでなかった片耳だけの完全ワイヤレスイヤホンが登場。「イヤホンから流れる音に集中しすぎず、周囲にも気を...
日本にはイギリスファッション好きな人が多いですね。韓国や台湾とは違ってイギリスブームは長く続いていて、いろいろな流行りが日本にやってきたと思います。
佐賀県の情報発信プロジェクト「サガプライズ!」は、「atmos」とコラボし、佐賀県の日本酒をフィーチャーしたオリジナルグッズを展開。 ストリートカルチャー...
あの有名ブランドのバックパックです。色で遊べ!#14
スペイン・バレンシアにある人気の日本食チェーン「Kento」。店内は竹や木々を連想させるグリーンとブラウンの配色。飲食スペースの一部は壁一面が窓になってい...
「The Adjustable Bag」は、サイズを変えられるバッグです。一番小さいときには31Lで、62Lまで大きくできるのだとか。ちなみに、12通りの...
チョイスは「バックパック」一択。街中を歩いていても、男女問わず、そんな人が増えている印象を受けます。きっと、比較的治安が良いとされる日本の事情もあるでしょ...