スキー、スノボの次は「スノーフィート」だ!

海外で話題の次世代ウィンタースポーツ「スノーフィート」がついに日本上陸!

厳密にいうと、「スノーフィート」はスキー、スノーボードと同じく、スノーギアの名称。ウィンターシューズやスノーボードブーツの上から装着し、ストラップを締めるだけで、雪上をスケートのように滑ることができるようになる。

「スノーフィート」
©machi-ya by CAMPFIRE
「スノーフィート」
©machi-ya by CAMPFIRE

重量は片足わずか678gなので、スキー場への持ち運びもラク。リフトへの乗り降りだってラク。あまりの軽さに、靴のままゲレンデに飛び出すような感覚を味わえるそうだ。

スピードは踵部のブレーキによって調整可能。サイドにある金属製のエッジを蹴り込むだけで停止する仕組みになっている。スキーと比べても機動性が圧倒的に良いため、初心者でもコントロールが容易らしい。慣れてくると、回転やジャンプ、華麗なトリックだって決められる!

ところで、「日本のスキー場での使用は可能なの?」という疑問があるが、プロジェクトの実行者は、このようにコメント。

「日本国内にも使用可能なゲレンデはあります。ただし、ご使用の際はスキー場に事前確認されると良いでしょう」

現在、「machi-ya by CAMPFIRE」にてクラウドファンディングを実施中。支援は2万100円(配送料込)からで、終了は9月29日(日)だ。

「スノーフィート」
©machi-ya by CAMPFIRE
Top image: © machi-ya by CAMPFIRE
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

「ディオール」からメゾン初となるプレタポルテ、スキーやスノーボード、アクセサリーが揃う「スキー カプセルコレクション」が発売。
2021年欧州グリーン首都に認定されているフィンランドのラハティ市が、世界初の「スキーシェアリング」事業を開始。交通手段としてスキー板を無料で貸し出す。
アウトドアブランド「パタゴニア」は、3月6日(金)より、上越・東北エリアの6スキー場を訪問し、スキーウェアやアイテムを無料で修理する「Worn Wear ...
長野「八方尾根スキー場」に、CO2排出量ゼロ、100%再生可能エネルギー稼働するスキーリフトが誕生した。
この記事では、恋人との相性やあなたの性格診断、隠れた才能の発見まで簡単にできて当たると話題の心理テストを幅広くご紹介します。人間関係の悩み解決や気になるあ...
ノルウェー発の「Sled Dogs」は、スキーブーツのソール部分に、スキー板がつけられた製品です。カンタンに説明をすると、アイススケートのように滑れるのだとか。
2020年〜2021年シーズンより「フッ素スキーワックス」を使用禁止すること発表した「国際スキー連盟」。それがW杯開幕直前だっただけに、現場は大混乱。

人気の記事

2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
毎度、趣向を凝らしたオリジナルの機内安全ビデオで楽しませてくれるニュージーランド航空。さすがに今年、新作を望むのは厳しいか……と思いきや、しっかりリリース...
外出困難者が“分身ロボット”で働く「分身ロボットカフェDAWN ver.β」が2021年6月、日本橋エリアでオープンする。
国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...