商品化が待ち遠しい!「AR×iPad×積み木」がマジで楽しそう・・・

崩れるたびに、またイチから土台を作り、バランスよく積み上げていく──。

「積み木」とは、そうやって集中力や空間認識力を養うものだと思っていました。でもこの動画を見ると、自分の中にあったそんな概念すらも、ガタガタと音をたてて崩れたのです。

こんな積み木、見たことない。

729830727401c8ec2bde064727dd7979c8ee1e4e

磁石を利用したブロックである以上、そこには本来の「うまくバランスをとる」なんて要素はほとんどナシ。じゃあ一体、どう遊ぶ?

23e2b4c9be9330efa086a18fb4df177902061258

ポイントとなるのは、色のついた小さな「丸」と、

A9ac001b352f48a271813db11f99225d834044ce

iPad。

78a4a3d8adcf202e1730ffd1e413035b12e4b70e8c3f614c8d3ae4d5c6383714de8bf258c4551e8a

立てて設置し、インカメラを使用します。

57baf38f629d727358a9fd7bfecd046df1e61670

先ほどの丸を台に置くと、

Bb2663a47fe62250c1d14f76bde0306c944e5f57

iPadに映し出された映像では、穴から「こびと」が出現。よっこらしょっと。

76273f3cdd9d57628983a6624e17562d1b2ab14c246d879df28d4f0caf3288f8cf351a232961caefCcfd69505b8b34884b09eee689339e53472e3ade

積み木の上で踊るこびと。どこに何を置くかで、アニメーションが変化するのだそう。

C25dbcdbc50f25dcab43813896fc22b93e7ff045

このスマートすぎる積み木「KOSKI」は、プラハのアカデミーでアートや建築、デザインを学んだ二人の男性から成るStudio deFORMが開発したもの。現在はあくまでも試作段階で、商品化まではまだ時間がかかるとのこと。

正直、本来養われるはずのものは期待できないかもしれません。が、それを補って余りある「楽しみ」を提供してくれるのは間違いなさそうです。

Licensed material used with permission by deFORM
Reach Robotics社が製作したのは、ARを使ったゲーム「MekaMon」。カニのようなロボットを、スマホアプリから操作して、対戦を楽しむことがで...
ゲームやアプリケーションにおいて、拡張現実(AR)の可能性は広がりつつあります。これもまた、AR体験があってこそ生まれた便利ツール。スマホのカメラ機能を利...
「ValoJump」は、トランポリンの要素とARを融合させたゲーム。遊び方は簡単で、ジャンプをするだけのようです。
VR(仮想現実)やAR(拡張現実)で、誰もがリアルでは体験不可能なことを、10年後は簡単に実感できるようになるかもしれません。例えば、Oculus VR社...
くら寿司のアメリカ展開店舗「KURA REVOLVING SUSHI BAR」。日本では食べられないローカルメニューベスト3を紹介します。
アドレナリン全開だったんでしょうね。
ダン、ダン、ダン。まるで、積み木を重ねたようなシンプルな構造。じつは、これは立派な家。いや、見た目以上に機能的な家なのだ。3つのリビングユニットは、それぞ...
「リングを通れば、+100スコア!」。ちなみに、新しいゲームのPRではありません。これ、なんと現実のゲレンデなんです。「Ride On」はAR(拡張現実)...
いつでもどこでもスマホがあれば、AR技術でアーティストのライブが見れるアプリの紹介。広告なしでダウンロードしたあとすぐに聞ける。新しいアーティストとファン...
先日、スナップチャットが開始したサービスは、AR技術を使ってアートの鑑賞ができるというもの。アプリを起動させたスマホを特定の場所にかざせば、あたかも作品が...
旅行雑誌のカバーには決して載らないけれど、マストチェックなロンドンスポット!
鮮やかな色の光が、木々のあいだを駆け巡る。森の中に大量のLEDを置いて…?と一瞬思ってしまいますが、これはすべて拡張現実(AR)での世界。森の映像にグラフ...
AppleのARkitに対応した「TweetReality」では、現実世界に合計25枚のツイートを表示することができます。イメージは、SF映画に出てくるよ...
テクノロジーの急速な革新によって、新たな可能性を切り拓いているAR(拡張現実)。「MAD Gaze」もまた、同じ技術を利用して生まれたスマートグラスです。
AR(拡張現実)で立体をデザインできる3Dドローイングツールです。
チューインガムの原材料を見直したら、必要なのは6つだけだった。
ポケモンGOのローンチに伴ってAR技術がより身近に。また、AppleのARKitが発表され、生活には欠かせないものになるでしょう。その技術を利用した、シリ...
ブロックチェーンのキーワードは分散化だ。じゃあ何がどう便利になるの? とくにイメージしやすい具体例は、電力だ。
自宅にいながら世界のどこかを旅したり、物語の主人公になってゲームの中に登場する。現実ではない別の環境を人工的につくり出すその「没入感」において、ヴァーチャ...
日本でブロックチェーンと言えば、仮想通貨を支える技術というイメージ。けれども、ガーナでは社会問題を解決するテクノロジーとして期待が高まっているようなんです。