AR技術のおかげで、ワインラベルが進化する!

ワインのラベル(エチケット)に記載されているのは、名称や収穫年、品種などなど。これらの情報を元に購入する人が多いですよね。エチケットのイラストも大きく影響しているかもしれません。

「Winetales」というアプリは、エチケットに載せられる情報を拡張することができます。AR技術を駆使して、エチケットをスキャンしたら画像や動画が表示されるように設定できるんです。

消費者とのより密なコミュニケーションをワイン製造者に提供する新しいプラットフォームアプリ、と理解しておけば間違いありません。

すでにARに対応したエチケットはあるものの、ワイン製造者が独自開発をするには負担が大きすぎる。そんな理由が背景にはあります。ちなみに、すでに80のワイナリーが採用していて、その数はどんどん増えていくと言われています。

「Winetales」がどんどん使われるようになれば、ハリー・ポッターの世界でありそうな「動くエチケット」なんてものも体験できるようになるはず。今重要視されているトレーサビリティという意味では、生産者がブドウを摘んでいるところなどを動画で確認できるし。

近い将来、ワインショップに行く楽しみが増えそうです。

Top image: © Third Aurora
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

iPhoneだけでなく、InstagramやFacebookも対応して、かなり身近な存在になったAR。改めてではあるんですけど、雑誌との相性は良さそうです。
ワイン選びにお困りというアナタに少しヒントになるTips。ワインボトルのラベル、フランス語でいう「エチケット」を少し知っておけば、ワンランク上のワイン好き...
ヨーロッパやカナダで販売されているお菓子、ワインガム。ガムというよりも、グミみたいな食感で、国によってはかなりメジャーな存在です。
AR(拡張現実)で立体をデザインできる3Dドローイングツールです。
先月、ニューヨーク市の動物福祉局は、食肉の消費量削減目標を達成するため、肉の消費を控えるよう市民に訴えかける電子メールを送付した。
コントローラー型のタトゥーを読み込むと、『ソニック・ザ・ヘッジホッグ』のプレイ画面が表示されます。赤いボタンを押せばキャラクターがジャンプ!
新世界ワインから、日本産のワインを紹介。丹波ワインの「京都青谷産スパークリング城州白梅ワイン」。いわゆる「日本ワイン」とはひと味どころじゃなく違うけど、め...

人気の記事

「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
プログラミングを、PC画面とにらめっこせずに学べるツールが開発されています。「Project Bloks」では、子どもたちが遊びながらにして、自然と基礎を...
埼玉県、名栗エリアの北欧文化を体験できる施設「Nolla naguri(ノーラ名栗)」が、グランピングエリア開業にともない2021年4月29日(木)にグラ...
「ほぼ日」から、気持ちを晴れやかにしてくれる“肌とメイクと道具”のビューティーブランド「Shin;Kuu(シンクー)」が登場。デビューコレクションの、...
渋谷PARCOに先週7日(日)から「スウォッチ」の新作「ミッキーマウス x キース・へリング コレクション」をフィーチャーポップアップストアが登場。今月2...
東京・西大井の人気店「超蜜やきいもpukupuku」の焼きいもを、ボタンひとつで作れる究極の焼き芋トースター。