一歩先行くスノボの楽しみ方。「ARゴーグル」がスポーツを変える!?

「リングを通れば、+100スコア!」。ちなみに、新しいゲームのPRではありません。これ、なんと現実のゲレンデなんです。「Ride On」はAR(拡張現実)をスノーボード用のゴーグルに組み込んだもの。

まずは動画を見てもらうとイメージしやすいでしょう。

スノーボードとARの相性が
こんなにいいなんて!

最近では、首都テルアビブに若いクリエイターが集まっているとも言われるイスラエルで開発されたRideOnゴーグルは、テック系のプロダクトにありがちなメカっぽい形ではなく、ファッショナブルなところも好印象です。

道に迷わないよう、進むべきルートを教えてくれたりもします。漫画『宇宙兄弟』に出てくる月面のナビのようなこの機能は、安全面から見ても先進的です。

スマホと連携して、一緒に遊ぶ友人の情報を見ることができたり、あらかじめ入力してあった簡単なメッセージをやりとりすることもできます。「私についてきて」「どっちに行こうか?」「ロッジで落ち合いましょう」など。

映像撮影はもちろん、さらに自分の見ている映像をインターネットを通じて遠くの友人にライブ配信、なんてことも可能です。

気温、高度、風速、心拍数などの表示といった、多くの多機能ゴーグルが備えている性能も持ち合わせていますし、他にもリフトやレストランの情報も表示できます。

操作が簡単なのも大きな特徴のひとつ。なんと、頭を動かすことで中心にある小さい十字を操作することができます。ボタンを押す必要もありません。

もしあなたの好きなスポーツで
ARが使えるとしたら?

さらにRideOnでは、このウインタースポーツゴーグルをきっかけに、様々なスポーツにAR機能を取り入れていきたいとか。たとえばバイクでは、前を走る速度や燃料残量、ライダーの名前など。スノーボードにあったナビ機能が、とても便利そう!

他にも自転車やボート、パラグライダー、スカイダイビング、サバイバルゲームなどでも速度や、地図や高度といった情報は多くの役に立つと同時に、スポーツをより安全に、より楽しむことができるでしょう。

Google Glassを皮切りに、AR×アイウエアの技術が進んでいますが、とくにスポーツの世界では、気温や高度、滑走スピードの表示やログの記録ができるものも登場しています。しかし「Ride On」は、それらよりも一歩先を見据えた「ソフト」に注力したプロダクトだと言えるかもしれません。

Licensed material used with permission by Ride On Vision
iPhoneだけでなく、InstagramやFacebookも対応して、かなり身近な存在になったAR。改めてではあるんですけど、雑誌との相性は良さそうです。
コントローラー型のタトゥーを読み込むと、『ソニック・ザ・ヘッジホッグ』のプレイ画面が表示されます。赤いボタンを押せばキャラクターがジャンプ!
ゲームやアプリケーションにおいて、拡張現実(AR)の可能性は広がりつつあります。これもまた、AR体験があってこそ生まれた便利ツール。スマホのカメラ機能を利...
VR(仮想現実)やAR(拡張現実)で、誰もがリアルでは体験不可能なことを、10年後は簡単に実感できるようになるかもしれません。例えば、Oculus VR社...
クリエイティブエージェンシーAKQAのプロジェクトのひとつとして、AIが新たなスポーツ「Speedgate」を作り上げました。
先日、スナップチャットが開始したサービスは、AR技術を使ってアートの鑑賞ができるというもの。アプリを起動させたスマホを特定の場所にかざせば、あたかも作品が...
ポケモンGOのローンチに伴ってAR技術がより身近に。また、AppleのARKitが発表され、生活には欠かせないものになるでしょう。その技術を利用した、シリ...
「Winetales」というアプリは、エチケットに載せられる情報を拡張することができます。AR技術を駆使して、エチケットをスキャンしたら画像や動画が表示さ...
勝機を見出したIKEAは、医療用3Dプリンター技術を有するデザイン事務所「UNYQ」とeスポーツに特化した教育機関「Area Academy」の協力を得て...
いつでもどこでもスマホがあれば、AR技術でアーティストのライブが見れるアプリの紹介。広告なしでダウンロードしたあとすぐに聞ける。新しいアーティストとファン...
AR(拡張現実)で立体をデザインできる3Dドローイングツールです。
鮮やかな色の光が、木々のあいだを駆け巡る。森の中に大量のLEDを置いて…?と一瞬思ってしまいますが、これはすべて拡張現実(AR)での世界。森の映像にグラフ...
Reach Robotics社が製作したのは、ARを使ったゲーム「MekaMon」。カニのようなロボットを、スマホアプリから操作して、対戦を楽しむことがで...
イギリス・ロンドンに、レゴウェアとスナップチャットがAR技術を使って、洋服を置かない洋服屋さんをオープンさせました。
ARアプリで館内の作品をかざし、出てくる立体パズルを解きながら進んでいくアート展「あなたが動かすアート展 ~おくびょうキュリオと孤独な絵描き~」が「池袋P...
静岡の浜松市が「マリンスポーツの聖地」と言われるのは、海、湖、川の3つがひとつの街に揃っている、日本でも(世界でも?)有数の恵まれた場所だから。そんな浜松...
AppleのARkitに対応した「TweetReality」では、現実世界に合計25枚のツイートを表示することができます。イメージは、SF映画に出てくるよ...
VRゴーグルをつけただけでしょ、なんて個人的に考えていたけど、その予想を超えたテクノロジーが採用されているようす。
米ミシガン州にある、チェリー・キャピタル空港。ここにいる、K-9 Piperという名物犬が「カッコよすぎる!」と話題になっています。彼の任務は、空港内に入...
ニューヨーク生まれの「Amkiri」は、テンポラリータトゥーの一歩先を行くプロダクト。ヘナタトゥーのように体に模様を自分で入れられるだけでなく、匂いも身に...