「厚底シューズ」だけじゃない!スキー競技も「ワックス」をめぐり大混乱

「厚底シューズ」をめぐって混乱が続いた陸上長距離界と同じように、ウィンタースポーツにおいても、選手のパフォーマンスを左右する製品の使用禁止騒動が起きている。

昨年11月23日に、2020年〜2021年シーズンより「フッ素スキーワックス」を使用禁止することを「国際スキー連盟」が発表。W杯開幕直前に飛び込んできたニュースに、選手も現場も大混乱したことは想像に難くない。

「フッ素ワックス」使用禁止の背景にはあるのは、フッ素化合物の一部に地球環境と人体の健康悪影響を及ぼす可能性があるという懸念。

ノルウェーでは、ジュニアを対象とした国内レースにおいて、先シーズンより試験的に使用規制をかけてきたが、結果的に不正が顕在化するといった課題も。また、ファンからすれば「滑らない(スピードの出ない)スキーに魅力なし」といった意見もある。

すでに各メーカーでは「フッ素フリーワックス」商品の開発、販売を始めたものの、選手側からすればテスト期間が満足に取れていない状態だとか。

混乱の続く今シーズン。北京オリンピックまであと2年。真冬のスピードレースにも注目が必要だ。

Top image: © iStock.com/Likoper
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

海外で話題の次世代ウィンタースポーツ「スノーフィート」がついに日本上陸!
2021年欧州グリーン首都に認定されているフィンランドのラハティ市が、世界初の「スキーシェアリング」事業を開始。交通手段としてスキー板を無料で貸し出す。
長野「八方尾根スキー場」に、CO2排出量ゼロ、100%再生可能エネルギー稼働するスキーリフトが誕生した。
「ディオール」からメゾン初となるプレタポルテ、スキーやスノーボード、アクセサリーが揃う「スキー カプセルコレクション」が発売。
NASA、ジェット推進研究所、南カリフォルニア大学、ハイデラバード大学らの共同研究チームが、ISSで採取されたサンプルから4種の菌株を分離した結果、そのう...
アウトドアブランド「パタゴニア」は、3月6日(金)より、上越・東北エリアの6スキー場を訪問し、スキーウェアやアイテムを無料で修理する「Worn Wear ...
目前に迫ったオリンピックで、陸上長距離に大きな影響を与えると思われる「厚底シューズ問題」。世界陸連は先月31日に、厚底シューズ規制に関する声明を発表した。
ノルウェー発の「Sled Dogs」は、スキーブーツのソール部分に、スキー板がつけられた製品です。カンタンに説明をすると、アイススケートのように滑れるのだとか。
2月14日のバレンタインデー。カナダのバンフ国立公園にあるスキー場では、リフトにパートナーのいないスキーヤーが男女ペアで乗るスピードデート企画を実施。
「株式会社ユキヤマ」が運営するスキー場情報アプリ「yukiyama」がフルリニューアルを。デジタルマップはもちろん、ゲレンデ状況やコースの確認、GPS機能...
ロサンゼルス・ノースハリウッドにカラフルなプレハブが立ち並ぶエリアが誕生。施設には合計で39戸の建物が用意され、1部屋で2人が生活できるようになっているという。
スキーの発祥の地に関しては、さまざまな説がある。有力なのはノルウェーだろうか。同国は、しばしば冬季五輪の超大国と言われる存在。ルーツがあると言われても、特...
8月31日、ロシアのドミノピザが「私たちのロゴのタトゥーを入れてくれたら、100年の間“年100枚”のピザをプレゼントします」と発表しました。
冗談みたいなホテルが、本当にできるのだそう。採用された大胆なコンセプトは、スキーヤーならずとも必見です。
だいぶ暖かくなってきましたが、GWくらいまでまだまだスキーが楽しめるところも多いので、こんなネタを。「WING JUMP」は、その名の通りスキー中につける...
価値のある上質なライフスタイルを提案する「Goldwin」より、寒暖差の激しくなる秋の街に適した、高機能素材を使ったコート&ジャケットが発売された。
骨折していないのが奇跡!?ノルウェーの雪山、崖のてっぺんからスイスイと好調な滑り出し・・・そしてついにスキーヤーの目線から超降下ジャンプ!!!痛そうな着地...
新型コロナウイルスがまだ脅威としてあるなかで、安心&安全に東京オリンピックが開催されるためのガイドラインなどが掲載された、公式の「プレイブック」が公表された。
世界大会では莫大な賞金が動く「eスポーツ」。その世界中の人から愛されている「魅力」と、オリンピックの競技種目として候補に上がる「理由」の2つを紹介します。
登山靴でもなければクライミングシューズでもない、今話題の「アプローチシューズ」をご紹介。高い機能性とファッション性が、2018年、フェスや街、アウトドアで...

おすすめ記事

埼玉県、名栗エリアの北欧文化を体験できる施設「Nolla naguri(ノーラ名栗)」が、グランピングエリア開業にともない2021年4月29日(木)にグラ...
イタリアのデザインスタジオ「Formafantasma」のウェブサイトがリニューアル。古きインターネットを彷彿とさせる文字だけのデザインに称賛が集まってい...
今月1日、「帝国ホテル東京」がホテル内での「サービスアパートメント」をローンチ。3月15日からの入居開始に先駆け、現在、予約を受付中だ。
浜松市の鉄工所がつくったジュラルミン仕様のペグ。強度はもちろん、らせん形状に秘密あり。
1851年創業、ワイキキ、ダウンタウンのベーカリー「Love's Bakery」が3月末をもって閉店を決めた。
ベネズエラの首都、カラカス。南米有数の大都市である一方、世界でもトップクラスに治安の悪い都市としても悪名を轟かせています。1日に起きる殺人事件の数は、なん...
日本では大したことないと思われるかもしれない改良でも、高さをとるだけで、ブルックリンの人には大きな助けになる。
生徒や教師たちが亡くなった事件に対するトランプ大統領の発言は、彼の想像とは裏腹に、アメリカ社会に大きな波紋を起こし、新たなソーシャルムーブメントを生むこと...
米・ニューヨーク市の「ハドソン・リバー・パーク」と「ジャビッツ・センター」が増設されることが分かった。
地球上で起こる自然災害の42.9%がアジアで起き、この20年で約2,500万人以上がホームレスになっているのだそうです。この情報を知った時、何ができるかー...