僕たちの知らない「月」を教えてくれるオブジェ

クラウドファンディングサイト「Indiegogo」から、2018年のイノベーティブプロダクト賞を勝ち取った月球儀「LUNAR」。約2300万円の資金調達にも成功している。

NASAの探査機が集めたデータをもとに、大きさはさることながらクレーターや溶岩流の様子にいたるまでが精密に再現されている。

だが、この正確性だけが評価されたわけではなく、ARを利用したポイントも人気を得るきっかけとなった。

「月の裏側」についても
アプリで勉強できる

「LUNAR」の専用アプリは、よりインタラクティブに月について学べるようになっている。例えば、このオブジェにスマホをかざせば、アポロ計画の概要やアポロ11号が降り立った場所を知れる。

地球からは決して肉眼で見れない月の裏側についても、同じようにアプリが教えてくれるそうだ。

デスクに置いておくだけで様になるのも惹かれるかもしれない。一番小さなモデルは約4,000円(39ドル)で購入可能。

簡単に行ける場所ではないからこそ、手に取りながらARで情報を集められるという点がウケたのだろう。

Licensed material used with permission by AstroReality
2019年、月からのHDライブ中継が見れるかもしれません。Vodafone GermanyとNokiaは宇宙開発企業PTScientists社とコラボし超...
アーティストBen Snellさんのサポートによって、AIがオブジェを考案しました。
iPhoneだけでなく、InstagramやFacebookも対応して、かなり身近な存在になったAR。改めてではあるんですけど、雑誌との相性は良さそうです。
コントローラー型のタトゥーを読み込むと、『ソニック・ザ・ヘッジホッグ』のプレイ画面が表示されます。赤いボタンを押せばキャラクターがジャンプ!
ARアプリで館内の作品をかざし、出てくる立体パズルを解きながら進んでいくアート展「あなたが動かすアート展 ~おくびょうキュリオと孤独な絵描き~」が「池袋P...
テクノロジーの急速な革新によって、新たな可能性を切り拓いているAR(拡張現実)。「MAD Gaze」もまた、同じ技術を利用して生まれたスマートグラスです。
中国は2020年までに“人工月”を打ち上げる計画をしているそう。
VR(仮想現実)やAR(拡張現実)で、誰もがリアルでは体験不可能なことを、10年後は簡単に実感できるようになるかもしれません。例えば、Oculus VR社...
会社員を経て、フリーランス、起業という道を経たライターが伝授する、5月病にならない方法。
いつでもどこでもスマホがあれば、AR技術でアーティストのライブが見れるアプリの紹介。広告なしでダウンロードしたあとすぐに聞ける。新しいアーティストとファン...
Reach Robotics社が製作したのは、ARを使ったゲーム「MekaMon」。カニのようなロボットを、スマホアプリから操作して、対戦を楽しむことがで...
必要最低限の機能しかないスマホがクラウドファンディング中です。電話、メッセージ、ナビゲーション、アラーム。これ以上ないくらいシンプルな佇まいで週末に使える...
ポケモンGOのローンチに伴ってAR技術がより身近に。また、AppleのARKitが発表され、生活には欠かせないものになるでしょう。その技術を利用した、シリ...
この「MOON+SUN」は、NASAの月探査機「Orbiter」のデータを元に1/2千万スケールで製造された月球儀。このこだわり、人によってはものすごくグ...
ゲームやアプリケーションにおいて、拡張現実(AR)の可能性は広がりつつあります。これもまた、AR体験があってこそ生まれた便利ツール。スマホのカメラ機能を利...
サンフランシスコの企業「Elysium Space(イリジウムスペース)」がこのサービスを運営していて、12月4日には遺灰の入ったカプセルを載せた小型惑星...
古代から見上げる人々の心を癒やし、宇宙への夢と憧れを象徴する存在であった月。イギリスのアーティストLuke Jerramさんは、NASAが撮影した画像を元...
全世界のウンカー(うんこを出す人々)に、うんこを通じた新しい体験を提供する「うんこミュージアムYOKOHAMA」。8月1日からは、絵が動くARアプリ「pi...
iPhone 7のカメラで、綺麗でインパクト大な月の写真が撮影できる裏技を紹介。
我慢強く目標に向かって努力ができる【蠍座】のアナタに読んで欲しい、星占い。元銀座ホステスにして、開運アドバイザー&占い師の藤島佑雪が7月をどう暮らしていく...