使い道がわからない 編

emoji_06
ー 用途がわからない編 ー

【穴】

5883471184527360

いや「穴」って。ずいぶん急だな。想定直径、80cmくらいでしょうか。しかもどんな背景にもフィットするこの「どこでも穴」感。しかも枠がメタリックでできていたりして、結構スタイリッシュな仕上がり。この「用途がわからない」絵文字シリーズ、あえて用途を見出すとしたら、こんなメッセージに使えたりしないでしょうか。

使用例「恥ずかしいことがあったらすぐに入れるように、オーダーメイドで頼んでた🕳、今日やっと届いた!はやく見せたい!」

【何かを「かませたり」するやつ】

6052767789481984

小学生の時のときとかに、図工の授業で使ってたやつ。机の縁に設置して木の板をかませたりね。でも大人になってからは……なかなか使う機会ないですよね?恥ずかしながら、名前も知らなかったので調べちゃいました。「Cクランプ」という工具らしいです。

使用例「ちょっと提案なんだけど、うちのテーブルクロスってすぐにズレちゃうから、🗜で留めておくのはどうだろう?」

【……誰?】

4670572151701504

えっと、誰なんですか?人物の絵文字ってたくさんあるのに、この人だけ何かが違う。怪しいような、まったく怪しくないような……なんだろう、この漂う「胡散臭さ」。サングラスと口角の上がり方が、某有名司会者に似ているような気がしないでもないですが、たぶん、いや絶対違う人でしょう。何よりこの人、宙に浮いてるっていう。

使用例「ね〜ね〜、2019年のカウントダウン、0時になったタイミングであれやろ!ほら、あれだよ、3・2・1……🕴ってやつ〜!」

いま、たった3ミリの彼らに夢中。
あんなに小さいのに、こんなに「よくできていた」んだね。
あんなに小さいのに、こんなに「よくできていた」んだね。
あんなに小さいのに、こんなに「よくできていた」んだね。
あんなに小さいのに、こんなに「よくできていた」んだね。
「Duolingo」が、10月8日に“ハワイ語コース”をリリースしました。
もうプールの季節は終わってしまったけど、「マーメイド・エクササイズ」は来年あたりに日本でも流行りそうだな〜。
あんなに小さいのに、こんなに「よくできていた」んだね。
あんなに小さいのに、こんなに「よくできていた」んだね。
あんなに小さいのに、こんなに「よくできていた」んだね。
「人の絵文字の肌の色が一色なのはおかしい!」との声に、ついにAppleが応えました。開発者向けに配布が始まったiOS 8.3 beta2では、従来の絵文字...
どちらもスペックは良くないけど、そもそもかわいさと安さしか求めてなかったのでオールオッケー!『フライング タイガー コペンハーゲン』さまさまです。
あんなに小さいのに、こんなに「よくできていた」んだね。
「#WorldEmojiDay(世界絵文字デー) 」の7月17日、それぞれの国がどの絵文字を一番使っているのか、Twitterより発表されました。けっこう...
あんなに小さいのに、こんなに「よくできていた」んだね。
産直野菜のデリバリーサービス企業が、キュートな野菜の絵文字を制作しました。普通に考えれば「何のため?」となるところ。けれど、彼らの絵文字に込められた意味を...
マンハッタンにある高級住宅「Kips Bay Decorator Show House」では、毎年、いろんなアーティストが集まって、展示会を開催しています。
プライベートなやりとりだけではなく、いつの間にか仕事でもコミュニケーションツールとして当たり前になりつつあるLINE。でもちょっと待って!もしかして私、恋...
新しい建物をデザインする時、「その地域に密着するようなものにできないか」と考えたオランダの建築デザイナーチーム。そして出てきた案が、まさかの「絵文字」でし...
彼氏にメールやLINEをしても、無視されていたら心配になったり、不安が募ることはよくありますよね。彼氏にもそれなりの都合があったり、受け止め方の違いであっ...
車の合流で道を譲ってもらった。後続車や歩行者に危険を知らせたい。そんなタイミングはたびたびあります。でも、手を振ったり、ハザードランプを使うといったサイン...
大好きな彼氏が仕事に打ち込む姿はとても魅力的。でも、もっと会いたいし一緒にいたい、自分のことを考えてほしいと願うのも、彼女としては当然の感情ですよね。でも...
名のロゴがプリントされていなければ、胸ポケットのピッツァだって絵文字のようにアイコニックなデザイン(ぱっと見ペパロニですが、マルゲリータだそうです)。
旅先から絵葉書を送るのって正直面倒。とはいえSNSで写真を送るだけって、どこか味気ない気がします。そんな人にぴったりなのが、SNSと絵葉書のいいとこ取りが...
2017年9月に論文を公表したのは、カルフォルニア大学のAlan S.Cowenさん。神経科学の分野で、機械学習を学んでいる大学院生だ。彼によると、人間の...