僕たちの知らない「月」を教えてくれるオブジェ

クラウドファンディングサイト「Indiegogo」から、2018年のイノベーティブプロダクト賞を勝ち取った月球儀「LUNAR」。約2300万円の資金調達にも成功している。

NASAの探査機が集めたデータをもとに、大きさはさることながらクレーターや溶岩流の様子にいたるまでが精密に再現されている。

だが、この正確性だけが評価されたわけではなく、ARを利用したポイントも人気を得るきっかけとなった。

「月の裏側」についても
アプリで勉強できる

「LUNAR」の専用アプリは、よりインタラクティブに月について学べるようになっている。例えば、このオブジェにスマホをかざせば、アポロ計画の概要やアポロ11号が降り立った場所を知れる。

地球からは決して肉眼で見れない月の裏側についても、同じようにアプリが教えてくれるそうだ。

デスクに置いておくだけで様になるのも惹かれるかもしれない。一番小さなモデルは約4,000円(39ドル)で購入可能。

簡単に行ける場所ではないからこそ、手に取りながらARで情報を集められるという点がウケたのだろう。

Licensed material used with permission by AstroReality
アーティストBen Snellさんのサポートによって、AIがオブジェを考案しました。
2019年、月からのHDライブ中継が見れるかもしれません。Vodafone GermanyとNokiaは宇宙開発企業PTScientists社とコラボし超...
iPhoneだけでなく、InstagramやFacebookも対応して、かなり身近な存在になったAR。改めてではあるんですけど、雑誌との相性は良さそうです。
コントローラー型のタトゥーを読み込むと、『ソニック・ザ・ヘッジホッグ』のプレイ画面が表示されます。赤いボタンを押せばキャラクターがジャンプ!
作家/ジャーナリストの佐々木俊尚が「昆虫食の聖地」として話題の東京・日本橋にオープンした昆虫食専門レストラン「ANTCICADA(アントシカダ)」で「最先...
来年2月20日〜24日、「アートやデザインを通じて、学校では教えてくれない未来のことを考える新しい場」をコンセプトに掲げるアート×テクノロジーのイベント「...
11月はノーベンバーではなくて、ヒゲを伸ばす月「モーベンバー」としても知られているんです。
中国は2020年までに“人工月”を打ち上げる計画をしているそう。
「Apollo's Moon Shot AR」は、人類の月面着陸から50年の節目を祝うアプリ。ARが搭載されたこのアプリを起動し、スマホやタブレットをかざ...
テクノロジーの急速な革新によって、新たな可能性を切り拓いているAR(拡張現実)。「MAD Gaze」もまた、同じ技術を利用して生まれたスマートグラスです。
「おやつ」をテーマにしたイベント「ほぼ日のおやつ展。」が、渋谷PARCO8Fのギャラリースペース「ほぼ日曜日」で、1月16日〜31日まで開催。出店するのは...
世界中にファンを持つ雑誌『ナショナル・ジオグラフィック』は4月22日のアースデイを記念して、表紙がAR仕様の特別号を刊行した。インスタグラムを通して体験で...
「シチズン時計」は11月28日、ARで腕時計の試着体験ができる新サービス「CITIZEN AR try」を開始。
ARアプリで館内の作品をかざし、出てくる立体パズルを解きながら進んでいくアート展「あなたが動かすアート展 ~おくびょうキュリオと孤独な絵描き~」が「池袋P...
AR(拡張現実)で立体をデザインできる3Dドローイングツールです。
必要最低限の機能しかないスマホがクラウドファンディング中です。電話、メッセージ、ナビゲーション、アラーム。これ以上ないくらいシンプルな佇まいで週末に使える...
ニューヨークの犬用洋服ブランド「between two naps(2回のお昼寝のあいだ)」の新作は「首元を保温してくれて、いつでもお昼寝できるように」との...
2020年12月29日、中国のIT企業に勤めていた23歳の女性が急死しました。毎日のように続いていた長い残業のせいで。この不幸なニュースは一気に同国で話題...
VR(仮想現実)やAR(拡張現実)で、誰もがリアルでは体験不可能なことを、10年後は簡単に実感できるようになるかもしれません。例えば、Oculus VR社...
スポーツテクノロジー企業「FORM」が、AR機能を搭載した水泳用ゴーグル「Form Swim Goggles」を発売。片側にARディスプレイを内蔵したこの...
会社員を経て、フリーランス、起業という道を経たライターが伝授する、5月病にならない方法。
『Tilt Five』はホーログラムを使った新しいタイプのゲーム機で、特殊なARメガネを着用すると専用のゲームボードに“3Dの世界”が浮き上がるという新し...
いつでもどこでもスマホがあれば、AR技術でアーティストのライブが見れるアプリの紹介。広告なしでダウンロードしたあとすぐに聞ける。新しいアーティストとファン...
2018年で7回目の開催となる「Amsterdam Light Festival(アムステルダムライトフェスティバル)」。アムステル川沿いを中心に街のいた...