AR技術のおかげで、ワインラベルが進化する!

ワインのラベル(エチケット)に記載されているのは、名称や収穫年、品種などなど。これらの情報を元に購入する人が多いですよね。エチケットのイラストも大きく影響しているかもしれません。

「Winetales」というアプリは、エチケットに載せられる情報を拡張することができます。AR技術を駆使して、エチケットをスキャンしたら画像や動画が表示されるように設定できるんです。

消費者とのより密なコミュニケーションをワイン製造者に提供する新しいプラットフォームアプリ、と理解しておけば間違いありません。

すでにARに対応したエチケットはあるものの、ワイン製造者が独自開発をするには負担が大きすぎる。そんな理由が背景にはあります。ちなみに、すでに80のワイナリーが採用していて、その数はどんどん増えていくと言われています。

「Winetales」がどんどん使われるようになれば、ハリー・ポッターの世界でありそうな「動くエチケット」なんてものも体験できるようになるはず。今重要視されているトレーサビリティという意味では、生産者がブドウを摘んでいるところなどを動画で確認できるし。

近い将来、ワインショップに行く楽しみが増えそうです。

Top image: © Third Aurora
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
iPhoneだけでなく、InstagramやFacebookも対応して、かなり身近な存在になったAR。改めてではあるんですけど、雑誌との相性は良さそうです。
ワイン選びにお困りというアナタに少しヒントになるTips。ワインボトルのラベル、フランス語でいう「エチケット」を少し知っておけば、ワンランク上のワイン好き...
コントローラー型のタトゥーを読み込むと、『ソニック・ザ・ヘッジホッグ』のプレイ画面が表示されます。赤いボタンを押せばキャラクターがジャンプ!
AR(拡張現実)で立体をデザインできる3Dドローイングツールです。
今夏持ち歩きたい“香りつき”の除菌ジェル、除菌スプレー、アロマハンドスプレー(ミスト)をピックアップ。SHIRO、ニールズヤード、パーフェクトポーション、...
ヨーロッパやカナダで販売されているお菓子、ワインガム。ガムというよりも、グミみたいな食感で、国によってはかなりメジャーな存在です。
新世界ワインから、日本産のワインを紹介。丹波ワインの「京都青谷産スパークリング城州白梅ワイン」。いわゆる「日本ワイン」とはひと味どころじゃなく違うけど、め...
ワインの印象を左右するグラス選び。きちんと理解してますか? ワイングラスにフォーカスし、ソムリエ吉川大智さんにグラスの種類とその適切な選び方を教えてもらい...
名前から自然派ワインとわかるオーストラリアの「ナチュラル・ワイン・カンパニー シラーズ」。ゴクゴク飲めて味わいも非常にクリーンなので安心してオススメできる...
VR(仮想現実)やAR(拡張現実)で、誰もがリアルでは体験不可能なことを、10年後は簡単に実感できるようになるかもしれません。例えば、Oculus VR社...
世界的デザイナー・山本寛斎のパリコレチーフデザイナーを務めた岩男將史が独立し、1996年に創業した衣装デザイン製作会社「ダダグラム」が作ったメガネに吊るし...
実物大の魚を出現させることができる教育系ARアプリ「AR TOUR 〜OCEAN〜」は、Appleの新機能「ARkit3」に対応し、大型アップデート。臨場...
キャッチフレーズは”にごりワインの”ヒトミワイナリーというほど、濁ったワインにこだわりをもつ造り手による赤ワイン「h3 IKKAKU イッカク 2017 ...
ポケモンGOのローンチに伴ってAR技術がより身近に。また、AppleのARKitが発表され、生活には欠かせないものになるでしょう。その技術を利用した、シリ...
先日、スナップチャットが開始したサービスは、AR技術を使ってアートの鑑賞ができるというもの。アプリを起動させたスマホを特定の場所にかざせば、あたかも作品が...
ゲームやアプリケーションにおいて、拡張現実(AR)の可能性は広がりつつあります。これもまた、AR体験があってこそ生まれた便利ツール。スマホのカメラ機能を利...
韓国の「ケロッグ」がネギ味のシリアルを販売した。
傘のシェアリングサービス「アイカサ」より、「ジップロック」をイメージしたかわいい傘がレンタル可能に。 「BEAMS COUTURE」が手がけたデザインは、...
「え、そんなとこにも?」という国の新緯度帯ワインをご紹介。世界からも注目を浴びるタイの赤ワイン「グランモンテ・ヘリテージ・シラー」。サミットの晩餐会ワイン...
家庭でワインを保管するにはどうすればいいのか? ソムリエ吉川大智さんに伺いました。
飲み残して酸化してしまったワインを利用してつくる「サングリア」のご紹介。
このマラソン大会、毎年ボルドーで行われているもので、ランナーはぶどう畑を通る42.195キロのコースを走ります。20ヵ所以上ある給水地点では、さまざまな醸...
国産ぶどう100%使用して日本で醸造される「日本ワイン」からオススメの1本。大和葡萄酒の「番イ(つがい) 2016」は刺身との相性がいい白ワイン。一緒に飲...
ワイン業界の名門ジャクソン・ファミリー・ワインズが手掛ける赤ワイン「ピノ・ノワール セントラル・コースト 2013 リベレイティッド」。解放感がコンセプト...