月がなければ地球は「人が住めない場所」になるって知ってた?

国立天文台によれば、2016年7月4日(月曜日)の20時01分は「新月」。

太陽が重なって月の姿がほとんど隠れることから、ゼロからのスタートとも捉えられています。髪型を変えたり、習いごとを始めたりしても縁起が良い日とも言われていますよね。日本神話に登場する「月詠様(つくよみさま)」を祀った神社を訪ねて、願掛けしてみる、っていうのもアリかも。

ところで、月にまつわる話題って本当に身近。もし存在しなかったら?なんて考えたことはあるでしょうか。月見はもちろん、満月もスーパームーンもナシ。味気ないものですが、それどころか地球環境にもゾッとするような影響をあるのだとか。動画は必見です。

多くの生命が絶滅する

動画で紹介されている理由は、大きく分けて2つ。

問題1
月の引力によって遅くなっていた地球の自転スピードが速くなる。

問題2
自転軸の角度が変わり、四季、昼夜、気温などがバランスを崩す。

01.
引力がなくなる

万有引力の法則により、月と地球の間にも当然引力が発生しています。潮の満ち引きはそのために起こっているもの。多くの人が知っているかもしれません。そして、海面も引っ張られ、地球の自転のスピードは抑えられている状態です。

では、その引力がなくなったらどうなるのか?「HOWSTUFFWORKS」によれば、自転スピードが上がり、1日のサイクルは24時間から6時間ほどに短縮。地表は暴風に晒されます。それまで引っ張られていた海面は分散をはじめ、浅瀬に波が押し寄せるとも。

02.
地球の地軸角度が変わる

地球の地軸の傾きは、さまざまな影響により23度ほど傾いています。そのため、太陽光が当たる角度に変化が生じ、日本には四季が訪れているそう。

しかし、この地軸の傾きが、月がなくなることによって不安定に。たとえば、角度が金星のように0度になると季節がなくなり、天王星のように97度に傾くと、昼と夜の感覚が長くなり、白夜や極夜が延々と続くと言われています。また、月明かりもなくなるため、夜はほんとに真っ暗。

地球環境が絶妙なバランスに上に成り立っていること、月ってとてもありがたいものだということ、その2つに改めて気付かされる動画ですね。

Licensed material used with permission by Spotwright
誰もが一度は見たことがあるだろう「地球の出」と呼ばれる写真。これは、アポロ8号に搭乗していた宇宙飛行士が、ほぼほぼ偶然に撮影したものだった。しかしこれがキ...
夜に空を見上げれば、いつでもすぐそこにある月。とっても身近な存在ですが、本当はどれくらいの大きさか、すぐに答えられますか?身近だけど意外に知らない、月にま...
去る8月13日、2015年をまだ4ヶ月以上も残して、人類は“タイムアップ”の日を迎えてしまった。「アース・オーバー・シュート・デー」地球が1年間に生産可能...
僕たちが今、当たり前のように生きていられるのには、様々な要因が関わっている。地球、水、オゾン層の誕生、さらには人間そのものの肺、脳機能の進化など。でも、そ...
愛知県犬山市(いぬやまし)は、日本最古の城「犬山城」がそびえ立ち、雰囲気のいい城下町が今も元気だ。そこに、かつてはタカラヤという名の家具屋さんだった、5階...
今年4月、パリの11区にオープンした『Atelier des Lumières』は、全く新しい形の美術館。以前は工場だったこの施設の壁には、プロジェクショ...
「Amphibio」は、デザイナー亀井潤氏によって開発された人間用のエラ。地球温暖化により、人類が地上に住めなくなったシーンを想定して作られているとのこと。
「Photobomb(フォトボム)」という言葉を知っていますか?写真を撮ろうとしたとき、急に友だちが割り込んできたり、後ろでこっそり変顔してたりする、ちょ...
2015年7月23日、NASAは地球と非常に近い環境を持った惑星を発見したとの発表を行いました。「Kepler-452b」と名付けられた惑星は、太陽系外で...
焼きたてのパンのおいしさをそのままに、そして地球に優しい素材で出来ています。
アメリカのクリエイティブエージェンシーRedpepperが開発したのは、『ウォーリーをさがせ!』のウォーリーを最速4.45秒で探せるロボット。
1969年、アポロ11号の船長ニール・アームストロングは、人類で初めて月に降り立ちました。そこで発せられた言葉は、今に至るまで語り継がれています。「これは...
このまままっすぐ地面を掘ったら、地球の裏側までたどり着けるんじゃないか?子供時代には、そんな純粋な疑問があったはず。WEBサイト「Antipodes」は緯...
12月4日(月)の満月は、「スーパームーン」。月が地球に近づくタイミングと満月が重なって、通常よりも大きく見える特別な日なのだ。『国立天文台』によると、満...
古代から見上げる人々の心を癒やし、宇宙への夢と憧れを象徴する存在であった月。イギリスのアーティストLuke Jerramさんは、NASAが撮影した画像を元...
NASAが惑星保護官を募集しましたが、その名前から「エイリアンの襲撃から地球を守る仕事」だと勘違いした小学4年生のJackくん。地球を守りたいという想いを...
2019年、月からのHDライブ中継が見れるかもしれません。Vodafone GermanyとNokiaは宇宙開発企業PTScientists社とコラボし超...
独断と偏見でピックアップしました。
1961年、ユーリイ・ガガーリンが人類初の有人宇宙飛行士として、宇宙に飛び立ってから56年の月日が流れた。「地球は青かった…」宇宙からの帰還を果たしたガガ...
世界中の人たちが急にベジタリアンになったら、どのような変化が起こるなどを科学的な考察も含め解説する動画を紹介します。今は、世界中の人口がベジタリアンなった...
10月31日(土)はハロウィン!仮装の準備をしている人も多いかもしれません。が、もうひとつ注目のイベントがあることを知っていましたか?なんとその数時間後、...
NASAのHPによると宇宙飛行士の給料は約1,100万円に対して、惑星保護官の年収は最高約2,000万円。内容を調べてみると、高額の給料にも納得できる理由...
2015年12月16日、豪・ニューサウスウェールズ大学研究チームの天文学者たちが、生命が居住できる可能性をもったハビタブル惑星を新たに発見した、と発表。地...
月のサイズは直径約3,500キロメートルあると言われています。地球の約4分の1ほどですが、これがもし別の惑星だったらと考えるとどんな様子が思い浮かぶでしょ...